【倒産やリストラで転職する人】あきらめないでピンチをチャンスに!

こんにちは!

この記事は、勤務先の企業が倒産してしまった方。

または、勤務先の企業からリストラにあってしまった方に向けて書いています。

このような、やむを得ない理由で転職活動をされているあなたは、もしかしたら今こんなことをお考えではないでしょうか?

「自分の存在価値を否定された気分だ」

「自分なんてダメなやつなんじゃないか」

そんなことはないと言えます!

折角の人生ですから、これを第二の新しい人生スタートのチャンスと考えて見てはいかがですか?

今回は、そんな内容を解説していきたいと思います。

大変な目にあったねー

さっそく解説していきましょう!よろしくお願いします。

まずは、気持ちを切り替えてみてください!

先ほどもご記載しましたが、ある意味新しい人生を始めるチャンスなわけです!失うものは何もありませんからね!

過去をいつまでも引きづっていると前には進めないと思いませんか?

会社をリストラにあった、会社が倒産したというのは確かにマイナスの出来事ではありますが、見方を変えれば新たなチャンスを掴む転機であります。

「未知の経験をして、さらに成長できる機会!」

と気持ちを切り替えていきましょう!!

転職情報を収集して、今の不安な気持ちを解消してみてください!

何もしていないと、漠然とした不安に襲われはしませんか?

思い切って転職サイトや、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

意外と求人が来て

「なんだ、いっぱい選択肢あるじゃん!」

という気持ちになるかもしれませんよ。

それに、何か行動しないと現状は変わらないわけです。まずは転職サイトに登録してみることから始めてみてはいかがですか?

【2018年】絶対騙されない!転職エージェントの正しい使い方を紹介 適当な情報に注意!転職口コミサイト利用時の注意点と正しい使い方

無職の期間を考慮して貯金が足りるかを確認

無職の期間が、転職活動中は続くわけですから、今の貯金を確認してあと何か月生活できるのかを把握しておくことをお勧めします!

一文無しになってしまったら転職活動どころではありませんからね。

もし、貯金があまりにも少ないということであれば、不本意ではありますがアルバイトなどをすることも検討しないといけません。

また転職を考えるときに、転職先に前の会社の待遇と同様のものを求めるのに固執するのはやめておいた方が良いと思います。

選択肢は広く持ってくださいね!転職先で出世して給与アップができる可能性も考えるようにしてみてください。

休養しつつゆっくり転職しようという発想は危険かもしれません

転職はできるだけ早く決めることをお勧めします。

現状、無職なわけですから、無職の期間が長くなれば長くなるほど、転職の面接で不利になります。

具体的には

「無職の期間は何をされていたんですか?」

という質問にだんだん答えづらくなってくると思いませんか?

正直つらい時期だとは思うのですが、頑張って活動をしてみてください。

転職先が決まれば、入社時期を調整することである程度の休み期間は確保できますから、そこで思いっきり休養することを目標にするのが良いのではないかと思います!

以上です!
気持ちを切り替えて頑張ってー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です