【中小企業出身者必見】転職での意外な強みを紹介

こんにちは!

この記事は、現在中小企業に勤務している方で、転職を検討している方に向けて書いています。

中小企業に勤務していると

「大手出身者よりも不利なんだろうなぁ・・・」

と思われるかと思うのですが、実はそうではないのです。

大手では経験できない経験を、中小企業に勤務されている皆さんは経験しています。

今回は、中小企業出身者の方が、転職市場でどのようなことが評価されているのかを紹介していきたいと思います。

では、始めていきましょう!よろしくお願いします。

幅広い業務を経験している

まず初めに、大手勤務の方に比べて中小企業の方は幅広い業務経験を行っている傾向にあります。

大手企業の場合、部門や部署が細分化されていることから、業務の一部のみを担当しています。

全体を通して業務ができる人は少ない傾向にあるようです。

一方で中小企業の方は業務が細分化されていないケースが多く、一人でいくつもの業務を行うことが多い傾向にあります。

もしこの記事をお読みのあなたが、広く複数の業務をこなしている経験があったり、一つの業務を広く一人でになっている経験がありましたら、それは大手企業出身者にはない強みになります!

ぜひ面接でアピールすることをお勧めします!

限られたリソースの中で工夫している経験

次に、限られたリソースの中で成果を上げている経験についてです。

大手企業の場合は、予算などが潤沢にあるケースが多く、何か課題があったら比較的「金で解決」の方向に流れやすい傾向にあります。

しかし中小企業の方は、金銭的にも人材的にも限られたリソースの中で成果を出さなければいけないケースがあると思います。

このように、限られたリソースをうまく活用して、一定の成果を上げた経験がもしあなたにありましたら、それは大きなアピールポイントになります!

ぜひ面接でアピールしてみてくださいね!

マネジメントの難易度が高いまたは、若くしてマネジメント経験がある

つぎに、マネジメント経験についてです。

特に急成長したベンチャー企業や中小企業に言えることだと思うのですが、若くしてメンバーをマネジメントした経験はありませんか?

大手の場合、基本的に若くしてマネジメントをすることは少ない傾向にあります。

また、仮にマネジメントをしたとしても、下につく部下が優秀なことが多く、特に指示をしなくても動いてくれたりします。

中小企業やベンチャー企業の場合、明確に指示をしないと動いてくれないメンバーがいたりしませんか?

もしあなたが若くしてマネジメント経験があり、しかも部下がそれほど優秀ではなかった。でもうまくマネジメントをして一定の成果を出すことが出来たなどの経験があれば、それは面接で非常に強いアピールポイントになりますよ!

ぜひ、アピールしてみてくださいね。

転職時に注意する事

ここまで、中小、ベンチャー企業の方が転職で強みになることを解説してきました。

しかし、中小の方が不利になることもあります。代表的なものがこちらです。

どんな会社で、どんな商品を扱っているか、面接官がよく把握していない

大手の場合、取り扱っている製品も有名なことが多く、特に説明が不要な場合が場合があります。

しかし中小企業やベンチャー企業の場合は、取り扱っている製品を採用担当者が正しく理解していないまま面接になるケースがあります。

自分が扱っている商品が「どんな商品だったか」「どんなサービスだったか」を最初に正しく説明できないと、その後に質問される「自分はどんな仕事をしていたか」という質問に対する回答が正しく伝わらない可能性が上がってしまいます。

よって「どんな商品」「どんなサービス」だったかわかりやすく説明できるように事前に準備しておくようにしましょう!

以上、中小ベンチャーに強みが必ずあるよ!
自分の強みを正しくアピールできるようにしようね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です