【日焼け止め】高い商品と安い商品の違いは?

こんにちは!

突然ですが、みなさん日焼け止めってどうやって選んでますか?

一口に日焼け止めといっても、100円で購入できるものから、4000円ぐらいするものまで、色々な値段のものが売られていますよね。

高い日焼け止めと安い日焼け止めの違いってなんだかわかりますか?

色々あるけど、結局ベストな日焼け止めってなんなんでしょう!?

今回はそんな内容について紹介していきたいと思います。

高い日焼け止めと安い日焼け止めの違い

高い日焼け止めと安い日焼け止めの違いは?

日焼け止めの違いっていうと、SPFやPAという表記に関する違いがありますよね。

SPFやPAの数値が高いと、漠然と日焼けしにくいんじゃないか、というイメージかと思います。

でも、同じSPFでも値段が違うものがありますよね。

いきなりですが、今回の記事の結論を記載したいと思います。

日焼け止めの値段の違いですが、ズバリ日焼け止め効果以外の部分での中身の成分がかなり違うというのが、高い日焼け止めと安い日焼け止めの違いです。

例えば、薬局によく売っているアネッサの日焼け止め(大体2000円ぐらい)ですが、ウォータープルーフに対応している方にも関わらず、石けんでも落ちてしまうような素材が使われていたり、日光を検知すると日焼け止めの効果が高まるような独自のUVブロック成分が使われていたりします。

SPF,PAだけでは見えない紫外線を防ぐ+αの効果があるのが高い日焼け止めになります。

例えば、以下のような効果のある成分が高い日焼け止めには入っています。

高い日焼け止めに入っている効果

肌への負担が少ない

使用感が良い

紫外線散乱剤を使っている

保湿効果がある

美白効果がある

化粧下地になる

原料が高価

特殊製法

商品の開発費、広告料が含まれている

ブランド量

日焼け止めが落ちにくい

無添加、オーガニック

石鹸で落ちる

日焼けのテストがキッチされている

アフターフォローの有無

特に、紫外線散乱剤を使っているものは高い傾向にあります。

結論として、美容効果などを特に求めない場合は、高い日焼け止めは、日焼け止めを塗っても顔がゴワゴワしなかったり、塗った後も顔への負担が少ないなど、使いやすいというのがメリットになります。

安い日焼け止めの理由

伸びが悪い

塗ると顔が白くなる

日焼け止めがとれやすい割には洗っても落ちにくい

塗ると肌がガサガサになる

紫外線吸収剤を使っている

添加物入り

べたつく

ニオイがきつい

刺激の強い成分が入っている

開発費、宣伝費が少ない

などがあります。

例えば、100円ショップにも日焼け止めって売ってますけど、使うとどうだったかというと、白くならないと書いてあるにも関わらず、塗ったらやっぱり白くなってしまったり、クレンジングで洗ってもなかなか落ちない割には、日焼け止めとしての効果自体はあまり持続しなかったりしました。

まあ100円なので、割り切って使うのはありだと思いますが、安い日焼け止めというのは高いものに比べてそのような違いがあるということです。

また、安い日焼け止めには以下のように体に悪い成分が含まれている事が多いです。

体に悪い成分

合成界面活性剤

紫外線吸収剤

ナノ粒子散乱剤

シリコン

エタノール

パラペン

合成ポリマー

香料、着色料

さてここで、何度か紫外線散乱剤という言葉と、紫外線吸収剤という言葉が出てきましたので、その違いについて説明しておきたいと思います。

紫外線散乱剤と、紫外線吸収剤とは

この二つの違いですが、日焼け止めとして、紫外線をどのようにブロックしていくかが違います。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する素材です。

肌に当たった紫外線を熱にして放出する事で、肌でガードしていくもので、熱にして放出するときに肌が乾燥してしまう場合があります。よく日焼け止めを塗った後は肌が乾燥することがありますが、それはこのためでもあります。

具体的にはUV-Aという酒類の紫外線をガードするために、パスゾールAやメギソリルSXと言う成分などが使われています。UB-Bと言う紫外線を防ぐためには、桂皮酸、オキシベンゼンが使われています。

また、紫外線散乱剤に比べて、よく伸び白浮きしにくいので、使いごごちが滑らかで使いやすいと言う特徴があります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤ですが、こちらは紫外線を反射する金属のベールを肌の上に作って紫外線を反射することでメラニン色素の生成などをブロックするものです。よくアメリカの日焼け止めに使われている傾向があります。紫外線散乱剤に比べて伸びにくく、肌に塗ると白っぽくなってしまう特性があります。

また、紫外線に対して反射で対応するので、効果が紫外線吸収剤よりも弱めな傾向があります。しかし、紫外線吸収剤よりは肌に優しいという特徴があります。

有効成分として、UV-AにもUV-Bにも効果がある酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルク等が使用されています。

・・・さてここで、UV-AとUV-Bと言う言葉が出てきました。この二つを説明するためには日焼けの仕組みについて説明をする必要があります。

日焼けの仕組み

太陽光には種類があり、「赤外線」「可視光線」「紫外線」の3種類に分類されます。太陽とは波であり、波の波長が長い光線ほど皮膚への影響が大きいものになります。

3種類の中でもっとも波長が長く皮膚への影響がある光が「紫外線」であり、よく皆さんが日焼けに関する情報で耳にするものかと思います。

日焼けは、人体の防御反応です。紫外線が肌に当たると、茶色い色素のメラニンが分泌され肌の色が濃くなります。メラニンには紫外線が皮膚組織の内部へ侵入することを防ぐ機能を持っています。

メラニンがどれだけでるかは人によって個人差があり、生まれつきメラニンが多く肌の色が濃い人は薄い人に比べて日焼けしにくいと言われています。

紫外線の種類

紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類されます。

紫外線が肌に当たると、皮膚のエラスチンと言うコラーゲンをささえる成分が破壊されて、シワができてしまったり、肌の弾力が失われてしまう事になります。

このため、日焼けは光老化と言われており、皮膚が老化してしまう最も大きな原因と言われています。つまり日焼けを防止することが、見た目の老化に大きくメリットがあると言うことです。

UV-Aについて

UV-Aは肌に日光が当たっている感じがしない波です。しかし肌の内側まで届き、コラーゲンやエラスチンを劣化されてシワやたるみの原因になります。UV-Aはガラスを通過するため、室内や車内にいても焼けます。また、曇りの日にも降り注いでいる紫外線です。

UV-Bについて

UV-Bは、皮膚に当たると皮膚が赤くなって、日焼け状態になりヒリヒリする紫外線です。ザ紫外線!って感じのやつです。曇りの日やガラスには多少遮られます。

曇りの日は、一日中そのにいても肌はヒリヒリしないけど、でもしっかり日焼けはしたぞ!と言うのは、このUV-Bはあんまり届かなかったけど、実はUV-Aはしっかり当たっていたぞ!と言うことです。

UV-Cについて

さて最後にUV-Cですが、実はUV-Cが最も危険な紫外線だと言われていますが、オゾン層で止まっており地表には通常届きません。今後オゾン層の破壊などで地表に届いてしまうのでは、と言われていますが本記事の読者である日焼けについて気にされている皆様は、とりあえずUV-AとUV-Bについてだけ理解していればOKかと思います。

ちなみに、UV-Cには殺菌効果があり、医療現場で手術の道具などを紫外線殺菌するような場所で活用されていたりもします。

日焼け止めの表記、SPFとPAとは

では、日焼け止めに記載されている、SPFとPAとはなんでしょうか。

SPFとは

よく日焼け止めに、SPF50とかSPF30って書かれてますけど、なんでしょうか。

SPFとは、サンプロテクションファクターの事で、UV-Bを防止する効果があります。

ちなみに、よくSPF50だと50倍日焼けしにくくなって、SPF30だと30倍日焼けしにくくなるとざっくり理解している人が多いと思いますが、正しくはこうです!

人間の皮膚に紫外線があたり出してから、日焼けしてしまうまでの時間について、個人差はありますがだいたい20分ぐらいであると言われています。その日焼けが始まるまでの時間をSPF30なら30倍に、SPF50なら50倍にすると言うのが、正しい考え方です。

よって、日焼け止めを塗ると、皮膚の防御力が上がる!と言う効果はありますが、日焼けを100%シャットアウトできると言う訳ではないわけです。

また、日焼け止めというのは汗だったり、顔をこすったタイミングで少しずつ落ちていってしまいます。なので、この表記通りの効果を朝から晩まで維持したいと思ったら、定期的に日焼け止めの塗り直しが必要になるという点にも注意です。

PAとは

PAはUV-Aを防止するための成分です。先ほど地表に届く紫外線にはUV-AとUV-Bがあるという話をしましたが、SPFとPA二つの成分でABどちらの紫外線もガードしてくれるという事です。

人間の肌はUV-Aの照射を受けてから2〜4時間後に、肌の黒化が発生します。この黒化をどの程度防いでくれるかがPAやPA+、PA+++といいう表記で表されています。

具体的には、何もつけていない時に比べて肌の黒化に対する防御力が以下の通り高まります。

PA+ 2〜4倍

PA++ 4〜8倍

PA+++ 8〜16倍

PA++++ 16倍以上

みなさん肌が黒くなるのが嫌だから、日焼け止めを買いますよね。でも買う時にSPFの値にばかり注目していませんか?

もうわかると思うのですが、肌が黒くなるのが嫌なら、SPFの値よりもPAが「++++」になっているかどうかを注意した方が良いという事ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です