面接で伝えるべき重要なこと「その会社で何がしたいかを伝える」

こんにちは!

この記事をお読みのあなた、転職活動始めていますか?

今回は転職活動で面接に進んだときによくある落とし穴を解説していきます。

みなさん、転職面接の時に

「わたしは〇〇ができます。なぜなら〇〇な経験をしており・・・・」

ということはよくしゃべることが出来ると思います。

これは「私はなにができる」かを説明するものですが、これだけでは面接では不十分なのです。

企業側は「うちでどのように活躍したいのか」を話してほしい

転職活動の面接で、多くの方が自分のできることを話すことに終始しているようです。

企業としては「あなたができることはわかった」「で、うちで何がしたいの?」とおもわれるようです。

そこで、自分のスキルと併せて、今のスキルを使ってその会社でどのように活躍していきたいのかを面接で話せるようにしておくことが重要です。

面接とは「自信のスキル、そのその会社でどう活躍したいか」と「企業の求める人物像のすり合わせの場」

面接の場で「自分はこんな仕事がしたい!」「そのためのスキルはこれがある!」という熱意や目的を正しく伝えることが出来る人は、採用後も努力して成長を続けてくれる人材であると企業が評価してくれます。

あとは、企業側が求める人物像とのすり合わせです。あなたのPRと企業の人物像が合致していれば採用になります。ここは運ですね。

しかし、完全に運に任せるのではなくある程度業界研究を行っておくことをお勧めします。

その会社で求められている人材がどんな人材かを分析し、それに近いアピールが出来るように職務経歴書や面接で話す内容を修正していく事で採用になる可能性がアップします!

転職を進めていくうちに「自分がやりたい仕事は何だろうか」と悩みが出てくる

転職に向けて真剣に「自分のスキル」と「どう活躍したいか」を検討していくと「そもそも今後どう活躍していくのがいいんだろうか・・・」と悩みが出てきます。

また、世の中にはたくさん求人情報があり、結構目移りしてしまうものです。

これを明確化していくのが自己分析です。

自己分析については別記事で紹介していきますので、よろしければ併せてごらんになってくださいね

ただ自分のできることをアピールするだけじゃなくて、その会社でどう活躍したいのかを説明するのが大事だよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です