【稼げる働き方】ライバルに収入の差をつけるUber Eats(ウーバーイーツ)配達員の働き方のコツ|儲かる確率UP

「ウーバーイーツ始めてみたけど思うように稼げない」

「時給換算でこれだけかよ…」

「稼いでいる人はどうやってる?」

ウーバーイーツの配達員はとっても稼ぎやすいのですが、最初はなかなかうまくいかないものですよね。

そこで今回は、ウーバーイーツ配達員で稼ぐためのコツを解説します。

この記事で解説しているコツを実践すれば、時給1000円を超えるのはカンタン。すでに1000円を超えている人はもっと時給が上がります。

ブースト倍率が高いエリアや時間帯を狙う

ブーストというのはエリアごとに1.5倍とか2倍とかが通常配達料金にプラスされるシステムです。これは時間帯によっても変わります。

例えば配達の多い11時〜14時は1.5倍ですが、14時〜17時は配達が少ないので1.3倍などです。

ブーストの倍率は事前に発表されているので、その日のブースト倍率を確認して最も倍率の高い時間帯に集中して配達すると効果的に稼げます。

クエスト報酬を活用する

配達回数に応じて、通常の報酬とは別の報酬がもらえる時があります。

このボーナスがあるときは、回数をクリアするだけで時給アップにつながります。

急にもらえるわけではなく、あと何回配達したらいくらもらえるかがアプリで確認できます。

クエスト報酬はだいたい4回配達で400円の時が多いですね。

例えば30分で1回配達できるとして、2時間で4回配達を完了したらボーナスで400円もらえます。

時給に換算すると200円アップしたことになりますね。

 

普通のアルバイトで時給200円アップって相当大変です。それこそ2−3年頑張って、お金の取り扱いや受発注ができるようになって、後輩の育成もして、ようやく200円アップってところでしょうか。

それに比べると4回配達しただけで時給200円アップするんですから、ウーバーイーツはカンタンに時給が上げられますね。

このボーナスがあるときはなるべく稼働しましょう。

チェーン店の近くにいる

例えば県内に1件しかない個人でやっているお店は、県内全域に配達しているかもしれませんよね。こういうお店の配達を受けてしまうと、最悪片道1時間かかってしまうことも考えられます。帰り道で配達依頼を受けられれば良いですが、なかなかそううまくいくものでもありません。

一方で、県内に50店舗ほど存在するチェーン店ならどうでしょうか?

お客さんもわざわざ自分の家から遠い店舗ではなく、近い店舗を選びますよね。1回の配達にかかる時間が短縮できますし、帰り道もそう遠くありません。効率よく何度も配達に回れます。

ですから、より稼ぎたい人はチェーン店の近くで待機して重点的に依頼を受けるようにしましょう。特にクエストで回数を稼ぎたい場合は店舗数の多いマクドナルドがオススメです。

配達依頼が重なったときは積極的に受けて稼ぐ

配達依頼を受けてお店に向かっている間に、さらに別の配達依頼が来ることがあります。同じお店からだったり、近隣の別のお店だったり。

そんなときはできるだけ受けましょう。

配達依頼が重なるときは、届け先が近いケースが多いです。

一気にたくさん配達すると効率よく稼げます。

配達先が近いケースが多いので、ついで感覚で報酬を稼げます。

というか物理的に配達できない位置では依頼は来ませんから、「複数の注文を受けたら待たせてしまってクレームにならないかな…?」なんて心配もしなくて大丈夫です。

けれどウーバーイーツに慣れていない頃に複数配達を受けると心理的にめちゃくちゃ焦ってしまうので、慣れてきてからにしましょう。

現在地から遠い注文依頼は行かない

現在地からあまりにも遠い配達依頼は思い切ってやめておきましょう。

ウーバーイーツ配達員の報酬計算に含まれるのはお店から届け先までの距離です。

ですから、自分がお店まで行く距離は一切関係ありません。ならできるだけ近いお店からの配達依頼を受けた方が効率よく稼げますよね。

あまりにも遠い場所や行きづらそうな場所は思い切ってやめておくことも覚えておきましょう。

雨の日に積極的に配達する

雨の日は晴れの日に比べて報酬倍率が高いことが多いです。

晴れの日は1.1倍なのに雨の日は1.3倍とかそれ以上になることもあります。

これは推測なのですが、雨の日は外出したくないから注文が増えることと、ウーバーイーツ配達員もあまり稼働しなくなるためだと思います。

雨の日は報酬倍率も高い・注文も多い・ライバルも少ないととても稼ぎやすいので、防水グッズを揃えて雨の日に積極的に配達しましょう。

繁華街の中心を避ける

繁華街はお店が多くて配達がよく入りますが、お店にたどり着くまでに人通りが多く身動きがしづらいことも挙げられます。

距離が近くても人の多さが障害になり、ムダに時間がかかってしまいます。

繁華街から少しだけ離れたお店ならムダなく安全に配達できます。

繁華街の中心は避けましょう。

店が多い場所で待つ

配達はお店から呼ばれてスタートとなります。ですからお店から遠い場所で待機しているとなかなかウーバーイーツを開始できません。さらに移動時間もかかるので待機時間が長くなってしまいます。

ウーバーイーツは1回いくらという仕組みですから、待機時間をいかに短くするかで稼げる額が決まります。

そう考えると近くにお店が10店舗しかないエリアよりも、50店舗がひしめき合っているエリアでスタンバイしていた方が5倍効率よく稼げることになります。

お店が集中しているエリアを狙いましょう。

困ったらすぐにサポートに電話する

届け先の住所が途中までで配達できないとか、ピンが刺さっているところが駐車場だったりとか、とにかく無事に配達できないと思ったらすぐに電話をしましょう。

電話をしたらタイマーが作動するので、最悪10分でキャンセルできます。

1人で考え込んでいるとどんどん時給が下がってきてしまうので、早い段階で電話をしてタイマーを作動させましょう。

現金払いで稼ぐ

ウーバーイーツ配達員はクレジットカード払い専門家、現金払いも受け取れる人かに分かれます。

稼げるウーバーイーツ配達員になるなら絶対に現金払いも受付しましょう。

未だに現金主義の人も大勢いるので、現金払い受付にしておくとどんどん配達依頼が入ります。

確かにお釣りの用意や受け渡しの際の計算など面倒な作業は増えますが、それを差し引いても効率よく稼ぐことができますよ。

自転車等のメンテナンスをしておく

ウーバーイーツで使う機器は定期的にメンテナンスをしておきましょう。

自転車の調子が悪くてスピードが出なかったり、ブレーキが効きにくかったりすると時間も取られますし効率も下がります。

普段以上に疲れもたまるし、やる気もダウンして報酬も下がりかねません。

また自分の体のメンテナンスも怠らずにやりましょう。

ウーバーイーツを始める前にストレッチで体をほぐし、終わった後もストレッチをしましょう。体がダメになると途端に稼げなくなります。自分の体をしっかり労りましょう。

交通事故に気をつける(保険に加入する)

ウーバーイーツは職業柄、交通事故の危険性を捨て切れません。

商品も大事ですし時間も大事ですが、まずは交通事故に遭わないように心がけましょう。

ウーバーイーツで配達中に事故を起こした場合、Uber Japan社から対人・対物賠償責任の保険が自動付帯され、事故にあった人のために保証金やお見舞金などの傷害補償が自動付与されます。

しかし事故で自分がケガをして、そのあと働けない期間の補償はありません。ウーバーイーツで家計を支えている人は所得補償保険に入ることも考えておきましょう。

まとめ

ウーバーイーツで稼ぐためのコツをお伝えしました。

ウーバーイーツで稼ごうと思ったら、効率よく配達できる方法を考えて行動することです。

自分のやり方によって収入が増えて時給もアップするのがウーバーイーツの良いところですね。

アルバイトをしていてもなかなか時給は上がりません。でもウーバーイーツなら自分のやり方次第でどんどん時給が上がります。

この記事の内容を参考にして、ぜひ収入を増やしてください。

人気記事

【報酬実績まとめ】Uber Eatsの配達報酬はいくらなのか?時給換算の収入はいくらなのか?【ウーバーイーツの料金システム】 【最新】コロナのいまUber Eatsに新規登録すべきなのかを解説・儲かるチャンス?【配達パートナー】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です