ここが違う!採用内定が出る人とでない人の違い

こんにちは!

転職活動でたくさん面接を受けても、なかなか内定が出ない事もありますよね。

年齢であったり、スキルであったり、たまたま募集要件になっている人物を一致しなかったり、様々な理由があると思うのですが、根本的に内定が出やすい人と、出にくい人の違いとはなんでしょうか。

今回は、内定が出やすい人、出にくい人の違いを解説していきます。

採用内定が出やすい人の特徴

まずは、内定が出やすい人の特徴を解説していきます!

応募企業のニーズを満たすスキルやビジネスマナーを持っている

まず、一番の要因はこれです。

応募先の企業がどんなスキルを求めているか把握し、それを面接で話すことが出来ることが重要です。

また、どんな企業に応募するにしてもビジネスマナーは必要です。

当たり前のビジネスマナーを当たり前にできていることが必要です。

自信の実績を数値的にアピールできている

次に、自身の実績をアピールする際に、数値的にアピールできていることが必要です。

数値的にアピールできないと、どれだけ頑張ったと言っても伝わらない可能性が高いです。

事前に数値化できるものは数値で具体的に話せるように準備しておくことが必要です。

数字で表現できないものはプロセスや実例で解説できている

しかし、数値で表せないものもあるかと思います。

その場合は、どのようなプロセスでその業務に取り組んで実績をあげたのか

具体的にはどんな業務だったかを実例ベースで具体的に語ることができるように準備しておくことが必要です。

自分の強みを募集先の職種とリンクできている

これら、過去の実績は自分の強みになりますが、強みを語るうえで応募先が求める仕事内容とつながりがあるものをアピールできていることが必要です。

全く関係ない実績をアピールしてもあまり面接官に響きません。

しっかりと応募先の職種とリンクできていることを意識しましょう。

弱みがあり、克服する努力を語ることが出来る

誰にでも弱みはあります。

弱みを語ることは大切なことですが、それと合わせてその弱みをどのように克服する努力をしているのかを語れるようにしましょう。

未経験の仕事も自分なりに努力した経験を語れる

新しい仕事をするときに、どのようにその仕事にチャレンジしたのか、自分なりの努力の経験を語ることが出来るように準備しておきましょう。

志望企業の職種について十分に研究している

応募先の職種について、なぜその職種に転職したいのか十分に研究しておく必要があります。

これは志望動機だけでなく、これまで説明してきた自己PRについても応募先の職種に合わせたアピールが必要になるためです。

必ず応募先の仕事がどんなものかは事前に研究していくようにしましょう。

どんな質問にもプラスな回答ができる

転職をするということは、今の会社にそれなりに不満があると思うのですが、マイナスな回答をしても全くいいことはありません。

どんな質問が来ても、プラスに回答できるように意識しておきましょう。

自分を客観的に評価できている

自分を客観的に評価して、強みと弱みが分析できている必要があります。

独りよがりな自己PRになっていないか、注意しましょう。

冷静に質問に対して回答できている

意地悪な質問をされることもかなりあります。

例えば、「キミは正直いらないなぁ」なんて冷たい質問をわざとされることもあります。

どんな質問が来ても、冷静に回答できるようにしておきましょう。あせってはいけません。

採用内定が出にくい人

次に、内定が出にくい人についてです。

これは採用内定が出やすい人の裏返しでもあるのですが、特に以下のような特徴がある方は内定が出にくいです。

真剣に話せば熱意は伝わると勘違いしている

真剣に話しても、論理が伴っていなければだめです。

アピールポイントは、実績ベースや数値ベースで語れるようにしておきましょう。

熱意や真剣度は大切ですが、それよりも論理的な回答が必要です。

スキルや実績があればOKと思っている

ただスキルや実績があるだけでなく、それを説明し、応募先の企業で生かせることを端的に説明できる必要があります。

応募条件を満たしていない

これは、そもそもダメな例です。

応募条件を満たしていない場合、採用されるわけがありません。

ただし、応募条件の中にも必須なものと推奨なものがあり、推奨なものについては満たしていなくても採用されるケースもあります。

説明が回りくどかったり一貫性がない

説明は論理的に簡潔に回答することを心がけてください。

一貫性が無いのは、そもそも嘘をついていることを疑われてしまいます。

面接官の質問の意図を理解して回答できていない

なぜ面接官がその質問をしてきたのか、意図を解釈して回答できるようにしてください。

意図を理解せずに回答するのは、自頭が悪い事を疑われてしまいます。

マイナスなことやネガティブなことを面接で話してしまう

マイナスなこと、例えば上司の悪口などを面接では話してはいけません。

会社の悪口もダメです。今の会社に何かしら不安があるのは理解できますが、すべてプラスの方向に話すことを意識しましょう。

自己分析が足りていない

自信の強みや弱みが明確になっていないと、面接で自分をアピールすることができません。

自己分析はしっかりと行ってください。

自分の将来についてビジョンがない

自分がなぜ転職するのか。転職後はどのようなキャリアパスを描いていきたいのかを説明できなければ、行き当たりばったりな転職をしているのではないかと疑われてしまいます。

しっかりと自分の今後を考えたうえで、転職が最適であるということを考えたということをアピールしましょう。

遅刻する、ビジネスマナーが出来ていない

これは論外です。

遅刻やビジネスマナーが出来ていない人間が、仕事ができるわけがありません。

時間は守りましょう。またビジネスマナーも身に着けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です