【決定版】UberEats(ウーバーイーツ)が鳴らない・注文が入らない時の対策と効率的に注文を受ける方法

こんにちは!

この記事では、UberEats配達パートナーの「鳴らない」という悩みを解消するため

1.なぜ、鳴らないのか

2.どうすれば、鳴るようになるのか

3.鳴るまでの時間を短縮したり有効に活用するには

といったポイントについて解説しています。

配達員として仕事をするに当たりぜひ参考にしてみてくださいね!

なぜ配達依頼が鳴らないのか

まずはじめに、鳴らない原因としてよくある事象について解説していきたいと思います。

配達パートナー側の設定ミスが原因

まずはじめに、UberEatsの利用者はいるけど、配達パートナのミスにより注文が入らないケースについてです。

以下のようなミスをしていると配達依頼が「鳴らない」事になってしまいます。

アカウントが有効化されていない

初めて配達をする方の場合、もしかしたらこのケースに該当するかもしれませんが、そもそもアカウントが有効でない場合は、配達の依頼が鳴りません。

ウーバーイーツの公式HPの記載を引用しますと、以下の通りアカウントの有効化状態を確認することが可能です。

アカウントが有効になるのはいつですか?

アカウントが有効になると、Uber からテキスト メッセージとメールが届きます。

通知が届かない場合は、次のトラブルシューティングのヒントを実行してください。

– partners.uber.com のプロフィール ページにアクセスすると、アカウントの有効化に必要な残りの手順を確認できます。
– 必要な書類がすべてプロフィールにアップロードされていることを確認します。書類が受理されていない場合は、再度アップロードする必要があります。
– 必要な書類がすべて追加されている場合は、確認が完了するまで 48 時間お待ちください。
– 同意書に署名し、プロフィール写真を追加して登録を完了します。

サービスエリアの範囲外

サービスエリアの範囲外に出てしまいますと、当然ですが鳴りません。

アプリ画面上で自身の居るエリアがサービス範囲内であるかどうかを確認しましょう。

顔写真認証が発生している

アプリの不正使用の防止を目的に、アプリを起動すると数%の確率で顔写真認証を行ってくださいという案内が表示されます。

画面下部にアラートが上がりますのでわかるようになっていますが、この顔写真認証が完了していないとアプリをオンラインにしていても配達依頼が鳴りませんのでご注意ください。

スマホの回線に不具合が発生している

ドコモやAUにてトラブルが発生していると当然スマホにお客様からの配達依頼が届きません。また基本的には問題ないとのことですが、パケットを使いすぎてしまい通信速度が遅くなっている結果、スマホに通知が届きにくい状態になっているということも考えられます。

UberEats側の不具合の問題

次に、UberEatsの運営上に何らかのトラブルが発生しているケースです。

UberEatsでは、不具合の情報や新しいサービスに関する情報は以下の通り、公式ツイッタから案内がされる運用になっています。

よって、アプリの挙動が明らかにおかしい場合などは、公式ツイッターを確認してみることをおすすめします。

配達依頼が鳴りにくい状態になっている

そもそも、あなたが配達をしている時間帯が配達の依頼が鳴りにくい時間帯であるケースも考えられます。

ライバルが多い時間帯である

UberEatsはお客様の注文数と、待機している配達パートナの数によって、そもそもの割当母数が決定されます。よって、ライバルが多い時間帯に配達をしてしまうとそもそもあなたに注文が入る確率が下がってしまいます。

コロナの影響でいま、UberEatsに加盟しているお店はかなり増えていますが、配達員の数も非常に増えており、人気の時間帯は注文の取り合いみたいな感じになっているようです。

MEMO

余談ですが、この配達員が増えているということに起因して、高ブーストエリアに移動しても配達依頼が良く鳴るとは限らないという現象が今発生しています。

UberEatsの運営の目的として、高ブーストエリアは、UberEatsのお客様が多いため多くの配達パートナーにそのエリアで配達をしてほしいという意味がありますが、配達員が急増したことによっていまうまく機能していないようです。

注文が入りにくい時間帯、曜日である

UberEatsを利用するお客様が少ない時間帯や曜日を選択して配達をしても、当然ですがあまり配達依頼が鳴りません。

注文が入りにくい曜日とは、平日のランチ帯以外の時間帯など、食事の時間帯から外れている場合です。

また、コロナ前は金曜日の夜は、鳴らない時間帯でした。現在は自治体の飲食店に対する自粛要請や住んでいる人間の危機感によって左右されるため読みにくい状態になっています。

配達依頼を鳴りやすくするためには

次に、配達依頼を鳴りやすくするためにはどうすればよいのかということについてです。

AIに評価されるようになる

配達依頼が、よく来る人と来ない人というのは、実はあります。

UberEatsのアプリは、平等に配達パートナの人に向けて配達依頼を鳴らしているわけではありません。

なので、鳴りやすい人、鳴りにくい人というのが実は存在するわけです。

 

皆さんあまり意識していないと思いますが、そもそも誰に配達依頼を出すかを決めているのはUberEatsのAIです。

よって、AIに評価されるようなデータを残し続けると、よりほかの人に比べて多くの配達依頼を受けることができます。

 

具体的には、以下のようなデータをアプリ上で残し続けると、優良な配達パートナーだと評価されます。

評価ポイント

・ゴールドパートナ認定を受ける

・応答率を高く保つ

・顧客満足度を高く保つ(98%以上など)

・キャンセル率を低く保つ(5%以下など)

・受けキャンしない

配達経験数を増やす

いかがですか?

この様な実績を積み上げていくことで、データ上優秀で安定している配達パートナーだと評価され、他の配達パートナよりも優先的にオーダーを受けることができるようになります。

また、このような実績を積み上げていくためには、お客様とのトラブルを如何に少なく済ますか、トラブルが発生してもスマートに解決できるかのようなところがポイントになってきます。これはUberEats配達員としてだけではなく日々の仕事や私生活のためにも重要なことだと思います。

お金以外の目標もあったほうが配達も捗りますから、ゴールドパートナーに認定されることも目標の一つとして頑張ってみてはいかがでしょうか!!

関連:UberEats配達員によくあるトラブルとは?その対応方法とは?

良く鳴るエリアに移動する

自身の滞在しているエリアが、そもそも配達依頼が少ないエリアなのかどうかを確認するという方法もおすすめです。

Twitterで「ウーバー 横浜」などで検索し、全く鳴っていないのか、どこのエリアが鳴っているのかなどを調べて、良いエリアに移動していくという方法もおすすめです。

良く鳴る時間帯や天候の日に配達する

UberEatsを利用したいと、利用者の方が思う時間帯や天候の日に配達をすることで、良く鳴る日に配達ができます。

例えば、暑い日、寒い日は注文が多く入りますし、天気が悪い雨の日もおすすめです。

雨の日は、配達員の数も少ないですから、二重の意味でよく鳴る日なのです。

ただし、雨の日はちゃんと準備をしないと非常に配達していて不快ですし、事故の危険性もありますので、準備は怠らないように注意です。

 

関連:雨の日にUberEats配達員をする際の、おすすめ対策まとめ

 

また、時間帯としては

・昼:11:00~14:30

・夜:18:30~23:00

のような、ご飯時に配達をすることが当然ですがおすすめです。

現金配達を受け付ける

現金配達を受け付けている人は、やはり少ないので、現金配達OKにすると配達依頼が増えることがあります。

ただし、現金という持ち物が増え、小銭は地味に重たいのがデメリットなのと、受け渡しミスのリスクが増えるので絶対に受け渡しミスだけはしないように注意しましょう。

先程も記載したとおり、ゴールドパートナーを目指すべきなので、バット評価を受けないことが大切です。

複数のアプリで配達員になる

まだあまり浸透していませんが、配達員の仕事は、同じ時間に複数のアプリで掛け持ちしてバイトができるのです。通常の仕事ではありえないことですが、これができるのが配達員の仕事であり、待ち時間がかなり少なくなりますから効率的にお金を稼ぐことができておすすめです!

例えば、以下のようなサービスに合わせて配達員として登録しておくのがおすすめです。

didiフード

didiフードは、ソフトバンクと中国の企業の合弁企業が提供する、UberEatsに似たサービスです。

まだ今年の4月から配達員としての登録がスタートしたばかりで、現在は、大阪が配達員として活動可能なエリアになっています。

大阪で配達ができる人は是非一度チェックしてみてください。また今後どんどんエリア拡大が予定されていますので、東京やその他の地域も近いうちに配達員として登録ができるようになるでしょう!

リンク:didiフード

 

menu

menuは、日本のベンチャー企業が提供している、こちらもUberEatsに似たサービスです。

こちらもまだサービスが開始されたばかりで、今は東京都内が配達員として登録可能なエリアになっています。

テレビやYoutubeなどでもCMが出てくるようになってきて、利用者も増えて行きているようです。

都内で配達員をしている方は、このMenuとUberEatsを掛け持ちして、待ち時間少なく効率的に配達をこなすことをおすすめします!

 

リンク:menu配達員登録

まとめ

いかがでしたか?

効率よく配達するためには、AIに評価される実績を積み上げたり、注文が多く入るエリアに移動したり、注文が多く入る時間帯に配達することがおすすめです。

また、複数アプリの掛け持ちなども更に組み合わせることで待ち時間をできるだけ少なくして、時給アップを目指しましょう!

ぜひ参考にして効率的にお金を稼いでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です