【決定版】UberEats(ウーバーイーツ)配達のデメリット・トラブルな口コミまとめ|事故・鳴らない

「ウーバーイーツを始めたいけど、良いことばっかり書いてあってちょっと怖い…」

「実際のデメリットも知ってから始めたい」

「自分に合うかどうかわからないから気になることもしっかり知りたい」

今話題のウーバーイーツ。大都市を中心に大勢の配達員の姿を目撃するようになりましたね。

そんな先輩配達員の姿に惹かれてウーバーイーツにチャレンジしてみたい!と思っても、本当に自分に向いているかがわからないと不安ですよね。

そこで今回は、ウーバーイーツの配達員として働く際のデメリットについてご説明いたします。

報酬が保証されていない

普通のバイトや給料のように、何時間働いたら必ずいくら稼げると言う保証はありません。

ですから自分でしっかりと目標金額を定めて、その金額達成のために何曜日の何時あたりに集中して稼ぐと決めて、自分で行動しなければいけません。

効率よく稼ぐためには、こちらの画像のようなクエストの活用を行なったり、効率的に働けるように自分で工夫が必要です。

交通費は支給されない

お店に料理を取りにいくまでの交通費は支給されません。

また、例えば埼玉県から東京都内に配達のために電車で移動してくるなどの交通費は全て自己負担です。

自宅から直接お店まで自転車で料理を取りに行く人も多いです。

どうしても電車やバスに乗らなければいけないなら、学校や会社の定期券内で配達するのも良いでしょう。

天候に左右される

大雨や大雪、台風の日は配達が困難です。

ですが事前に天気予報を調べておいて、「火曜日は大雨の予報だからあまり稼げない。だから月曜日に頑張ろう」などと予測を立てておけば、目標金額をキープすることはカンタンです。

雨の日に配達する場合は、防水グッズでバッチリ固めて事故に気をつけて配達しましょう。

・・・しかし、雨の日などは他の配達員が少なかったり、外出したくないので宅配のオーダーが多かったり稼げる時でもあります。

雨対策だけしっかりできれば実は稼ぎどきだと個人的には思っています。

配達バッグが大きく恥ずかしい

緑にデカデカと「ウーバーイーツ」!とプリントされたあの大きなバッグを背負って街中を走り回るのが恥ずかしいという人も多いようです。

あまり知られていませんが、配達する際はあのバッグでなくても良いんです。保湿・保温ができるバッグならなんでもOK。

わざわざバッグを購入するのもイヤだ!でも緑色の目立つバッグもイヤだ!と言う人は、防水バッグカバーを購入してかぶせるのもアリです。

一人で配達すると寂しくなる

他人とのコミュニケーションはほとんどありませんので、話好きの人は少し寂しくなるかもしれません。

ですがこれはもう仕方のないことです。

他のウーバーイーツの配達員と話をしたいなと思ったら、マクドナルド付近に行ってみることをオススメします。

マクドナルドはウーバーイーツでも注文の入りやすいレストランです。土日ともなれば料理を待つウーバーイーツ配達員で溢れかえっているので、待ち時間に情報交換できますよ。

肉体労働で体力的にきつい

自転車で配達する場合、普通のママチャリやシティサイクルで1日中フルで活動するのは大変です。配達5件めを過ぎたあたりで太ももが悲鳴をあげると思います。

逆に言うとダイエットが主な目的の方は、普通の自転車で配達し続ければめちゃくちゃ痩せられますよ。

「まずはおためしで」「1日2−3件をダイエットがてらに」という感じで行うなら問題ありませんが、しっかり稼働して稼ぎたいなら電動アシスト自転車などがオススメです。

交通事故のリスクがある

自転車やバイクで走る以上、交通事故には注意が必要です。ちなみに2017年中の交通事故発生件数は約47万件。1日に平均1287件もの交通事故が起きています。

ウーバーイーツでは2019年10月から、対人賠償・対物賠償保険の他、傷害補償制度も追加されました。

これは事前申し込みなど一切必要なく、配達リクエストを受けた時点から配達完了までの間に生じた事故について適応されます。

ウーバーイーツで補償してくれるのは「お店から配達先まで」です。

自宅からお店までの間や、配達先から帰宅するまでの間の事故は補償してくれませんので、自分で自転車保険などに加入する必要があります。

配達可能エリアが限られている

ウーバーイーツは日本全国どこでもサービスを展開しているわけではありません。

東京や大阪を中心とした大都市に限られています。

2020年4月現在のサービスエリアは以下のとおりです。

  • 東京都(23区・町田市・西東京エリアや多摩地区の一部)
  • 神奈川県(横浜市・川崎市)
  • 千葉県(市川市・船橋市・千葉市・習志野市・浦安市)
  • 埼玉県(さいたま市・戸田市・蕨市・川口市・草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市・所沢市・八潮市・三郷市・越谷市・川越市・ふじみ野市・富士見市)
  • 大阪府(大阪市・東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市・堺市・松原市・藤井寺市・高石市)
  • 京都府京都市
  • 兵庫県(神戸市・芦屋市・西宮市・尼崎市)
  • 愛知県名古屋市
  • 福岡県(福岡市・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・糟屋郡・久留米市・北九州市)
  • 広島県(広島市・福山市)
  • 岡山県岡山市
  • 愛媛県松山市
  • 香川県高松市
  • 宮城県仙台市

ウーバーイーツはどんどんエリアを拡大していますから、まだエリア範囲外という人も常にエリアのチェックをしておきましょう。

郊外エリアだとあまり稼げない

お店が集中する繁華街は稼ぎやすいですが、閑散とした郊外エリアは稼ぎにくいです。

郊外のエリアでウーバーイーツ配達員をしていて「もっと稼ぎたいなあ」と思ったら、都心部に出てレンタサイクルで稼ぐという方法もあります。

アイドルタイムは配達依頼が少ない

アイドルタイムとはランチタイムとディナータイムの間の時間帯のことです。

ウーバーイーツは料理を運ぶ仕事ですので、どうしてもランチタイムとディナータイムに配達依頼が集中します。インセンティブもこの時間帯の方が多いです。

14-17時くらいのアイドルタイムはどうしても配達依頼が少なく、待機時間が長くなります。

この時間帯に昼食をとる、一旦自宅に帰って昼寝する、勉強時間に充てるなど、自分にあった時間の使い方をして効率よく稼いでください。

配達のトラブルを解決しないといけない

料理をこぼしてしまった、時間どおりに辿り着けないなど、配達中のトラブルも1人で解決しなくてはいけません。

汁物はこぼれないようにネックピローやタオルで固定して左右に揺れない工夫をしましょう。

また配達先がどこだか分からない、部屋番号が記載されていないなど戸惑う場合は迅速にウーバーイーツのサポートセンターに電話をかけましょう。

サポートセンターに電話をすると、ほとんどのトラブルに対応してくれます。

しかしながら一度配達を請け負った以上、できる限り早く料理を届けなければいけません。配達が遅れればクレームにもつながります。

トラブルとその対応策については以下で詳しく説明しています。

将来に役立つ経験が乏しい

ウーバーイーツの配達員は誰にでもできる仕事なので、将来に役立つ経験とはなりにくいでしょう。でも他のバイトでも同じですよね。

ただウーバーイーツは、「稼ぐためにどうするか」「いつ動けばもっと稼げるか」など能動的に行動する練習になります。

また、ウーバーイーツは稼働時間が自由なので、勉強時間が確保しやすいです。予備校や独学で勉強している人には最適だと思います。

就活やインターンなどと組み合わせるのも、ストレス発散にもなるしお小遣いも稼げて非常に良いでしょう。

関連:【決定版】UberEatsの儲かる以外のメリット・おすすめな理由まとめ

関連:【報酬大幅増】UberEatsの仕事がコロナウイルスの影響でいつもより稼げる副業に|外出自粛・緊急事態宣言に運んで貢献

まとめ

自由で稼ぎやすいと評判のウーバーイーツですが、そのデメリットについてまとめました。

しかしこれらのデメリットは他のバイトでも起こり得ることばかりですし、ウーバーイーツのサポート体制も整っているためそれほど気にする必要はありません。

唯一絶対に気をつけなければいけないのは交通事故です。交通事故に遭わないよう、安全運転で稼いでくださいね。

人気記事

【報酬実績まとめ】時給換算でUber Eatsの配達報酬はいくらなのか?儲かるのか?【ウーバーイーツの料金システム】 【最新】コロナのいまUberEatsに新規登録すべきなのかを解説・儲かるチャンス?【配達パートナー】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です