「転職理由」は前向きに「志望動機」に置き換えられるようにすることが大事

こんにちは!

突然ですが、転職理由って正直に話したらネガティブですよね。

「会社の雰囲気と合わない」

「休みがとれない、さび残が多い」

こういった理由で転職する人も多いと思います。

しかし、退職理由は面接の場ではもう少し前向きに「志望動機」に置き換えることが出来るような内容で説明しておくのがベストです。

退職理由を記述するときの注意点

採用担当者は、退職理由を結構気にしています。

履歴書にも退職理由を書く欄がある場合がありますが、一身上の都合などと書いておくのが無難です。

面接でもし退職理由について聞かれた場合はどうすればよいでしょうか?

その場合は、人間関係や労働条件といったネガティブな理由を述べるのは不適切です。

こういった仕事がしたいから転職するのです。

自分のキャリアパスとしてこのようなことを考えています。

といった志望動機とリンクするような内容で述べるのが適切です。

志望動機に担当者は注目する

中途採用の場合、志望動機欄は採用担当者が注目するポイントの一つです。

志望動機は応募者の能力だけでなく、今後の仕事に対する熱意にもつながるからです。

退職理由とリンクして、かつ漠然とした内容ではない応募先ならではの志望動機を考えておきましょう。

退職理由と志望動機はセットで考えるのがポイントです。

志望動機は応募先企業で貢献できることを念頭に置く

志望動機ですが

応募先の企業が安定してそうだから

とか

休みがたくさん取れそうだから

とか

研修が充実しているから

といった内容は応募者の個人のもんだいになってしまい、これでは採用担当者としては応募者が会社でその後活躍してくれるイメージを持てません。

なぜ応募企業なのか具体的な理由を記載するためには、応募企業の独自性や強みをしっかりと理解しておく必要があります。

よって、退職理由は、応募先の企業分析を行い、志望動機を考え、志望動機とリンクした内容で述べることが出来るように準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です