【決定版】DiDi foodのロングピックを拒否するor配達する判断基準

こんにちは!

この記事では、DiDi foodの配達パートナーの仕事としてロングピックに対する配達をどう考えていくか、考え方について解説します。

ロングピックの配達は受けるべきかのか、または拒否をするべきかのか。

ロングピックの配達を受けるメリットとデメリットはなにか。

といった内容について解説しておりますので、ご参考にしていただければと考えます。

皆様のより良い配達員ライフに少しでもお役に立てればと思います。

結論

結論として、ロングピックに対する考え方は様々な意見がありますが、Twitterなどで配達員の方の状況を踏まえ分析した結果として、以下の行動が推奨されます。

自転車の場合

ロングピックは受けるべきではありません。短距離の配達に注力し、回転数で稼ぐのが無難です。

 

バイクの場合

バイクの場合でも自転車と同様、短距離で回数をこなしクエスト報酬を狙っていったほうが高効率な場合が多いです。

 

しかし、DiDi foodの場合ピックまでの移動距離にも報酬が加算されます。これはUberEatsにはないメリットです。

 

よって、DiDi foodの場合はロングピックは受けてもUberEats程の効率ダウンにはなりません。

まとめると、基本的にロングピックの配達依頼を受けるのは、効率だけを考える場合ネガティブとなります。

このため、拒否推奨なのですが、ロングピックの注文依頼を拒否し続けてしまうと、DiDi foodのAIから低評価を受けてしまい、配達依頼が届きにくくなるリスクがあります。

よって、拒否をするのではなく複数のアプリで配達員を掛け持ちし、注文の入り具合に応じてアプリをスイッチしていくという働き方がおすすめです。

例えば、アプリでマクドナルド等のチェーン店が送料無料キャンペーンなどを開催している場合は、短距離での配達依頼が増加する傾向があります。

よって、アプリによりその日の配達依頼の傾向が変わることはよくあります。

なので、複数のアプリの状況を比較し、最も効率的に配達ができそうなアプリで配達をするという方法が有効な手段となります。

なお、アプリの状況を比較した結果やはりロングピックを受けなければ行けないという場合は、DiDi foodで行うのが良いでしょう。

詳細については、各アプリでの賢く稼ぐコツを下記ページにまとめています。

関連:DiDiFoodで賢く稼ぐ方法・コツ

関連:UberEatsで賢く稼ぐコツ・方法

 

さて、ここからはロングピックを受けるメリットとデメリットについて、個別に記載しております。

ロングピックの依頼を受けるメリット

ダブルピックを狙いやすい

ロングピックを受けると、配達途中のダブルピックを狙っていきやすいというメリットがあります。

ダブルピックができれば、当然効率は上がりますので、ロング+ダブルが狙いやすい場合はこのメリットが享受できるのではないかと思います。

一方で、ダブルピックを受ける場合は、このあとのデメリットにも記載していますが、フードが冷めてしまったり、配達までに時間がかかってしまうリスクが上がるため、利用者からBadを受けるリスクは高まってしまいますから、この点は注意が必要です。

配達拒否しないのでAI評価が上がる

DiDi foodのAIに限らず、各社のAIは、配達を拒否しない+評価の高い配達員に優先的に配達を割り振るという仕組みになっています。

よって、どのような注文でも拒否せず正しく配達をこなしているとAIの評価が高まり、注文が受けやすくなっていくというメリットはあります。

のんびりと配達できる

効率重視ではない場合、ロングピックの配達は短距離の配達と比べ移動時間が短くなるため、比較的のんびりと働くことができます。

よって効率よりも楽しく仕事がしたいという方は、ロングピックでも、近場の配達でもこだわらずに配達をされるのが良いのではないでしょうか。

ダイエット目的で配達をする

ダイエット目的で配達の仕事を始めた場合は、移動距離の多いロングピックを積極的に受けていくことで、移動距離が長くなるためより効率よくダイエット出来るでしょう。

郊外など注文の母数が少ないエリアで有効

配達するエリアが郊外など、そもそも注文の絶対数が少ない場合は、配達依頼の内容を選別せずに積極的に受けていったほうが、待機時間が短くなり効率が良くなる傾向にあります。

ロングピックの依頼を受けるデメリット

時給効率だけ考えると低効率な場合が多い

最初にも記載したとおり、短距離で配達の回数を多くこなし、クエスト報酬を狙っていく方が時給効率は高くなる傾向にあります。

地蔵している場所から離れる

ロングピックを受けると地蔵している場所から離れた場所に配達をすることになります。この場合、地蔵エリア迄戻るまでの間がタイムロスになります。注文を受けられなければ報酬が発生しませんので時給効率的に低下に繋がります。

AIから低評価を受けてしまう

あまり配達依頼の拒否を続けると、AIから低評価を受けてしまい、注文依頼が減ったという報告がTwitterであがっています。

よって、拒否するのではなくアプリをスイッチしましょう。

利用者からBad評価を受けるリスクが上がる

長距離配達をする場合、料理が冷めてしまうリスクや、配達まで時間がかかってしまうリスク、途中で料理がこぼれたり傾いてしまうリスクがやむおえず高くなってしまいます。

結果として、利用者からBad評価を受けるリスクが上がり、Bad評価がたまるとAIの評価も落ちてしまうため、注意が必要です。

これは、配達をする側としては止む終えない事情なのですが、残念ながら現在の仕様はこの様になっていますので、はやりこちらとしてもアプリを賢く使っていくというスタンスで立ち回るのが良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。

まとめると、やはりロングピックは効率を重視する場合はあまり有効ではありません。

本来であれば、ロングだろうがショートだろうがちゃんと注文を受けて、丁寧に配達するというのが、あるべき姿ではあるのは間違いありません。

しかし、こちらも配達員を商売としてしていますので、賢く稼いで上手く立ち回るというのは正しい行動です。

そのために、アプリに使われるのではなく、考えてアプリを賢く使いこなすというスタンスが重要だと考えます。

メリット、デメリットをご参考にしていただき、ご自身でロングピックを受けるかどうかは判断していただくのが良いと思います。

しかし、最初に記載したとおり、各アプリの状況の注文の入り具合の比較は行うべきでしょう。

ご自身のエリアによっても、最もベストな方法は変わってくると思いますので、ぜひご参考にしていただきベストな方法を見つけていただければと考えます。

関連:DiDiFoodで賢く稼ぐ方法・コツ

関連:UberEatsで賢く稼ぐコツ・方法

関連:【実績まとめ】DiDi foodで時給効率どれくらい稼げてるか?

関連:【実績まとめ】Uber Eatsで時給効率どれくらい稼げているか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です