アトキンスダイエット(低炭水化物ダイエット)とは?効果や副作用は?

こんにちは!

今回は、アトキンスダイエット(低炭水化物ダイエット)について、どのようなダイエット方法なのか。

どうすればいいのか。注意すべき点や副作用は何かについてご説明していきたいと思います。

アトキンスダイエットのやりかたまとめ!

低炭水化物ダイエットの目的

低炭水化物ダイエットの目的は、炭水化物を避けてインスリンレベルをコントロールすることによって体重を減らすことです。

このような食生活をすることで、体は多くの脂肪とタンパク質を消費するようになります。

米国の心臓学者である、ロバート・アトキンス博士は、1970年代初めにアトキンスの食事療法を発表しました。

この食事療法は日々進化しており、最近のトレンドとしてはより多くの高繊維な野菜を食べて、より多く運動することでダイエット効果を促すと言われています。

低炭水化物ダイエットとは何か?

低炭水化物ダイエットとは、肉や低炭水化物な野菜を多く食べるダイエットです。

アトキンス博士により発明されました。

アトキンス博士が発明した食事法には、こちらの4つの基本原則があります。

まずは、体重を減らす

継続的に、体重を減らし続ける

かつ、健康な状態を維持する

病気を予防するための体の基盤を構築する

 

アトキンス博士によると、体重増加の主な理由は、精製された炭水化物、特に砂糖、高フルクトースコーンシロップおよび小麦粉を、現代人は多く摂取しすぎているというのが原因であると考えられており、このような食べ物を排除することで一定のダイエット効果が期待できるといわれています。

体炭水化物ダイエットの仕組み

低炭水化物ダイエットをすると、体にどのような影響があるのでしょうか。

低炭水化物な食事を取ると、体の代謝が糖や砂糖を燃やすことから脂肪を燃やすことに代わり、多くの体脂肪が消費されるようになります。この体脂肪が消費されるようになるのをケトーシスといいます。

よって、低炭水化物ダイエットでは高血糖負荷な食品を避ける必要があります。

体内に糖があまりない場合、ケトーシスが起こります。言い換えれば、炭水化物をあまり摂取しないようにすることで、身体はエネルギーの源として自身の貯蔵された脂肪を燃焼する仕組みに切り替わるわけです。

 

例えば菓子パンやお菓子などの精製された炭水化物は、多量の糖を含んでいます。

それらは高血糖食品と呼ばれています。炭水化物はすぐに血流に入り、インスリンレベルが急激に上昇します。

よって、菓子パンやお菓子は食べてはいけないのです。

ケトーシスとは

体内に糖がない場合、ケトーシスが起こります。

ケトーシスが起こっている間は、体はエネルギーとして使用するために脂肪細胞の脂肪の一部を血液に移します。

低炭水化物な食事には魚、肉、野菜が適しています。これらを多く食べることでケトーシスを促進し、体は他の食事よりも多くのカロリーを燃焼させます。

アトキンス博士は、人の飽和脂肪摂取量は、消費する全カロリーの20%に維持すべきであると示唆しています。

低炭水化物ダイエットの4つの段階

アトキンスの食事には4つの段階があります:

はじめに

高脂肪、高タンパクな肉や、低炭水化物な野菜を多く食ることで、炭水化物を一日20g以下に制限します。

つまり、サラダに付いてくるドレッシングやトッピング程度しか炭水化物を食べないようにします。

炭水化物のコントロール

いきなり炭水化物を制限し続けるのは大変なので、炭水化物の追加供給源として、栄養素が豊富で繊維が豊富な食品を食べます。

これらには、ナッツ、低炭水化物野菜、果物などがあります。

低炭水化物ダイエットを始めたばかりのことは、20g以下に制限することをコンスタントに守るのではなく、ナッツなども食べていいです。

最初の週は、20gではなく25グラム追加した45g以下に制限することを目標にしてもよいと思います。

人が体重を減らすのを止めるまで、第2週と各次の週との間に30グラム
人々は体重を減らすことを止めると、毎日炭水化物の摂取量を5グラム減らし、ゆっくり体重を減らし始めます。

炭水化物の微調整

ダイエットは、体重が非常にゆっくりと減り始めるまで、コントロールした炭水化物摂取を継続します。

体重の監視

ダイエットは、慎重に体重を監視しながら、より多くの炭水化物源を追加し始め、体重が増加しないことを確認します。

人の体重が増え始めると、毎日の炭水化物摂取量を減らし、新しい炭水化物を減らす必要があります。

低炭水化物ダイエットで食べてもよいもの

肉、牛肉、豚肉、ベーコン

脂肪魚とシーフード

アボカド

ケール、ブロッコリー、アスパラガスなどの低炭水化物

全脂肪乳製品

ナッツと種子

エキストラバージンオリーブオイル、ココナッツオイル、アボカドオイルなどの健康な脂肪

水、コーヒー、緑茶

避けるべき食べ物ダイエット

ソフトドリンク、ケーキ、キャンディーなどの砂糖

小麦、米

豆類

バナナ、リンゴ、ブドウなどの高炭水化物、ニンジンなどの高炭水化物

低炭水化物ダイエットの効果

メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧、心血管疾患などの健康状態を防ぐのに役立つように設計されています。

低炭水化物ダイエットの悪影響

初期段階では、次のような悪影響が報告されていました。

・頭痛

・めまい

・疲労

・便秘

炭水化物を制限することによって、体はグルコースの代わりに脂肪を消費してエネルギーを得るため、ケトンが蓄積する可能性があります。これは吐き気、頭痛、精神的疲労、口臭の原因となります。

また利尿薬、インスリンまたは経口糖尿病薬を使用する人々は、低炭水化物ダイエットを行うべきではありません。

また、腎臓病の人には適していません。

妊娠中の女性や授乳中の女性は、この食事をしてはいけません。

また、可能であればまずはまず医者に相談してからこちらのダイエットを始めることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です