【10/13台風】川越市の氾濫・決壊・洪水被害状況まとめ【入間川・新河岸川・越辺川】

2019年10月12日に発生した大規模な台風での、洪水情報や、どの河川がどれくらい氾濫したのかといった情報をまとめました。

これから新しく土地を購入する人や、家を探している人等は、ハザードマップなどを参考に購入を検討されるかと思いますが、おそらく過去最強の今回の台風で洪水にあっているかどうかは、データとしてとても参考になると思います。

もしも、いま探している土地が今回の台風で洪水にあっていなかったら、同様の台風が来る可能性が数十年に1度レベルだといわれていますので、その土地はとても洪水に強い土地だと判断してよいと言えるでしょう。

災害発生中に収集した情報を多く掲載していますので、是非参考にしてくださいね!

関連:水害に強い土地の選び方についてまとめてみた

関連:タワマン購入時に考慮すべき災害対策についてまとめてみた

関連:「大井町」駅が長い目で安心できるか防災の観点から考察してみた

関連:自分の土地の旧地名が危険かどうかを簡単に調べる方法

2019年10月12日に被災した台風について

まず、東日本に上陸する中で過去最強クラスと言われたの台風19号のスペックを紹介します。

名称 HAGIBIS(ハギビス)
大きさ 大型
強さ 強い
存在地域 相馬市の東南東約40km
中心位置 北緯37度40分
東経141度20分
進行方向 北北東
速さ 55km/h
中心気圧 970hPa
最大風速 35m/s
最大瞬間風速 50m/s
暴風域
(25m/s以上)
中心から260km
強風域
(15m/s以上)
中心から600km

こちらは当日の19時20分の河川の洪水状況です。まだ台風は上陸していませんが、すでに河川が以下のレベルで色分けされており、非常に関東の広範囲に渡って洪水の危険性が高まりました。

色の説明

濃い紫色=発生の恐れ・命を守る行動を

紫色=レベル4・今すぐ避難

赤色=レベル3・高齢者は避難

黄色=レベル2・避難行動再確認

青色=レベル1・今後に注意

内閣府 令和元年台風第 19 号に係る被害状況等について 令和元年 10 月 16 日

【概況】
・台風第 19 号は 12 日 19 時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸した後、関東地方を通
過し、13 日未明に東北地方の東海上に抜けた。

・台風本体の発達した雨雲や台風周辺の湿った空気の影響で、静岡県や新潟県、や関東
甲信地方、東北地方を中心に広い範囲で記録的な大雨となった。10 日からの総雨量は
神奈川県箱根町で 1000 ミリに達し、関東甲信地方と静岡県の 17 地点で 500 ミリを超
えた。この記録的な大雨により、12 日 15 時 30 分に静岡県、神奈川県、東京都、埼玉
県、群馬県、山梨県、長野県の 7 都県に、12 日 19 時 50 分に茨城県、栃木県、新潟県、
福島県、宮城県の 5 県に、13 日 0 時 40 分に岩手県に特別警報を発表した。

・東京都江戸川臨海では観測史上 1 位の値を超える最大瞬間風速 43.8 メートルを観測す
るなど、関東地方の 7 か所で最大瞬間風速 40 メートルを超える暴風となったほか、東
日本から北日本にかけての広い範囲で非常に強い風を観測した。また、12 日には千葉
県市原市で竜巻とみられる突風が発生した。

埼玉県川越市周辺の洪水発生状況

【決壊】霞ヶ関駅の北・入間川と越辺川の合流地点付近

川越駅から入間川を挟んで反対側にある地域の映像ですが、完全に水没しています。

上記、ニュースの映像で写っている場所はこちらです。赤の矢印で、決壊した場所と水の流れを示しています。

国土交通省の報道発表を引用します。

台風第19号の大雨により、令和元年10月13日(日曜日)
6 時00 分頃に、越辺川左岸7.6k 付近(埼玉県東松山市正代地先)の堤防で延長約20mが決壊していることを確認しました。
現在詳細について調査中です。(国土交通省)

国土交通省の報道発表続報です。

台風第19号の大雨により、令和元年10月13日(日曜日)7時15分頃に、都幾川右岸0.4k付近(埼玉県東松山市早俣地先)の堤防で延長約100mが決壊していることを確認しました。
現在詳細について調査中です。(国土交通省)

埼玉県東松山市早俣地先の場所はこちらです。

上記地点のその後(10/15追記)

現在は洪水が引き後片付けの作業が始まったようです。

NHKニュース 10/15

ポンプなどによる排水作業を続けた結果、このうち越辺川の決壊で浸水した埼玉県川越市の1900ヘクタールと、越辺川と都幾川の決壊で浸水した埼玉県東松山市の160ヘクタールでは、15日朝までに浸水はほぼ解消されたということです。

このほかの浸水地域について、国土交通省では引き続きポンプ車で排水作業を続けるとしています。

決壊した河川の最寄り駅である高坂駅の状況

 

想定される浸水エリアは以下の水色で網掛けされた範囲です。

入間川、越辺川ともに危険度レベル5でどこが氾濫してもおかしくない状況ですが、少なくともこの水色の範囲に今後戸建てやマンションを購入するなどの検討をされている方がいましたら、自治体や専門家のデータを良く調べて、災害に強い立地であるかどうかを調査することをおすすめします。

関連:自分の土地の旧地名が危険かどうかを簡単に調べる方法



【氾濫】川越駅付近

川越駅ですが、新河岸河と、入間川が近くを流れており、後述の通り入間川は実際に氾濫をしてしまいました。

また、川越駅と南古谷駅の間のあたりで、新河岸川が氾濫しました。

(NHKニュース 2019年10月12日 22時29分)

埼玉県などによりますと、氾濫が発生したのは
▽入間市野田地区の入間川、
川越市大仙波地区の新河岸川、
▽狭山市入曽地区と入間市下藤沢地区の不老川、
▽桶川市川田谷地区の江川の4つの川です。

氾濫した際の予想される浸水地域として駅の東側が広く青で網掛けされており、南古谷駅など、東側の地域は実際に浸水被害を受けているという情報があります。

このあたりに土地や戸建てを購入する際は、ご自身の土地が過去の水害などの被害にあった地形ではないか、また合う可能性がないかなどを、自治体のハザードマップなどを見てよく確認するべきではないでしょうか。

氾濫が発生した場所はこちらです。

南大塚駅付近

南大塚駅は、北に入間川、新河岸川があり、南には久保川がある、川に挟まれた地形です。

まず北側についてですが、入間川は危険度がレベル5となっており、北側で氾濫して大変危険な状況でした。

新護岸についても、川越市寄りのほうが非常に危険な状態となっており、実際に氾濫が発生しました。

ただこの駅については、氾濫した場合に予想される浸水エリア(地図上で青色で塗られる部分)がなく、近隣の河川が氾濫したとしても、水害に強い駅であるということが今回の台風のデータからは見て取れます。

新河岸駅周辺

新河岸駅周辺ですが、新河岸の水位が非常に危険なレベルまで上昇しており、一部の場所では実際に決壊してしまったという情報が入っています。

予想される浸水地域としては、駅の北から東にかけてとなっており、西や南については浸水地域からは外れています。

よって、今回の台風の情報からですと、戸建てなどを購入する場合は西側や南側の立地を検討したほうがよいというデータが見て取れます。

上福岡駅周辺

この駅は、周囲を河川に囲まれた駅ですが、浸水が予想される地域に駅周辺は含まれていませんでした。

また北と南にある河についてはそれほど水位の上昇がなく、今回の台風からはこの駅については水害につよいえきであるというデータが見て取れます。

川越駅の東側周辺

新河岸川の東側については、河岸川が決壊した場合、及び更に東にあります入間川の決壊した場合の水が流れ込み広い範囲で浸水の可能性があるという予想がされており、また実際に浸水の被害にあった地域があります。

この周辺に戸建てなどの購入を検討されている場合は、ハザードマップや自治体のデータなどをよく確認いただき、災害に対する耐性をよく見極めてから判断するべきではないでしょうか。

霞ヶ関駅周辺

東を流れる、入間川と西を流れる小畔川がともに危険度レベル5となっており、実際にもう少し上流で氾濫しています。このあたりの地域については、浸水が想定される水色の網掛けされた地域がなく、水害に対しては強い地域であることが、今回の台風からは見て取れます。

的場駅周辺

的場駅周辺についても、入間川の推移が危険な状態となってはいますが、浸水予想地域として網掛けされている場所がなく、水害に対して耐性のある地域であることがこの台風からは見て取れます。

募金や義援金等をする場合の注意点

募金・義援金ですが、必ず信頼できる機関に対して行うようにしてください。

自身の知らない団体や、信用してよいかわからない団体に寄付をしても、本当に全額寄付されるかわかりません。

必ず信頼できる期間に対して募金をするようにしてください。

川越に対して確実に支援をする方法

災害募金については、先程記載したとおり信頼できる機関に行わなければいけません。

最も確実に、かつ募金する側にもメリットが有る支援の仕方としてふるさと本舗 などのサイトを活用したふるさと納税による支援をおすすめします。

これでしたら、納税と言う形で確実に支援ができますし、こちら側も返礼品を受け取ることができます。

ぜひふるさと納税という形で、川越へのご支援をよろしく願いします!

ふるさと本舗をみる

入間川の状況

今回の台風で氾濫をしました、入間川について、観測地点のデータをご紹介したいと思います。

小ヶ谷周辺

まずは、川越駅西のこちらの観測地点についてです。

小ヶ谷観測地点については、氾濫危険水位を超過しており、その後計器が故障してしまい測定不能になりました。

このあたりは決壊した地域のため、計器が故障してしまった可能性があります。

実際の映像がこちらになります。

深夜1時の映像ですが、護岸がなくなっており氾濫している様が見て取れます。

 

入間川落合橋

次に、入間川落合橋についてです。

こちらについても、通常1mの推移が7mまで急激に上昇し、その後測定不能となってしまっております。

菅間周辺

次にこちらの菅間周辺についてです。

こちらは、氾濫の危険性がある水位を2m近く超過してしまい、実際に氾濫した地域になります。

関連:水害に強い土地の選び方についてまとめてみた

関連:タワマン購入時に考慮すべき災害対策についてまとめてみた

まとめ

いかがでしたでしょうか。

川越市は、今回の台風では深刻な被害を受けてしまいました。

特に、入間川の周辺や、このサイトで予想される浸水地域として網掛けされているエリアに戸建てや土地などを購入されようとされている方がいましたら、本サイトだけでなく自治体などのデータを良く精査されるべきではないかと思います。

情報を収集する際に自分で調べてもよいのですが、最も効率が良いのは不動産会社の方としっかり話をすることだと思います。

例えば全国のハウスメーカーや工務店を比較して自分にあったサービスを見つける「motiieのように戸建てやマンションを購入するときに相談に乗ってくれるサービスがありますが、そこで専門家に土地の災害の歴史や地盤の強さ、再開発の可能性などを詳しく聞くことで土地選びで失敗しない戸建てやマンション選びができます。

リンク:持ち家計画(motie)

無料で相談することができますので、とりあえず話を聞いてみて情報収集してみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です