リンゴダイエットの効果とお勧めな5日間の食事プランまとめ

こんにちは!

リンゴダイエットって知ってますか?

名前の通り、リンゴを食べるダイエット方法なのですが、結構効果があります。

リンゴはカロリーが低くて、しかもおなか一杯になります。

料理がめんどくさいときは、洗ってそのまま丸かじりするなんてこともOKです。(笑)

今回はリンゴダイエットについて紹介していきたいと思います。

はじめに

リンゴには、体重減少効果や、がん予防の効果、2型糖尿病を防止する効果、免疫力を高める効果、白内障を予防する効果があります。

とても栄養価が高くカロリーが低い素晴らしい果物です。

したがって、5日間リンゴダイエットを行うことで、体重を減らすだけでなく健康状態を改善することに役立ちます。

リンゴダイエットのやりかた!

今回は、リンゴダイエットを5日間行うにはどんなプランで行えばよいかをご紹介していきます。

概要的には以下の通りです。

1日目は、朝食、昼食、夕食すべてリンゴを食べてください。

2日目は、リンゴを朝食、夕食に、昼食は野菜を食べてください。

3日目から5日目は、果物、野菜ジュースやスムージー、たんぱく質、乳製品、リンゴを食べるようにしてください。

リンゴはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、カロリーは1個当たり100キロカロリー程度です。

さらに、リンゴの繊維には脂肪の吸収を抑える効果があります。

リンゴは、ダイエット食としてはパーフェクトな果物だと言えますね!

リンゴダイエット1日目

まず初日は、以下の通りすべてリンゴ!

ちなみにこれだけリンゴを食べても総カロリーは1200を超えません。すごいですね。

デトックスため一日中たくさんの水を飲むようにしてください。

朝食:リンゴ2個

ランチ:リンゴ1個

夕食:リンゴ3個まで

リンゴダイエット2日目

二日目から、リンゴ以外の食べ物も食べます。

野菜から他の必須栄養素を得る必要があるので、野菜を食べ始めましょう。

特にオリーブ油は、細胞膜の完全性を維持するのに役立つ豊富な脂肪源です。

あと、デトックスため一日中たくさんの水を飲むようにしてください。

朝食:リンゴ、脱脂乳or豆乳

昼食:リンゴ、野菜サラダ

夕食:リンゴ2個まで、オリーブオイル等で味付けしてもOK

リンゴダイエット3日目

3日目からたんぱく質も取るようにしましょう。

よって、卵など良質なたんぱく質が確保できる食べ物を取るようにしてください。

もしベジタリアンの場合は、卵の場合にミルクを飲んでもよいです。

ヨーグルトは消化を助ける効果があります。また、引き続き水をたくさん飲むようにしてください。

朝食:リンゴ、卵、パン

昼飯:リンゴ、キュウリ、トマト、タマネギ、ミント、塩、コショウ、べンガルサラダ

夜飯:低脂肪ヨーグルト、リンゴ、ベーコン

リンゴダイエット4日目

朝食:アップル、ケールスムージー

昼飯:リンゴ、野菜スープ、オレンジ

夕飯:緑茶、リンゴ、レタス、リンゴ、スムージー

4日目はリンゴとケールのスムージーで新しい一日を始めます。

ケールは体重を減らし、長い間あなたを体重を維持するのを助けます。

ランチで野菜スープを取ることで必要なすべての栄養素を補いましょう。

リンゴダイエット5日目

この日は果物、野菜、良い脂肪、良い炭水化物、タンパク質を食べます。

これは、数日間続いてきた低カロリー食から体を回復させるためです。

朝食:リンゴ1個+ゆで卵1個

昼飯:リンゴ、野菜のグリル、野菜クリアスープ

昼食後:アーモンド、桃

ディナー:リンゴ、焼き魚、アスパラガス

リンゴダイエット中に食べてもよいものまとめ

アップルダイエット中に食べられた食べ物

果物や野菜

季節の果物、地元の果物、緑黄色野菜

タンパク質

鶏肉(皮なし)、魚、卵、牛肉、豆腐、キノコ、大豆

乳製品

低脂肪乳、低脂肪ヨーグルト、チーズ(限定量)。

ハーブ、スパイス

コリアンダーの葉、ミントの葉、ローズマリー、タイム、ディル、フェンネル、生姜、ニンニク、タマネギパウダー、コリアンダー、クミン、ターメリック、パプリカ、カレー、コロハ、マスタードシード、バラ

パン類

マルチグレインまたは全粒粉のパン、ビスケット

油脂

オリーブ油、米ぬか油、菜種油、ギー、マスタード油。

飲料

ココナッツミルク、バターミルク、デトックスドリンク、野菜ジュース、スムージー

リンゴダイエット中に食べてはいけないものまとめ

油脂

ラード、バター、ココナッツオイル、マヨネーズ

飲料

砂糖入りジュース、砂糖入りココナッツジュース、炭酸飲料、アルコール

プロテイン

鶏の皮、加工肉、牛肉、豚肉

乳製品

クリームチーズ、全乳、全脂肪ヨーグルト。

リンゴダイエットのメリット

リンゴは満腹感が非常にある食べ物なので、満腹感を感じつつ、体重を減らすことができます。

リンゴを毎日食べることは、脳卒中、心疾患を予防し、コレステロールレベルを低下させるのに役立ちます。

このダイエットポケットはフレンドリーでとてもシンプルです。

この食事は、人工の味、色、甘味料を含むパッケージジュースを飲むのを防ぎます。

この食事は、体の代謝を遅く安定したプロセスで回復させるのに役立ちます。

この食事は、野菜、果物、タンパク質、乳製品、良脂肪、高級炭水化物、微量栄養素、食物繊維を含むバランスの取れた食事です。

リンゴダイエットのデメリット

まず、毎日リンゴを食べると結構飽きます(笑)

運動が嫌いだけど、カロリーが多いものが好きという人は、2日間ですらこのダイエットを継続することが困難です。

最初の2日間は重要です。

特に十分な水を飲むことは気を付けてください。

また、筋肉痛や関節などが弱いと感じたら、食事中はいつでも食べることをやめ、いつでも医師に相談してください。

また、食事を始める前に、医師または栄養士の助言を受けることをお勧めします。

体重減少は、年齢、身長、体重、現在の体重、活動レベル、病歴および遺伝子などの様々な要因に依存します。

したがって、減量プログラムは誰にも適用されません。健康は豊かであることを忘れないでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です