menuアプリで大阪の配達アルバイト可能エリアは?人気の店舗や登録方法について

こんにちは。

最近フードデリバリーアプリがだいぶ浸透してきまして、皆さんも結構使ってるんじゃないでしょうか。

有名なところですとUber Eatsがあるかと思いますが、最近日本のベンチャー企業が新しく始めたサービスでmenuと言うアプリがあります。

このmenuを使う場合ですけど、大阪で配達アルバイトは可能なエリアはどこなんでしょうか。

また大阪で利用者としてmenuーを利用する場合人気の店舗はどこでしょうか。登録の仕方などはどのようになっているでしょうか。

この記事ではこういった内容について解説していきたいと思いますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

大阪でmenuアプリを使うメリット

まずmenuを利用することによるメリット等についてはご説明していきたいと思います。

利用者が感じるメリット

利用者として使った場合に享受できるメリットですけども、最近はコロナウィルス等の関係で外出自粛宣言とかも出ておりまして、なかなか外でご飯を食べると言うのは難しいと思うんですが、このようなフードデリバリーアプリを使うことで今までと同じように外食を楽しむことができます。

レストラン運営者が感じるメリット

レストランなどの会食を運営する立場としては、最近コロナウイルスの関係でお客さんがあまり来ない状況が続いているかと思いますが、こういったUber Eatsやmenuアプリを利用することで利用者の拡大を図ることができますし、売上につながります。

配達員としてのメリット

配達員としてmenuのアプリを利用するメリットですが、 今日本で最も普及しているフードデリバリーアプリはウーバーイーツです。
しかしウーバーイーツは待ち時間には時給が発生しないデメリットがあります。
そこでmenuとウーバーイーツを同時に立ち上げて掛け持ちで仕事をすることで、できるだけ待ち時間を少なくして配達している時間は長くするということが高い時給につながります。

大阪でのmenu配達エリア

さて、menuの大阪での配達可能エリアですが、こちらの図の通りとなっています。

地図の赤色のエリアとグレーのエリアで配達可能です。

今までは東京でしか配達アルバイトをすることができなかったんですが、今年の7月から大阪でも配達をすることができるようになりました。

なので現在大阪でUber Eats等の配達アプリを使って仕事をしている人は、ぜひmenuにも合わせて登録してみましょう。

大阪でのmenuアプリは時給換算でどれぐらい儲かるのか

menuですが、Uber Eatsなどのと同じく歩合制ですから、明確に1時間あたりの時給がいくらと言うふうに決まっているわけではありません。

しかし概ね時給換算して1000円から1500円位は臨むことができるようです。

また同じ時間帯にUber Eatsと掛け持ちでアプリを起動することで、待ち時間が少なくなりますからさらなる時給アップを期待することができます。

大阪でmenu配達員アルバイトの登録方法

では、大阪でmenu配達員として登録をおこない、アルバイトをする方法についてご説明します。

後述のmenu配達員登録用のリンクをクリックするとこちらの画面が開きますので会員登録用のメールアドレスを入力します

 

次に 会員登録フォームに従って情報を入力します。

この際に免許証のコピーであったり振込用の銀行口座の登録なども必要になってきますので予め用意しておくと良いでしょう。

これらの登録をしますとmenuから招待メールが届きますのでリンクをクリックすると会員登録の完了です。

ちなみにmenuの配達バックなんですけども、今登録者の数が非常に多いので生産が追いついておらずすぐに購入することができないようです。

順次公式からメールで購入案内が来るそうですのでその際に購入をするようにしてください。

ちなみにすべての作業はオンラインで完結することができるようですから、例えば説明会のためにわざわざmenuの会社に出社して話を聞いてくるといった面倒な手続きは不要です。

リンク:menu配達員登録

大阪でmenu配達員になることのメリット

大阪でmenuの配達をすることのメリットですが、先ほども少し記載しました通りUber Eatsとかけもち行う事で複数のデリバリーアプリで同時に仕事をすることができます。

このことで1時間あたりの単価の上昇を図ることができ、より効率的に仕事ができるようになります。

またデリバリー系のアルバイト全般に言えることかもしれませんが、今のご時世なかなかコロナの影響で外出することも難しい状態ですよね。

ですからそんな中で各自の自宅までおいしいご飯を届けてくれるサービスは夜中から今とても感謝されていますし、非常に社会貢献性の高い仕事であると言えるのではないかと思います。

また、某ビザ屋さんに配達のため料理を取りに行った際は、「頑張ってください」と差し入れをいただいたこともあります。

些細なことかもしれませんがこのような対応を受けると結構モチベーションアップにつながりますし少しでも世の中のためになっているのかなって言う実感を持つことができて、意外とやりがいになります

大阪のmenuでの人気レストランやお店

では次に、大阪でmenuアプリを使って利用できる人気のレストランやお店について紹介したいと思います。

和食

洋食

ピザ

中華

エスニック

フレンチ

丼もの

デザート

ドリンク

menu利用者の利用手数料

menuを利用者として利用する場合の手数料ですが、お店によって異なりますが概ね300円から500円程度に設定されています。

料理の単価が高いお店であったり、お寿司等のお店は利用料金が高く設定されているようです。

ちなみに今ですと月額980円のサブスクリプションを支払うと、毎回の利用手数料から300円ごとに割引される月額サービスmenuをスタートしました。

これは7月1日からスタートした新しいサービスで、menuをたくさん使って料理を頼む場合はサブスクリプションに加入したほうがお得かもしれません。

menu利用者の登録方法や使い方

menuを利用者として登録する場合は、スマホにアプリをインストールしてから注文をする必要があります。

アプリはGoogleアカウントやFacebookでID登録ができますので、簡単に注文をスタートすることができますからぜひ試してみてください。

このページの下にアプリのリンクを掲載しておきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ついに大阪でも配達員としてアルバイトができるになりましたからぜひ登録してみてください。また利用者としても便利なサービスですからぜひ使ってみてください。

配達員としてアルバイトをする場合は利用者が多いUber Eatsと掛け持ちで利用することをお勧めします。

筆者の個人的な思いとしては日本のベンチャー企業がサービスを提供してるmenuの利用者がUber Eatsと同じ位増えてくれるといいなと思っていますので、ぜひ皆さんで盛り上げてください。

また配達員として仕事をしたいけどまだUber Eatsを始めていないと言う人は、menuの前に先にUber Eatsの配達になることをお勧めします。

その場合はこの記事の下部に関連記事もしておきますのでぜひ併せて読んでみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました

リンク:menu配達員登録ページ

利用者として利用したい場合は、こちらのアプリをダウンロードです。

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ
開発元:menu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

関連:menuはUberEatsと比較して儲かるのか?時給換算の収入いくらなのか?

関連:Uber Eatsの配達報酬はいくらなのか?時給換算の収入はいくらなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です