正社員、派遣社員、契約社員、業務請負、嘱託社員の違い

こんにちは!

転職で求人情報を確認していると、以下のような雇用形態で募集をしていますよね。

「正社員、派遣社員、契約社員、業務請負、嘱託社員、アルバイト」

それぞれどう違うかわかりますか?

今回は、それぞれの雇用形態の違いについて解説していきます。

正社員とは

まずは、正社員についてです。

正社員の契約形態について

まず、原則として正社員として雇用されると、就業規則に定められた定年までその会社で働くことが出来ます。

ただし、試用期間を設けている会社もあり、おおむね3か月程度が多い傾向にあります。

正社員の特徴について

年俸制や、月額固定給などの給与支払い体系があり、企業や役職、職種によって給与の支払い形態が異なります。

年防錆については、賞与を含んだ年収を毎月割で支給するケースが多い傾向にあります。

月額固定給の場合は、毎月決まった給与が支払われます。

管理職として採用されると、残業代が支給されないケースもあり、残業代が支給されるか内定時に確認することをお勧めします。

派遣社員とは

次に、派遣社員についてです。

派遣社員の契約形態について

派遣社員の場合は、正社員と違い雇用期間が決まっています。

最長で3年のケースが多い傾向にあります。

また、紹介予定派遣というものもあり、この場合は最長で6か月になります。

派遣社員の特徴について

まず、派遣社員自体が雇用される会社を、派遣元企業と言います。

ただし、実際に働くのは派遣先の企業であり、指揮命令権は派遣先の企業にあります。

基本的には時給で給与が支払われます。

雇用期間が決まった有期雇用なので、契約期間終了後に派遣先企業と派遣社員双方の合意があれば正社員として雇用される制度があります。

ただし、絶対に正社員になれるとは限らないことに注意です。

募集要項に「社員登用制度あり」と記載されていても実際にはほとんど正社員になることが出来ないケースが多いと思いますので、淡い期待を抱いて就職しないことをお勧めします。

契約社員とは

次に、契約社員についてです。

契約社員の雇用形態について

契約社員は、勤務先の会社と契約を交わし、有期雇用として勤務する社員の事です。

派遣社員との違いは、雇用された会社で勤務することです。

契約社員の特徴について

雇用元が勤務先企業です。通常、時給で給与が支給されます。賞与や退職金が無いことが多い傾向にあります。

業務請負とは

次に業務請負についてです。

業務請負の雇用形態について

業務請負とは、個人で業務を請け負う場合に使うことが多い契約形態です。

個人で請け負う場合、個人事業主として会社と契約することになります。

業務請負の特徴について

業務を一括して請け負う契約になるため、会社との雇用契約は無く、社会保険なども個人で加入し、確定申告を行うことになります。

また、給与という概念ではなく、請け負う仕事に対していくら報酬が支払われるという形式になります。

嘱託社員とは

次に、嘱託社員についてです。

嘱託社員の雇用形態について

嘱託社員は勤務先の会社と契約を交わし、有期雇用として勤務するような形態を言います。

嘱託社員の特徴について

通常、嘱託社員は固定給で仕事をします。定年退職した社員の再雇用で嘱託社員となるケースが多く、期間を定めて雇用されることが多いようです。

パート、アルバイトについて

最後に、パート、アルバイトについてです。

パート、アルバイトの雇用形態について

通常パートアルバイトは有期雇用になります。しかし、特に期間を定めずに雇用になるケースも多く一概に言えない雇用形態になります。

パート、アルバイトの特徴について

雇用元は、勤務先の企業となり、時給で働くことが多いです。賞与や退職金は出ないケースが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です