【2018年】今一番オススメな天体望遠鏡ベスト7まとめ!【天体観測初心者向け】

もしあなたが天を見上げて、そこに何があるのか​​疑問に思ったとします。

きっと同じように空を見上げているのは、あなたは一人ではないでしょう。

毎日何千人ものアマチュア天文学者達が、望遠鏡をつかんで空を向いています。

宇宙は非常に大きな場所であり、決して綺麗なものが足りないと思うことはありません。

宇宙スケールでいえば、ほんの一部の範囲だけであるにもかかわらず、天の川銀河には1000億以上の星が含まれており、望遠鏡の助けを借りて空を見上げ、細部を明らかにしていくと、これらの1000億の星を肉眼で見ることができるのです。

最高の望遠鏡を購入することで、太陽系のほぼすべての惑星をはっきりと見ることができます。

ただ、唯一の問題は、あなたのニーズに合った最高の望遠鏡を見つけるのがまず困難であるということです。

今回は、そんな星が大好きなロマンチックなあなたに向けて、今購入すべきベストな望遠鏡をまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベストバイ!天体望遠鏡まとめ!

Celestron 21023 Cometron FirstScope

elestron 21023 Cometron FirstScopeは、初心者がまず手に取る望遠鏡としては人気のあるモデルです。

広い視界を持ち、銀河、星団、彗星を観察するのに一般的に使用されています。

この望遠鏡は、軽量で持ち運びがしやすいデザインでとても使いやすいので、初心者のために一番お勧めできる望遠鏡です。

Celestron 21023は他のオプションツールなしで設置でき、2つのKellner接眼レンズが付属しています。

この望遠鏡のもう一つのセールスポイントは、付属のファインダースコープです。

これは初心者のためにはとても素晴らしいアクセサリーです。

この望遠鏡は76mmの開口部を備えて設計されており、ドブソニアン式の装飾が施されています。

Celestron 21023は、元のFirstScopeのアップグレードバージョンで、重量はわずか1.8kg。

ほとんどどこでも輸送して使用できます。

唯一の欠点は、あまり丈夫なつくりではないということです。誤って破損しないように注意だけはしないといけませんね。

FirstScopeについて

1609年、世界的に有名なイタリアの科学者Galileo Galileiが、基本的な望遠鏡を発明して夜空に隠された天体の驚異を発見しました。

彼の天文学への貢献は、その後の世界観を決定たことは言うまでもありません。

今日、Galileoに敬意を表し、CelestronはポータブルFirstScope望遠鏡を提供しています。

FirstScopeはガリレオと多くの歴史的に最も有名な天文学者や科学者に、光学チューブの周りに名前を表示することで敬意を表します。

FirstScopeは、これらの男女の貢献を称え、新世代の探検家を応援します。

 

SVBONY 天体望遠鏡 70mm

SVBONY 70mm屈折望遠鏡は、初心者が初めて購入する望遠鏡としてはもう一つのベストな選択肢です。

70mmの開口は良好な視界を提供し、300mmの焦点距離で宇宙を観察することができます。

この天体望遠鏡は、月や星や惑星を観察するのに最適で、さらに倍率を上げるためにいくつかの接眼レンズが付属しています。

最高のBarlowレンズは150倍の倍率を提供し、接眼レンズは快適に観察するために設計されています。

この屈折器望遠鏡はエントリーレベルの天文学者に適しており、3つの接眼レンズが付属しています。

また、アルミニウム三脚、光学チューブ、および組み立て説明書が含まれています。

これは観察をすぐに始めるために必要なものすべてです。

三脚がセットされたら、レンズチューブを取り付けて空を向いて照準を合わせることができます。

屈折望遠鏡であるため、地球上の物体を観察するためにも使用できます。

 

Celestron NexStar 127 SLT

初心者の方が初めて望遠鏡を購入するときに、最も奮発して購入する望遠鏡がこちらのNexStarかもしれません。

価格がある程度高いだけに、この望遠鏡はアマチュア天体観測者のための完璧な望遠鏡の一つです。

127 SLTはコンピュータを搭載しており、見たい天体をすぐに発見することができます。

多くのアマチュア天文学者の方はコンピュータの搭載されていない望遠鏡を持っているため、自分が見たい星がどこにあるのか探すのに時間を費やしてしまい、その結果天体観測に飽きてしまうことがままあります。

コンピュータ搭載の望遠鏡を使うことで、その不満を完全に排除し、初心者でもすぐに見たい星を見つけることができます。

NexStar 127は、品質と価格のバランスが完璧です。

Celestron望遠鏡は間違いない選択肢だと言えます。

ちなみに、NexStarのこの製品は中低域望遠鏡です。

もっと遠くを見たい!という勤勉な方は、この望遠鏡ではなくNexStar 127 SLT MAKを購入しましょう。(そして将来は天文学者になりましょう!)

 

Orion SkyQuest XT8

この望遠鏡は、今回ご紹介する望遠鏡の中で最も高価なものです。

最高の品質を追求したい方にお勧めします。

この望遠鏡で見ることができる映像の品質は、プロの天文学者が要求するレベルと同程度です。

多くの天文学者は、最初は低予算の望遠鏡を購入していますが、天体観測にハマってしまったり、こだわりを持ってきたり、観測スキルが上がるにつれて、より良いものがほしいと感じることが1年以内にあることが多いようです。

この望遠鏡を購入すると、そのような心配をすることは全くなくなると言えます。

XT8は、すべてのスキルレベルで明快さの欲求を満たします。

追加のアタッチメントを購入して、この望遠鏡にカメラを取り付けてビデオや写真撮影することもできます。

当然、コンピュータ対応しており、専用の天文ソフトウェアもパッケージに含まれています。

これはフィールドへの新規参入者にとっては素晴らしいことですが、それらのためにはもう少し経験が必要ではありません。

この望遠鏡はかなり重たいので、もしアウトドアで観測がしたい等という場合は、輸送が少し大変かもしれません。

しかし、望遠鏡は画質を追求すると重くなってしまうのは仕方が無いことです。

数年以内に確実に取り替えられないようなスコープが必要な場合は、XT8をお勧めします。

 

Celestron 127EQ PowerSeeker

Celestron 127EQ PowerSeekerは127mmの開口部を備えています。

この製品には3倍のBarlowレンズが付属し、焦点距離は1,000mmです。

パッケージとして、アルミニウムの三脚と付属品トレイが付属しています。

Celestron 127EQ PowerSeekerは、太陽系の驚異をその目で観察することができます。

それは将来天文学者を志望する方にとってはとても重要なことです。

シンプルなデザインはあらゆる年齢層に対応しており、力、機能、価値の強力な組み合わせを提供します。

家族全員で楽しむことができ、Celestron 127EQは退屈な夜を忘れられない経験に変えることができます。

この製品には天文ソフトウェアが付属しており、光学レンズは高透過コーティングで覆われています。

他のCelestron望遠鏡と同様、PowerSeekerはさまざまなアクセサリと互換性があり、パッケージには必要なものがすべて含まれています。

 

Celestron 70mm Travel Scope

この望遠鏡は、旅行先で天体観測がしたいという方にお勧めできます。

今回紹介した製品の中で最も持ち運びがしやすい望遠鏡になります。

多くの天体観測をする方は、街中よりも田舎に行ったり、空がよく見える場所、または周りに都市の明かりが無い場所に行って観察をするのが好きだと思います。

そのような方々にとっては、持ち運びがしやすいこちらの望遠鏡はベストな選択肢です。

三脚とキャリングバッグの両方が付属しているため、新しい場所に移動したり、三脚マウントを設置したりして、星を数分で見つめることができます。

天文学に興味を持つ若い子供がいる両親にとっては、子供に望遠鏡を買ってあげたい、でもあまり高いものは買えないし、この関心がいつまで続くわからない!という心配があるかと思います。

そのような方もこのセレストロンで満足できると思います。

持ち運びできることを意図した望遠鏡ですが、必然的にガラスレンズを備えた繊細な器具であり、持ち運ぶときは最新の注意を払うのを忘れないでくださいね!

 

Orion 10015 StarBlast 4.5 Astro Reflector

これは初級~中級レベルの天文学者のためにお勧めできる望遠鏡、反射鏡タイプです。

この望遠鏡には、4.5インチの大きさの開口部、2つのExplorer望遠鏡アイピースが付属しています。

マウントは、裏庭やデッキでの使用に最適です。

月や星座のクレーターは、肉眼や双眼鏡よりも詳細に何度も見ることができます。

あなたは天体をはっきりと見ることができるはずですが、大規模な天体撮影は、もう少し強力なものでより良い仕事をするでしょう。

要約すると、これは家族にとって素晴らしい家庭用望遠鏡です。

 

天体望遠鏡に関する知識

高品質の望遠鏡を買うときは、3つの主要なスタイルを見つけて、あなたのニーズに合った望遠鏡を見つけるためには、その違いを理解する必要があります。

屈折計望遠鏡

屈折機構を使用した最初のタイプの望遠鏡で、ほとんどの人がよく知っている形をしています。

この製品の前面には大きなレンズがあり、レンズが光を集めると、レンズは望遠鏡の背面にあるミラーに入射します。

memo

good!!:地球上の物体に最適

good!!:非常にシンプルなデザインで使いやすい

good!!:メンテナンスはほとんど不要

good!!:丈夫なデザイン

good!!:密閉式チューブは光学式安全

Bad!!:かすかな物体には最適な選択肢ではありません

Bad!!:リフレクター望遠鏡よりも価値が低い

Bad!!:他のスタイルよりも重くて重い傾向があります

反射鏡望遠鏡

反射鏡望遠鏡は管の端に鏡を内蔵しています。

鏡の目的は、光を集めて、接眼レンズに当たる前に別のミラーに送ることです。

微妙な物体を見るために反射望遠鏡を推奨し、屈折計望遠鏡よりも高品質の画像を提供します。

memo

good!!:コンパクトで軽量なデザイン

good!!:暗い物体を見るのに適しています

good!!:屈折型望遠鏡よりも高価です

good!!:見ることができる高品質の画像を生成します

Bad!!:光学チューブが開いており、ほこりに弱い

Bad!!:地球の物体に適していない

Bad!!:定期的なメンテナンスが必要

複合望遠鏡

3番目の主要なスタイルは複合望遠鏡です。

他のスタイルと違って、この望遠鏡には2つのミラーがあり、それらは前後に配置されています。

2つのミラーは、レンズと一緒に動作し、高品質の画像を生成します。

memo

good!!:光学チューブはゴミの蓄積を防ぐために密封されています

good!!:天体写真に最適です

good!!:地球の物体に適しています

good!!:かすかな物体

Bad!!:大きくて大きくなる傾向がある

Bad!!:他の選択肢よりも高価である

Bad!!:追加ミラーによって画像の明るさが低下する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です