あなたの経験を探られる!Googleも採用してるSTAR面接とは!?

こんにちは!

突然ですが、STAR面接という言葉、ご存知ですか??

STAR面接とは、Googleも採用している新しい面接手法の事です。

最近企業の面接で、通常の面接手法では応募者の資質や能力がわかりにくいという評判がたかまり「STAR」面接という「行動面接手法」が主流となってきています。

googleも採用しているこの手法は、企業が求人者の過去の行動特性を聞き出すことで、将来の行動パターンを予測するというものです。

通常の面接よりも対応が難しいと言われているこの「行動面接手法」で面接されることを想定して準備しておけば、他の候補者に対してぐっと差をつけることが出来ると思いますよ!

よって、今回はSTAR面接とは何か!?を解説していきたいと思います。

STAR面接の「STAR」とは?

まず、STARとはなんでしょうか。

以下の頭文字をとったものになります。

Situation(経験した状況は?)

Task(経験した職務は?)

Action(その時の行動は?)

Result(結果は?)

Situation(経験した状況は?)について

そのプロジェクトでの経験はどんな状況だったかを問われる質問です。

これまでの職場での環境や、求められてたプロジェクトなど、具体的な職務内容の状況を詳しく説明する場面です。

ただ、具体例は必要なのですが、だらだら話すのではなく、短く簡潔に説明するようにしましょう。

予想される質問としては、以下のようなものがあると想定しておきましょう。

・どんなきっかけでそのプロジェクトを始めたのか?

・そのプロジェクトの目標は何だったのか?

・目標はチャレンジングなものだったのか?

・チームの構成はどんな構成だったのか?

・周囲の意見はどのようなものがあったか?

Task(経験した職務は?)について

そのプロジェクトでは、あなたは何を担当したか?が問われます。

状況に対して、どのようなタスクや職務内容だったのか、何を担当したのかを詳しく説明する場面です。どのようなプロジェクトに何年間従事したのかなどをあなたの行動特性や思考特性を見抜くために質問します。

想定される質問としては以下のようなものがあることを想定しておきましょう。

・チームの中でのあなたの役割

・何をするべきだったのか

・課題や工夫

・工夫すべき点や狙い

Action(その時の行動は?)について

そのプロジェクトでは、どんな行動をとったのか質問されます。

担当したプロジェクトに対して、あなたがとった行動を説明する場面です。あなた

プロジェクトがグループ単位によるものだった場合でも、あなたがどのように貢献したのかに限定して話しましょう。

想定される質問としては、以下のような質問が考えられます。

・どんな行動をとったのか

・なぜそう考えたのか

・周囲への影響や意見はどうだったか

・次にしたことはなにか

・工夫したことはなにか

Result(結果は?)について

最後にそのプロジェクトでどんな結果を出すことが出来たかを問われます。

何を達成したのか、何を習得できたのか、どんな付加価値を生み出したのか、などプロジェクトの課題に対して対処した結果や成果を具体的な事例を用いて説明することが必要です。

想定される質問としては、以下のような質問が考えられます。

・結果はどうだったか

・改善点はなかったか

・何を学んだのか

・反省点はなにか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です