【2018年度】専門家に評価されたダイエット効果のある食事まとめ

こんにちは!

テレビや雑誌を見ていると、ダイエットに効果のある食事って色々紹介されていますよね。

朝リンゴを食べるダイエットだったり、プロテインを飲むダイエットだったり、こんにゃくゼリーを食べるダイエットだったり様々です。

飽きないようにいろんな種類の食事ダイエットを試してみるのがいいと思うんですが、健康には気を付けないとだめだと思います。

今回は、専門家に評価された、ダイエットに効果がありかつ健康的にも悪くない、食事方法をまとめて紹介していきたいと思います。

食事ダイエットのレパートリーの参考にして、試してみてくださいね!

ダイエット効果のある食事まとめ

アトキンスダイエット(低炭水化物ダイエット)

まずは、アトキンス食事療法または低炭水化物ダイエットからご紹介します。

こちらの食事ダイエットは、炭水化物があまり含まれないような食生活をすることで、体内のインスリンレベルをコントロールすることに焦点を当てています。

われわれ人間は、炭水化物を大量に食べると、インスリンレベルが急速に上昇します。インスリンレベルが上昇すると身体が蓄積された脂肪をエネルギーとして使用することを低下させてしまいます。

したがって、アトキンスダイエットをする場合は、炭水化物をできるだけ避けるような食生活を行うことになります。

また、炭水化物の代わりに、できるだけ多くのタンパク質を食べるようにします。

セブンイレブンのサラダチキン等をご飯の代わりに食べるなんて方法が有名かもしれませんね。

しかし、低炭水化物ダイエットの食事には一定のリスクがありますので、あまり極端に炭水化物を摂らないというのは避けるのが無難です。

ゾーンダイエット

ゾーンダイエットとは、1食当たり40%の炭水化物、30%の脂肪、30%のタンパク質のバランスで食事を取るダイエットです。

また、インシュリンレベルのコントロールにも重点が置かれています。

このダイエットは、他の方法よりも健康的で、効果的な体重減少と体重管理につながる可能性があります。

ゾーンダイエットでよく使われる食糧として、高品質の炭水化物(オリーブ油、アボカド、ナッツなどの未精製炭水化物や脂肪)があります。

ケトン体ダイエット

ケトン体ダイエットは、「てんかん」の治療として数十年にわたって使用されてきたものが、ダイエットにも効果があるということで始まったダイエット方法です。

このダイエットでは、炭水化物の摂取量を減らし、脂肪摂取を増加させるような食生活をします。

一見ダイエットにならないように聞こえますが、このような食生活をすると身体は炭水化物ではなく燃料として脂肪を燃やすことができ、結果としてダイエット効果が得られます。

よく食べられるものとしてはアボカド、ココナッツ、ブラジルナッツ、オリーブオイル等を取ることが多いようです。

このダイエットでは、脂肪沈着物を燃料に分解し、ケトーシスと呼ばれる過程を経てケトンと呼ばれる物質が生まれます。

しかし、この食事は、1型糖尿病の人でケトアシドーシスのリスクがあり、糖尿病の昏睡と死につながる可能性があります。

大部分の研究は2年以下ですが、糖尿病管理、代謝の健康、体重減少、体組成の変化を含む有望な研究がありますので、注意が必要です。

ベジタリアンダイエット

名前の通り、野菜を食べるダイエットです。

海外では「ベジタリアン」とよばれる方々が、道徳的な理由で菜食主義の食べ物を選んでいます。

日本では本当のベジタリアンとは少し違いまして、「卵」、「乳製品」、「蜂蜜」以外の動物の食べ物を食べないことをベジタリアンダイエットとよんでいます。

ここ数年の研究の結果、ベジタリアンとしての食生活をすることで病気が少なくなり、肉を食べる人よりも長く生きているという研究結果が出ています。

健康的にも問題が無く、よいダイエット方法なのではと思います。

ビーガンダイエット

上記のベジタリアンをもっとストイックに?したものがビーガンです。

ビーガンはもはや哲学の世界だと思います。卵、乳製品、蜂蜜などの動物性食品を一切口にしてはいけません。

海外ではダイエットとしての理由ではなく環境的、倫理的、精神的な理由でもビーガン食を使用することがよくあります。

ビーガン主義者は、現代の集中的な農業の実践は、私たちの環境には適しておらず、長い間持続可能ではないと信じています。

ビーガン主義者は、誰もが植物をベースにした食べ物を食べれば、環境は恩恵を受け、動物はより少ない苦難をもたらし、より多くの食糧を生産し、人々は通常、より良い身体的および精神的健康を享受すると言います。

そんなビーガン主義者にあなたも一時的になってみることで、強力なダイエット効果が得られるというわけです!

サウスビーチダイエット

サウスビーチダイエットとは、心臓病学者のDr. Agatstonと栄養士Marie Almonが発案したダイエットです。

それは、インスリンレベルの制御だけでなく、精製されていない良質な炭水化物を摂取するダイエット方法になります。

Dr. Agathonは、1990年代にサウスビーチの食事療法を設計しました。 彼は、低脂肪治療は長期的な効果があると信じています。

ローフードダイエット

ローフードダイエットとは、完全植物由来の、理想的には未加工の食品および飲料を摂取することでダイエットする方法です。

つまり、あまり調理せずに極力生の素材をそのまま食べるダイエット方法になります。

これは、食物の中に含まれる酵素が、熱を通すと分解されてしまうという特性があることから、極力酵素を壊さずにそのまま食べることで体に多くの酵素を取り入れるという発想になります。

地中海ダイエット

このダイエットは南ヨーロッパであるクレタ、ギリシャ、南イタリアの人々の栄養習慣を取りいれたダイエットです。

大量の植物性食品、デザート、豆、ナッツ、全粒粉、種子、オリーブ油などの新鮮な果物を多く食べます。

あと、チーズとヨーグルトも忘れてはいけません!

食事には、週に最大約4個の卵、少量の赤身肉、中程度の量のワインを含む魚等を取り入れます。

地中海食では、カロリー摂取量の8%を超えない範囲で脂肪を取ることが推奨されています。

地中海食は最も広く研究されている食事であり、信頼できる研究は人々の生活の質を改善し、病気のリスクを軽減するという研究結果が出ています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です