転職活動を開始する前に読んでほしい!転職のメリットとデメリット

こんにちは!

皆さん転職活動スタートしていますか?

「今の会社はいろいろ不満があるんだけど、俺どうしたらいいのかなー」

「働いても全然お給料出ないし転職したいとは思ってるんだよねー」

皆さん転職活動を考えるということはいろいろ仕事に対する悩みがあるということだと思うのですが、転職は人生の大きな転換期です。

転職することによる、メリットとデメリットを整理して、それでも自分が「転職するべき」という気持ちになりそうなのか、考えてみてもいいと思いませんか?

この記事は、転職することによるメリットとデメリット、転職を決断するための判断ポイントをまとめました。

みなさんの転職活動を決断する材料の一つになればと思っています。

それでははじめましょう!よろしくお願いします。

目次

勤務地に関するメリットとデメリット

メリット:通勤しやすくなる、希望した土地で仕事ができる

まず、転職時に勤務地を確認しておくことで、今の会社よりも通勤しやすくなるメリットがあります。

例えば「転職して地元に帰りたい!」であったり

逆に「東京に出ていきたい」といった希望を叶えることが出来るのが転職です。

通勤時間が短くなったり、希望した土地で仕事ができるのは転職活動の大事なメリットの一つだと思いませんか?

最近は転職して都内から地元に帰る人が結構多いらしいよ

デメリット:転勤を命じられる可能性がある

しかし、デメリットとして、転勤を命じられてしまう可能性があることを忘れてはいけません。

「転職の面接時は希望通りの勤務地に勤務することが出来たけど、そのあとすぐに異動になっちゃったよー(´;ω;`)」

なんてことがあったら転職をした意味がありませんよね?

転勤がどの程度発生する可能性があるのか。

あるとしたらどこに行く可能性があるのかは、採用期間中に明確にしておくようにしましょう!

収入に関するメリットとデメリット

メリット:給与がアップする、待遇面での向上を期待できる

転職することで年収あーっぷ!したいというのは

転職で実現したいことランキングで1位に入るんじゃないかと思います。

上手く転職活動がいけば、給与がアップすることは確かに期待できますよね!

いっぱい欲しいものあるからね!

デメリット:賞与、残業手当、福利厚生がなく総支給額が減る

確かに給与はアップするかもしれませんが、残業手当って出るんですかね?

あと、ボーナスの額面はどうでしょうか?

福利厚生で住宅補助とかどうですかね?仮に毎月3万円もらえたとしたら結構年収変わってきますよね。

このような給与以外の部分をしっかりと確認しておかないと

「転職して年収ダウーンでした!(´;ω;`)」

ということになりかねませんよ。

結構確認しにくい部分だから、内定をもらった後に聞いてみてもいいかもね

休日・勤務時間に関するメリットとデメリット

メリット:年間休日が増える!!

次に、転職することで休みが増えるメリットがありますよね。

今の会社は全然休み取れないんだよねー

安定した生活が期待できる

休みが増えると、ワークライフバランスが充実するので、趣味の時間が増えますよね。家族と旅行に行ったり、家の手伝いをしたり、自分の趣味に没頭したり、安定した生活が期待できるのがメリットだと思います。

デメリット:残業や休日出勤が多い

転職先の会社、残業とか休日出勤ってどれくらいありそうですかね?

この辺りをよく確認しておかないと

「制度上休みは多いけど実際は全然休めないよ!(´;ω;`)」

となってしまいます。

残業や休日出勤の多さについては、転職口コミサイトが参考になるかと思います。

転職口コミサイトを活用して、このようなデメリットが発生する可能性が少ないかを確認しておきましょう!

適当な情報に注意!転職口コミサイト利用時の注意点と正しい使い方

仕事内容に関するメリットとデメリット

メリット:面白そう、やりがいがありそう

転職先の仕事内容、転職サイトの求人欄を見てみたら面白そうなものって結構ありますよね!

現職では就けないポジションにつくことができる

今の仕事だと平社員けど、転職したら部下がつくぞ!

とか

今は下請けの立場たけど、転職したら親会社の立場になれるぞ!

とかありますよね。

ポジションアップするわよ!

働きたい業界・業種で仕事ができる

今話題の業界や業種で仕事が出来て、これから将来性が期待できそうだ!

とか、この職種に行きたいから楽しそうだ!とかありますよね。

スキルを高めることが出来る

転職先の仕事内容が魅力的だと、自分のスキル向上にも繋がり、市場価値の高い人間に成長できそうですよね。

デメリット:想像していた仕事と違う。経験が通用しない

しかし、デメリットとして求人欄に書いてある仕事がすべてではないということがあります。

やりたいことをすぐにできるとは限らない

まず、求人欄に書いてある仕事ってすぐに任せてもらえるんですかね。

まずは雑用のような仕事を任されたりしないですかね。

「転職したけど仕事全然たのしくなーい(´;ω;`)」

とならないように注意する必要がありますよ。

このようにならない為には、面接が終わって待遇を確認するタイミングで、これから配属になる部署の人に話をさせてもらえると、ある程度明確になります。

人間関係に関するメリットと注意すること

メリット:現状の人間関係をリセットできる

「今の上司とは馬が合わないやー」

「社内のドロドロした関係をリセットしたい!」

といった人間関係の悩みは転職によって解決できそうですね!

デメリット:配属先でどうなるかはわからない

仮に、面接官が楽しそうな人だったとしても、その人と一緒に仕事をするんですかね?

配属先の人間関係がどうなるかって、正直転職してみないとわからないですよね。

なので、人間関係の悩みで転職を考える場合は、本当に転職しないと解決できないのかをよく考えた方がいいと思います。

その他1:配属当初は新人としての自覚が必要になる

配属当初は、当然新人です。今の会社ではある程度ベテラン社員として活躍していたとしても、転職先では新人としてふるまっていく必要があります。

ある程度腰を低くして、周りの人間に接していかないと

「なんだあの面の皮の厚いやつは!!」

と言われてしまい、転職先でも人間関係に悩みかねません。

ここは気を付けましょうね。

その他2:配属当初はよそ者扱いされる可能性がある

配属当初は、当然よそ者なわけで、冷遇されてしまうリスクも考えられます。

その他3:社内の人脈を一から作る必要がある

今の会社だと、いろんな部署に知り合いがいて、わからないことがあったら人脈で解決することができると思います。

でも、次の会社では一度人脈はリセットされてしまいます。

新しく人脈を作っていくということが必要になることを頭にいれておきましょう。

職場環境に関するメリットと注意すること

メリット:良い労働環境で仕事ができる

例えば、転職先のオフィスがきれいだったりすると、良い労働環境で仕事ができますよね!

デメリット:使い慣れたシステムや設備が無くなる

勤怠管理のシステムなど、普段使い慣れているシステムが全く違うのものになります。

あと、そもそも職場環境が変わるというのは結構ストレスがたまるものです。

使い慣れたシステムや設備が無くなると、一から覚えていく必要があることを認識しておきましょう。

評価に関するメリットと注意すること

デメリット:自分の強みを正しく評価してくれない可能性がある

今の会社ではある程度正しく評価されていたとしても、次の会社でよい評価を得られるとは限らないですよね。

求められるスキルをすぐに発揮できない場合、厳しく評価される可能性がある。

転職者は基本的にある程度の即戦力性が求められます。

求められたスキルがすぐに発揮できないと、厳しい評価をされ、さらに厳しい会社の場合はクビになる可能性があります。

以上!メリットとデメリットでした
何か転職怖くなってきたよー

本当に転職するべきなのか!?

「本当に転職するべきなの??」

「何かリスク多くない!?」

と考えられると思いますが、自信が転職したい理由を明確化し、それが転職でしか解決できない悩みであれば転職するべきだと言えます。

具体的にはこちらのページで、解説しますので併せて読んでみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です