【転職面接】1次面接、2次面接、役員面接の違い

こんにちは!

転職で面接に応募すると、大体3回ぐらい面接をする会社が多い印象です。

それぞれ、チェックされている観点が違うのはご存知ですか?

今回は、1次、2次、役員面接の観点の違いを解説していきます。

1次面接は採用担当者や配属部署の社員が実施することが多い

まず、1次面接ですが、表題の通り人事や配属部署の社員が担当するケースが多いようです。

よって、チェックポイントとしてはその部署で求められている職務能力があるか。職務に対する質問に論理的に回答できているか。ビジネスマナーなどが評価されます。

比較的浅い質問が多い傾向にありますので、若い担当者や人事が出てきたら基本的な質問が回答できることを意識しましょう!

2次面接は採用担当者と、配属部署の管理者が実施することが多い

二次面接になると、配属部署の管理者が出てきます。

管理者が出てくると、職務経歴書の中に記載されている業務のうち、部署の仕事に関係がありそうなものをピックアップして、深堀した質問が多く出ます。

ここで回答に矛盾があったりすると「本当にコイツはこの職務経歴書に書いた仕事をやっていたのか」と疑問に思われてしまい、不合格になってしまいます。

深い質問が来ても、落ち着いて回答できるようにしておきましょう。

また、待遇面に関する意識合わせがあるのもこのタイミングです。

勤務地や年収、福利厚生に問題が無いか意識合わせをしましょう。

内定が出たら働いてくれるか、といった意思確認も行われますので意思を固めておきましょう。

採取面接は役員が出てくる。最後の意思確認の場

最終面接では志望先の役員が出てきます。

最終の意思確認であるとともに、あなたがその会社の社風に合った人材であるか、在籍している社員とうまく仕事が出来そうかなどの人物面での評価をされます。

また、なぜ志望先の会社で働きたいのか、どのようにキャリアアップしていきたいのかなど、志望度を確認するような質問が多く出ます。

応募先の会社について、なぜ入社したいのかという明確な動機と、戦力として会社に貢献できるということを強くアピールしましょう。

最後に

以上の面接をこなせば、内定になります。

総評として、なぜ志望先の会社で働きたいのかという志望動機と、その会社でどのように貢献していけるのかという自己PRと、貢献できるための自分のスキルはこれ!というスキルの棚卸をしっかりとしておけば大丈夫です。

頑張ってください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です