【雨対策】雨の日にUberEatsを快適に配達する為のおすすめ対策まとめ【雨クエ】

梅雨の時期が近づいて、段々と天候が不安定な時期になってきますね。

外にいる時間の多いウーバーイーツの配達員のお仕事は、天候や環境によって左右されるお仕事です。

そこで今回は現役配達員の筆者が実践している雨対策やおすすめグッズをご紹介します。

これから配達員を始めたい方や雨の日の稼働を検討している方は是非参考にしてみてください。

雨の日のメリット

配達件数を多くこなせる

雨の日は稼働する配達員は晴れている時よりも少ないです。

そのためいつも分散されている配達リクエストが多く回ってくるという利点があります。

また、雨の日は注文数もいつもよりも多くなります。

やはり買い物に行くのも外食をするのも雨の日は躊躇しがちになりますよね。

注文需要が多く配達員が少ないことで、いつもよりも配達件数を稼げる可能性が高いです。

当然報酬もアップします。

雨クエストがある

雨の日は配達員の負担もあることから、追加ボーナスとして雨の日クエストというのが発生することがあります。

これは1日の決められた時間内に一定の配達件数を稼ぐとインセンティブがもらえるというものです。必ずしも雨の日に発生する訳ではないので、ウーバーイーツ運営側からのオファーやアプリを開いて確認する必要があります。

雨の日のデメリット

 スリップの危険が高まる

晴れのときと違い道路が雨で滑りやすくなるので、いつも以上に慎重に運転する必要があります。特にマンホールや段差に注意しましょう。

レインコートやハットなどで視界も悪くなりやすいので、スピードを出しすぎないように気をつけましょう。

ロングピックの依頼数が増える

注文の多い時間帯に配達員不足になることで、やや離れているピックアップ先(レストランなど)から依頼が来ることもあります。ロングピックとは今いる場所からピックアップ先までの距離が長いことで、この移動時間や距離は報酬に含まれません。そのためロスタイムができてしまうので自分の許容範囲の時間を超えてる場合は、依頼を拒否するのも手段の一つです。

雨の日に準備しておくべきもの

レインコート

雨の日の稼働には欠かせないものナンバーワンです。

レインコートのタイプはいろいろありますが、フード付きの上下セットのものがおすすめです。

ポンチョタイプで配達バッグごと被せられるものもありますが、乗り降り回数が多い配達業務には着脱がやや不便かもしれません。

とりあえず雨の日に配達してみたいという方は、安価なレインスーツがおすすめですが、雨の日の旨味を最大限に生かして活動したいという場合は、高いですがゴアテックスのセットアップをおすすめします。汗で蒸れたりせず、快適性が段違いですので雨の日の配達がとても快適になります。ゴアテックスはモンベルが安価で定評があります。

レインシューズ

雨量の多い時は足元もレインシューズやマリンシューズを着用しましょう。長めのブーツは水溜りでも怖くないです。靴裏が滑りにくい物を選ぶようにしましょう。

防水帽子

自転車に乗って配達していると、雨が前から来ますので、ゴアテックスのフードだけですと完全に防げなかったり、雨が目に入って視界が悪くなっていまい危ないということがあります。

なので、ゴアテックス素材のつば付きの帽子を被ることである程度軽減することが出来ます。

 

防水スマホケース&スマホホルダー

雨の日はスマホの画面も見にくくなるのとダメージを防ぐために防水カバーをつけましょう。

スマホホルダーに対応している防水カバーか、防水カバー付きのホルダーを選ぶといいでしょう。

速乾スポーツタオル

レインコートやバッグについた水滴を吹くために一枚あると便利です。

シューズカバー

簡易的に普段の靴を防水仕様にできます。小さく畳めるのでカバンに携帯しておくと便利です。

◆まとめ

いかがでしたでしょうか?

雨の日は大変な部分もありますが普段よりも稼げるチャンスでもあるので、

なかなか成果を感じられない方は検討してみてください。

体調管理に気をつけながら、無理のない範囲で稼働しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です