闇雲にすすめない!スケジュールを立てた転職活動が成功につながる

こんにちは!

突然ですが、転職サイトに登録はしましたか!?

転職サイトに登録すると、いろんな求人が来ますよね。

応募したくなる求人も結構あるんじゃないかと思います。

でも、応募する前にちょっと待ってください!転職活動のスケジュールは立っていますか?

 

転職活動を無計画に進めてしまうと、こんな悩みが発生しますよ!

「うーん第二希望の会社から内定出たけど、第一希望の会社まだ面接中なんだよな・・・どうしよう」

「内定出たけど、仕事忙しすぎて引き継ぎできねぇ!」

 

こんな悩みを出さない為に、転職はスケジュールを立てる必要があるのですが、

今回は転職のスケジュールを立てるために必要な、転職の流れの概要と、注意点を解説していきます。

それではさっそく解説していきますね!よろしくお願いします。

一般的に転職に要する期間は3か月~6か月程度

まず、一般的には転職活動は3か月~6か月程度で終了すると言われています。

新卒採用と違って短いよ

よって、3か月~6か月の間でスケジュールを立てるのですが、ゴールが今の仕事の繁忙期と重ならないようにすることをお勧めします。

繁忙期と重なってしまうと、引き継ぎがうまくできなかったり、退職するときに周りにかなり迷惑をかけることになってしまいますからね!

「飛ぶ鳥後を濁さず」が重要です。もしかしたら転職した後も今の会社の中の人にはお世話になるかもしれませんからね。

過密なスケジュールではなく、ある程度余裕を持つことをお勧めする

スケジュールですが、過密なスケジュールを立てるのではなく、ある程度余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

詳しくはこの後で紹介しますが、面接の予定がなかなか取れなかったり、内定が出なかったり、何かとうまくいかないものです。

よって筆者は、余裕をもって6か月目安でスケジュールを立てるのが良いのではないかと思います。

進捗状況により、スケジュールの見直しを行う

スケジュールを立てて、転職活動を開始した後の話になりますが、進捗状況をみてスケジュールの見直しをしましょう。

もし予定よりも早く終わりそうだとしたら、こっそり引き継ぎの準備なども進めていかないといけませんからね。

 

転職活動の流れ

次に、転職活動の大まかな流れについてご説明します。

大体こんな感じで転職活動は進むよ

求人情報の収集

まず、転職サイトや転職エージェントに登録して、求人情報を探すことが必要になります。

新卒と違い説明会などはない、自分で情報収集が必要

新卒採用の時は、合同説明会や個別会社説明会が開かれて、業務の内容や待遇について人事の方が教えてくれる機会がありましたが、転職活動ではありません。

自分で情報収集をして転職活動を進めていく必要があります。

転職サイトだけでは情報収集に限界がありますので、併せてエージェントを使うことをお勧めします。

複数の求人サイトやエージェントを利用することをお勧めする

求人サイトやエージェントについても1つづつ使うのではなくて複数利用することをお勧めします。

なぜなら、単純に選択肢は広い方がいいということと

特にエージェントに言えることですが、得意不得意、いいエージェント悪いエージェントがあります。

自分の行きたい業界があったとして、その業界が苦手なエージェントに支援をお願いするよりも

得意なエージェントにお願いしたいですよね。

よって、複数使ってエージェントの見極めが必要なのです。

応募書類の作成

次に応募書類の作成を行います。

必要な書類は「履歴書」と「職務経歴書」です。

職務経歴書が特に重要で

「こ、こいつは!ぜひうちに来てほしい!」

と人事に思われるようなものを作らなければいけません。

面接と同じくらい、この書類の精査が重要になります。

つまり、結構時間がかかるということだよー

求人情報の確認と合わせて、応募書類の作成精査も並行して進める

応募書類の作成には結構時間がかかりますので、求人を探すのと並行して行う必要があります。

求人を探して⇒応募書類を作成して とやっていると

求人が閉まってしまいますよ。

応募

応募先がきまり、履歴書と職務経歴書ができましたら、いよいよ応募です!

緊張するね!

応募時期はできるだけ集中させるとよい

応募のポイントとしては、応募時期はできるだけ集中させるということです。

最初に書きましたが「うーん第二希望の会社から内定出たけど、第一希望の会社まだ面接中なんだよな・・・どうしよう」という悩みは、応募時期がバラバラになることで発生しやすくなります。

よって、複数の会社を一度に応募することをお勧めします。

ただし、人気求人は応募が殺到するのでスピーディな決断が必要

応募時期を集中させるという記載と相反しますが、人気求人はすぐに締め切られてしますので、即応募しましょう。時期を合わせるとか考えていると終わってしまいます。

面接

書類選考が通過しましたら、いよいよ面接です!

在籍中の場合、有給を活用する

会社によっては18時以降や土日など、自分が仕事をしていない時間帯に実施してくれる事もあるようですが、基本的には面接の時間帯はあなたは業務時間中となります。

よって、有給を活用するしかありません。有給が使えない会社の場合はエージェントに相談して時間を時間外にしてもらうしかありませんが、基本的には有給を何とか取得して活動しましょう。

面接対策を怠らない

あと、大切なことですが面接対策が必要です。ノープランで行くと撃沈すると思ってよいでしょう。

自分の仕事に関する質問であればある程度回答できると思うのですが、志望動機や、会社を辞める理由、転職してどう成長していきたいのかについてはゴリゴリ深堀されます。

また、ケース面接やフェルミ推定を使った問題を、最近は外資系コンサルだけでなく一般企業でも出すことがあるようです。

ケース面接?フェルミ推定?

富士山を動かすにはどうしたらいいと思いますか?とか質問されるんだよ
えー無理だよ

ケース面接、フェルミ推定の詳しい話は別記事で解説するとして、あなたが面接に行く会社がどんな質問をするかは、事前にエージェントに聞けばおそらくわかります。

なので、エージェントに状況を確認して対策をするようにしましょうね!

内定

無事面接に合格すると内定です!

やったー!

即戦力が期待されるので、短期間での入社が期待される

新卒採用の場合、入社は決まって4月でしたが、中途採用は即入社が期待されます。

待ってくれる会社でも3か月程度、早い会社だと1か月後に来てくださいと言われてしまいます。

よって、ここから引き継ぎをして、年休消化をして、次の会社で働くといったイメージになりますが、基本的にバタバタになると思ってください。

以上!スケジュールでした!

6か月を目安にスケジュールを引こうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です