【職務経歴書】保有している資格を明確に記載してアピールしよう

こんにちは!

転職する際にアピールしたいポイントとして、業務歴とあわせて、保有している資格がありますよね。

今回は、職務経歴書に保有資格をどのように記載するべきかを解説していきます。

【保有資格】と見出しを立てて職務に関する資格をアピールしよう

まず、現在保有している資格があれば、必ず職務経歴書に記載しましょう。

【保有資格】といった形で見出しを付けて、箇条書きで書いていくとよいです。

例としてこんな感じです

【保有資格】

・秘書技能検定 x級

・日商簿記 x級

・TOIEC xxx点

※なお、TOIECについては現在xxx点を目標に勉強中

※また、〇〇という資格を学習中。〇月に受験予定。

ポイントとしては、現在勉強中である資格については、現在勉強中である旨を記載する事です。

具体的に試験日や取得目標とする時期が決まっている場合は、それを記入することで情報の信ぴょう性が上がります。すでに試験が終わって結果待ちである場合は、予想点数から合否の可能性を記入してもよいかと思います。

これによって、多少アピールすることが出来ます。

ただし、転職先に関係のない資格は書かない

たとえば「SE」として転職したいのに、保有資格に「一級建築士」なんて書いてあったとしたら、人事に間違いなくこう言われますよね

「あなたは、いったい何がしたいんですか?キャリアプランを教えてくださいよ」

少し極端な例ですが、ポイントとしては、アピールできそうな資格だけを記載していく事です。

税理士や社会保険労務士、司法書士などの資格は会社で生かすことを示す

これらの資格は、将来的に独立を視野にいれて取得する人が多いので、記載する際は少し検討したほうがいいです。

採用してもすぐに退職してしまうのではないかということを懸念する採用担当者もいます。

なので、記載する場合は明確に応募企業で仕事に打ち込んでいく旨や、資格の知識をどう生かしていくかをアピールしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です