「大手企業出身者必見!」転職に有利な点と不利な点

こんにちは!

この記事をご覧の皆さんは、大手企業に現在在籍しているかと思います。

転職市場を見てみると「大手出身者がほしい!」と感じている企業がたくさんあり、大手の皆さんは転職には非常に有利な状況なんです。

ただし、大手出身者にも特有の不利な点や、デメリットがあったりします。

今回は、大手出身者の転職に有利な点と、不利な点を解説していきたいと思います。

参考にしてねー

大手のノウハウがほしい企業や大手と取引を目指す企業に歓迎される

まず転職市場では、大手のノウハウが欲しい企業や、大手と取引を目指す企業に特に歓迎される傾向にあるようです。

特に、中小企業やベンチャー企業にこの傾向が顕著です。

どのように評価されているのか、ご紹介していきます。

基礎能力が高いと思われている

現在あなたが在籍している大手企業は、もともと倍率の高い採用試験が課されていたはずです。

それに合格しているということは、優れた教養があると期待されるわけです。

高度なノウハウ、スキルがあると思われている

大手企業だと、最新の技術に触れる機会が多いと思われており、大手ならではの先進的なノウハウやスキルを自社に取り入れたい会社に期待されているわけです。

大手企業の組織体系を理解している

これから大手企業と取引をしたい(特にベンチャー企業など)は、大手のカルチャーを理解している人間を渇望しています。

例えば、社内稟議や部長説明と言った大手特有の文化はベンチャーにはないわけで、このような文化を理解していると、大手との取引が円滑に進むと考えれれているようです。

コンプライアンス、法令順守意識が高いと思われている

社内の法務部門がしっかりしている大手企業出身者は、コンプライアンスや法令順守意識が高いと思われているようです。つまるところ、真面目な人間が多いだろう!と思われているようです。

大手のプライドを捨てられず、転職できない

さて、このように中小企業、ベンチャー企業から評価されている大手出身者の皆さんですが、中小企業やベンチャー企業って、そもそも転職先の選択肢に入っていますか?

規模が小さく知名度が低い会社って、転職先の選択肢に入れにくいですよね。

「中小企業だと企業ブランドがなー」

とか

「中小に行っちゃうと今後のキャリアが心配だなー」

とかあると思うのですが

中小企業でもニッチマーケットで世界シェアを取っている会社がある事を忘れてはダメです。

例えば「楽天」などの有名企業も元は中小企業だったわけです。

現在の企業の知名度や規模よりも、今後の成長性で会社を選ぶと、良い転職につながる可能性が高まりますので、ぜひ選択肢に入れることを推奨します。

大手企業出身者が転職で失敗するケース

次に、大手企業の出身者が転職で失敗しがちなケースをいくつか紹介していきたいと思います。

自信があるので面接対策がおろそかになる

まず、大手出身者の皆さんは、書類選考にとても通りやすい傾向にあります。

おそらく、志願した会社の書類選考にはほとんど通過してしまうと思いますよ。

ただ、よくあるのが面接対策をあまりしないケースです。

このため、面接に進んでも志望動機や、会社を辞める理由などをうまく説明できず、意欲がないと採用を見送られるケースが多い様です。

面接対策は、新卒の就活同様にとても大切ですので、ぜひしっかり対策していってくださいね!

経験の幅が狭いことにより評価されないケースがある

大手企業は中小企業と違って業務が細分化されていますよね。

細分化された業務の一部しか経験していないので、幅広い業務を任せたい求人の場合評価されない事があります。

ただこれは裏返しで、ピンポイントで転職先の仕事にマッチするととても評価されます。

なので、このパターンは「仕方ない!」と割り切るしかないと思います。

個人の力を評価されにくい

例えば営業の方など、高い売り上げ実績を上げています!とアピールしたとします。

しかし「売れたのは会社のブランドのおかげでしょ!」と面接で言われてしまうこともあります。

このような質問は頻繁にあるようですので、これは面接対策をして切り返しを準備しておいてください。

その他、失敗しやすい事

そのほかに、こんなことが失敗しやすいようです。

なぜ大手を辞めるのか、退職理由がうまく説明できない

あるあるだと思うのですが、なぜ今の会社を退職したいのか、理由をある程度作って面接に行くのですが、深堀して質問されるとうまく回答できないケースが多いようです。

なぜ今の会社を辞めて、転職志望先の会社に行きたいのか、しっかり説明できるように準備しましょう。

大手と同様の年収や福利厚生を保証できず、採用が見送られる

内定を頂けた後に、待遇の意識合わせの場があるのですが、大手同様の待遇を中小企業では出すことは難しいケースが多いようです。

このため、待遇が保証できず、採用が見送られてしまうパターンが結構あります。

せっかくなので、転職先の会社は吟味したいところですが、ある程度妥協点は考えておいてもよいかもしれませんね。

転職に対して家族の反対を受けやすい

これが一番問題だったりします!(笑)

家族は大手から転職するということに対して、結構反対しそうですよね。

ちゃんと家族会議を開いて、納得していただけるよう説明しておくことをお勧めします。

以上です、大手の方参考になさってくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です