【2018年】オススメGoProカメラとGoProアクセサリーまとめ

こんにちは!

突然ですがみなさん、GoPro使ってますか!?

GoProはアクションスポーツの動画を撮影するために、防水の25mmカメラとして2004年に初めて販売されました!

今となっては世界で最も売れているスポーツ用のカメラになっています

現在出ている「Hero6」ようなモデルは、小型軽量であり、高度な静止画やビデオ録画機能とともに、最大4Kのビデオ録画が可能です。

GoProカメラはどこからでも撮影することができ、頭やスキーのストックの先、腰など、取り付けたい場所であればほぼどこでも取り付けることができます。

しかし、最高のGoProカメラってどれなんでしょうかね。今となってはいろいろな機種が出てしまって、選ぶのが結構たいへんだったりします。

回答としてはGoProはそれぞれ少しずつ機能が違いますので、あなたの利用シーンに沿ったGoProを選ぶ必要があります。

なので今回は、GoProにどんな種類があるのか、それぞれどんな機能があって、誰に適しているのかなどを説明していきたいと思います。

次に、完璧なGoProを選べたら、GoProを取り付けることができる最高のアクセサリーについてもいくつか紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

最高のGoProカメラを紹介!

ではまず、GoProカメラたちの紹介からしていきたいとおもいます。

GoPro Hero6 Black

Gopro Hero6 Blackはアクションカメラの大様です!

  • 重さ:118g
  • 防水:10m
  • 4K:60fps
  • 1080:240fps
  • 720:240fps
  • 解像度:12mp
  • バッテリ:1~3時間

外見は、GoPro Hero5 Blackとあまり変わっていないように見えるかもしれませんが、スペックがかなり高くなっています。

Hero6 Blackには新しいGP1処理エンジンが内蔵されていて4K画像を60fpsで撮影することができます。

また、Hero6 Blackの音声コントロールにはWake On Voice機能も搭載されています。

写真撮影の場合、ダイナミックレンジとローライト性能がHero5 Blackより優れています。

また、Rawファイルも撮影できます。

さらに、Hero6 Blackはデフォルトで10mまで防水性があります。

あなたが最高のアクションカメラを望むなら、絶対にこれです!

 

GoPro Hero5 Black

こちらは、魅力的なオールラウンドモデルです!

  • 重さ:118g
  • 防水:10m
  • 4K:30fps
  • 1080:120fps
  • 720:240fps
  • 解像度:12mp
  • バッテリ:1~3時間

最初にご紹介したGoPro6との違いは、4kと1080のfpsが若干下がっている点です。

GoPro6が発売されたことで、Gopro5はフラッグシップモデルではなくなってしまいましたが、Hero5 Blackはまだ日常使う分には十分の機能を提供しています。

Hero6 Blackのように4Kで60fpsで撮影することはできないかもしれませんが、ほとんどの人はHero5 Blackの4K 30fps録画品質に満足できるとおもいます。

保護ケースを必要とせずに10mまでの防水性を備えています。

また、2インチのタッチスクリーンを備えており防水以外の他の機能も不足していません。

シンプルで使いやすいQuikStoriesアプリ(すべてのGoProsで利用可能)は自動的にあなたの映像を転送し編集します。

つまり、ほとんどのユーザーにとって十分なアクションカメラであると言えます。

 GoPro Hero

GoProの基本モデルです!

  • 重さ:118g
  • 防水:10m
  • 4K:非対応
  • 1080:60fps
  • 720:非対応
  • 解像度:10mp
  • バッテリ:1~2時間

このモデルでは、4K動画を撮影することができません。しかし1080のフルHD動画が撮影可能です。

高価なモデルと比較すると、どうしても機能で見劣りしてしまいますが、10mまでの防水は健在です。

似たような価格で同じようなアクションカメラが他社から発売されていますが、彼らは洗練されたデザインと使いやすさでGoProに劣ります。

このHeroモデルは、フレームレートや解像度を気にせずにアクションをキャプチャしたい初心者やカジュアルユーザーにとってはとても素晴らしいカメラです。

 GoPro HERO5 Session

キューブデザインが魅力的、小さいサイズ感がいい方にお勧めです。

  • 重さ:74g
  • 防水:10m
  • 4K:30fps
  • 1080:90fps
  • 720:120fps
  • 解像度:10mp
  • バッテリ:1~2時間

Hero5 sessionは現在GoPro公式HPのラインナップには含まれていませんが、まだAmazonで購入可能ですし、広く利用されています。

Hero5 Blackと同じ機能の多くを共有するHero5 Sessionは、30fpsで4Kビデオを撮影することができ、10mまで防水です。

後部ディスプレイはありませんが、先頭には大きなレコードボタンがあります。

録画しているものを見たい場合や、さまざまなモードやオプションを設定する場合は、すべてアプリケーションで処理できます。

GoProのベストアクセサリー

撮影のプロであれ、写真家であり、趣味の世界で楽しむ人であれ、GoProの革新的なアクセサリーを使うことで、新しい可能性を広げることができます。

GoProはアクセサリーに非常にいろいろな種類があり、他のどのカメラよりも多様オプションがあります。

カメラのマウントからライト、マイク、フィルターなど、さまざまなアクセサリーのお勧めを紹介してきたいと思います。

Manfrotto PIXI Xtreme Mini

Manfrotto PIXI Xtremeは、GoProの三脚マウントアダプターを追加したことで、GoPro用に設計された人気のミニ三脚になりました!

三脚の重さはわずか197gです。また21.5cmの折り畳み長さでほぼすべてのバッグやポケットに収まります。

気軽に持っていけるのがポイントです。

三脚の伸びた高さは16.5cmで、カメラの位置決めには360°の回転を提供する単純なボールヘッドを使用しています。

PIXI Xtremeを壁やテーブルに配置することで、記念撮影なんかも簡単にできるのでお勧めです。

Removu S1

GoPro動画の手振れを補正したいと感じたらジンバルが必要です。

手振れ補正のために、Removu S1はすばらしい選択です。

3軸安定化ジンバルは、GoProのHero3、Hero4、Hero5アクションカム、およびセッションカメラ用に設計されています。

超滑らかな映像を提供し、3つの主なコントロールモード(パン、フォロー、ロック)を提供するRemovu S1は防水性も備えています。

取り外し可能なハンドグリップ、取り外し可能なバッテリー、ワイヤレスリモコンが装備されており、ヘルメット、ボディ、自転車マウントのGoProシリーズと完全に互換性があります。

Scanstrut rls- AM Rokk

GoProアクションカメラの魅力の1つは、リモートでマウントできることです。

しっかりと、どこかにGoProカメラを取り付けたいのであれば、Rokk Miniは素晴らしい選択肢です。

その中心には調節可能なマウントがあり、写真のカーナビのように、幅広いものを取り付けることができます。

ちなみに、この商品と追加で、GoProを取り付けるためのアームを別途購入する必要があります。

購入はこちら:Scanstrut 公式HP

GoPole Scenelapse

360度のタイムラプス動画を信じられないほど簡単にキャプチャできます。

GoProカメラで360度のタイムラプス静止画やビデオを撮影する素晴らしい製品です。

この製品は、撮影中にカメラを回転させることができます。

GoPole Scenelapseでは60分で360°回転できます。

単にあなたのGoProを取り付けて、ユニットを巻いて、後はほったらかしでOKです!

GoPole Scenelapseは完全に機械的なので、バッテリーが不要です。

底面に標準的な三脚ねじが付いていますので、小型またはフルサイズの三脚に取り付けることができます。

トップには取り外し可能なGoProマウントと高トルクのつまみネジが付いていますので、GoProまたは小型のDSLRまたはミラーレスカメラを取り付けることができます。

小型で使いやすいユニットは重量わずか85g / 3ozで、すべてのGoProカメラと互換性があります。

 GoPro スマートリモート

GoProを遠隔操作したいならお勧めな製品です。

時計や車のキー、自転車に漬けることができる、ウエアラブルな遠隔操作端末です。

防水性能もあります。

最大180メートル離れた場所からGoProカメラを遠隔することが可能です。

防水性能は水深10mに対応しており、これはGopro本体と同等の防水性能があります。

サーフィンなどに行ったタイミングでも使えそうですね。

 Anker Powercore 20100

GoProを使用して旅行する際の問題の1つは、バッテリ寿命が短いことです。

もちろん余分なバッテリーを購入することもできますが、現場にいて電源コンセントから離れていると充電が難しい場合があります。

また、長時間撮影する場合は、電池を途中で交換することはできません。

GoProは独自のポータブルパワーパックを製造していますが、Anker Powercore 20100は非常に低価格で、はるかに高い容量を提供します。

この製品はスマートフォンを最大7回充電できると記載されております。またUSB-Cを使ってMacBookを充電することもできます。

お使いのデバイスの安全を確保するため、Powercoreにはスマート充電PowerIQと電流安定化VoltageBoostが搭載されており、最高2.4Aまでの安全な充電が可能です。

GoPro プロ3.5mmマイクアダプター

 

GoPro Pro 3.5mmマイクロフォンアダプタを使用すると、Hero5 BlackまたはHero5 Sessionカメラに3.5mmジャックのプロフェッショナルマイクを接続できます。

これにより、カメラの内蔵マイクに比べて音質を大幅に向上させることができます。

あなたはラペル、コンデンサー、またはショットガンマイクなどを使いたいかどうかにかかわらず、これは必須のアクセサリーです。

アダプターはGoPros経由で接続し、USB-Cによって電源供給され、ステレオサウンドを記録することができます。

また、106dBステレオ・アナログ/デジタル・コンバータも搭載しています。

GoPro Pro 3.5mmマイクアダプターを使用すると、GoProのサイドが開いてカメラは防水性にならなくなるのは注意点ですね。

GoProチェストマウントハーネス

スキー、マウンテンバイク、ホワイトウォーターラフティング、その他のアクティビティにかかわらず、GoProのチェストマウントは、アクションをキャプチャする素晴らしいキットです。

あなたの体全体を動かしてフレームを変更する必要がありますがスポーツをするときの動画撮影としては必須アイテムではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です