【最新】コロナのいまUberEatsに新規登録すべきなのかを解説・儲かるチャンス?【配達パートナー】

コロナウイルスで世の中が大変な状況ですが、UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーのニーズは非常に高まっています。

 

コロナ期間中だけど、今からUberEats配達パートナに登録してみようか考えている。

コロナの影響を踏まえたUberEats関連の最新の情報を探している。

この記事はこのような悩みをお持ちの方に向けて記載しています。

 

飲食店のUberEats登録が急増しておりUberEats配達員はこれからのコロナと共生する時代には必要不可欠な存在になりつつあります。

配達をする際は自身が感染者にならないように、予防に関する配慮は必要ですが、食品の配達パートナーはいま世の中に必要とされているお仕事です。

我々一般人としては、UberEats配達パートナーになることで小さな子どもやお年寄りが外食に行くリスクを減らしたり、大勢の人が食糧の買い出しに出かけることの抑止の一役を担うことができ、コロナウイルスの感染拡大に貢献できるのではないでしょうか。

今からUberEats配達員に登録して儲かるのか

いま、外出自粛要請により、外に買い物に行かずフードデリバリーを利用する人が急増しています。

東京都内のタワーマンションがある地域はこれが特に顕著で、多少高くても配達してもらおうと考えている人が多いようです。

こちらの画像を見ていただければ分かる通り、都内のヒートマップ(需要の高まりによるボーナスインセンティブ)がすごいことになっています。

ヒートマップは通常、このように全域に出ることはあまりなくて、例えば新宿や渋谷等明らかに配達のニーズが多いエリアに限定されて出ます。

しかし現在は、勿論時間帯にもよりますが、この画像の様に東京全体にかかるようにヒートマップが表示されておりどこで配達してもボーナスのインセンティブがもらえるような状況になっている時間帯があります。

よって、通常時よりもボーナスを獲得しやすい状態となっています。

 

配達パートナーの人は、コロナ後にかなり増えたようですがそれでも、配達員が足りない地域は全然足りていないようです。

 

利用者側としても、Uber Eats配達パートナーが少ないというツイートが出ています。

 

感謝されるケースも有るようです。(最近はアプリ内にチップ機能がリリースされており、チップが貰えて嬉しいという声もよく聞こえてきます。)

 

コロナで他の配達員はどれくらい稼いでいるのか

Uber Eats配達パートナーがどれくらい稼いでいるのかTwitterで報告している人がたくさんいますので、参考で紹介します。

 

28.5時間:50273円(時給換算:1763円)

 

11時間:14000円(時給換算:1272円)

 

5時間:6300円(時給換算:1273円)

 

9時間:12000円(時給換算:1349円)

 

3時間:3000円

 

4時間:6500円(時給換算:1600円)

 

いかがでしょうか??

大体皆さん、時給換算で1200円は超えていますね!

効率的にできると時給換算で1700円を超えている人もいますし、結構稼げると言えるのではないでしょうか。

なお、詳しい報酬の計算方法や配達報酬の詳細が知りたい方は、以下のページに詳細をまとめていますので併せて読んでみてくださいね。

 

関連:時給換算でUber Eatsの配達報酬はいくらなのか?

 

今から配達パートナに登録できるのか

このコロナウイルスの影響は、アメリカや中国の状況を見るに少なくとも数ヶ月近く続くと思われます。よって今から登録をしても十分に間にあいます。

学校や会社が休みになってやることがない人や金欠な人は、ぜひUber Eatsに登録してみてください。

なお、配達用のアカウントを作成すると、通常はパートナーセンターに一度行き、本登録をするという手続き必要があるのですが、現在はコロナウイルスの関係でメールだけで手続きを済ませることが可能になっています。

配達用のバックについては、通常はパートナーセンターで購入するのですが、現在はAmazonで購入することになっています。

登録の手間がなくなっているという意味では、配達パートナーにとってはメリットだと思いますで、金銭的にも、登録の手間的にもウーバーイーツをやるなら今がチャンスです!

リンク:Uber Eats公式サイト

 

関連:【5分で登録】コロナ期間中のUberEats登録手順を全解説

関連:UberEats配達員の仕事が捗るおすすめな持ち物【ベスト22選】

コロナ期間中のUberEats関連ニュースまとめ

以下、配達パートナーに関係する世の中のニュースについて、ポジティブなものからネガティブなものまで含めてまとめていきます。随時更新しますので、この期間中に配達パートナをやってみるかどうかを判断する材料にしてください。

UberEats公式ニュース

Uber Eats、配達パートナー向けベネフィットを拡充

UberEatsは、配達員への福利厚生拡充を目的に、「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」に賛助会員として加盟することが決定しました。以下の通りサービスや補償を受けることができるようになるようです。

6 月以降、同協会が特別に提供するベネフィットプランをご利用いただけるようになります。ベネフィットプランには、配達してから注文を受けるまでの待機時間や、稼働外である日常生活の万一の事故などをサポートする傷害補償なども含まれ、Uber Eats が提供している配達パートナー向けサポートプログラムに加えて補償を受けることが可能です。

引用元:UberEats公式HP

Uber Eats で PayPay がご利用可能に

支払い方式にPayPayが使えるようになったことで、現金受け渡しによる感染リスクも減ったかもしれませんね。

Uber Eats の新たな決済方法として、5 月より PayPay でのお支払いが可能となりますのでお知らせいたします。5 月 4 日以降に大阪府と京都府、5 月 8 日以降に東京都、千葉県、埼玉県を除く全てのサービス提供エリアでご利用いただけるようになり、さらに、5 月 15 日には東京都、千葉県、埼玉県で利用できるようになります。お客様は、ご注文商品の支払い画面でお支払い方法を変更いただくだけで PayPay をご利用いただけます。

引用元:UberEats公式HP

Uber Eats 配達パートナーとドライバーにマスクの配布を開始

配達員になるとマスクがもらえるようです。

マスクは本日4/23以降、順次配達パートナーとドライバー向けに発送されます。配達パートナーとドライバーにマスクを配布することによって、都市を支えるために私たちのプラットフォームで力を尽くしている全ての方が安心できる環境を整えたいと考えています。

引用元:UberEats公式HP

Uber Eats、福岡市と連携し、外食を控える人々およびレストランを支援

福岡ではウーバーイーツを自治体としても積極活用していくようです。

Uber Eats はこのたび、福岡市が実施する、外出自粛の促進および飲食店の支援を目的とした飲食宅配の推進事業に参画しましたのでお知らせします。

今回の連携を通じて、Uber Eats と福岡市は、4 月 7 日から 5 月 6 日の間 Uber Eats を 1,000 円以上キャッシュレスでオーダーした回数に応じて、お客さまに 500 円分のプロモーションコードを配布します。当プロモーションコードは 5 月 9 日に配布され、6 月 30 日まで有効です。なお、いずれも適用は福岡市内のレストランパートナーから福岡市内への配達に限ります。

引用元:UberEats公式HP

その他ニュース

宅配ニーズ増加の陰で 配達員の死亡事故も 新型コロナ

残念ながら、配達員の方が交通事故でなくなってしまったようです・・・

先月6日、杉並区上井草の交差点で、配達員の21歳の大学生が自転車で走っていたところ、左からきた軽乗用車と衝突し死亡しました。

警視庁によりますと、店に料理を受け取りに行く途中だったということです。

UberEatsレストラン登録「10倍増」(全米)

アメリカでは、レストランの登録が10倍になったそうです。

 

アメリカではコロナウイルスの拡大に伴い、タクシーの方のUberは利用者が94%減少しているそうですが、逆にレストランの登録は10倍に増加したようです。

グーグルトレンドの情報みても確かに今多くの人がGoogleで「UberEats」と検索しており、日本も今後緊急事態宣言によってアメリカと同じ状況になると仮定しますと配達パートナーのニーズはより増えていきそうです!

東京都がデリバリーやテイクアウトを始める店舗に最大100万円の助成金

東京都は、デリバリーに対する支援を拡大することで外出自粛を促していくようです。

 

東京都は、テイクアウトを促進していくため、飲食店が新たにテイクアウトやデリバリーを始める際に、最大100万円の助成金を支給する方針を進めています。

「宅配・デリバリー初期費用助成金」と呼ばれており今後詳細は精査されていきますが、Uber Eatsの仕事をする上では、世の中に必要な仕事だと認識されていると言えますよね。

ローソンがUber Eats対応を500店に拡大

ローソンがウーバーイーツに対応したようです。

ローソンは、5月末までにUberEats対応店舗を現在の36倍の規模になる、500店舗まで大幅に拡大する方針を発表しました。これはこの名ウイルスによる感染拡大を防ぐための外出自粛を受けて、巣篭もり消費の需要を狙ったためとのことです。

神戸市がUber Eatsと連携 外出自粛につなげて

産経ニュースによると。神戸市は10日、ウーバーイーツと連携協定を結び、利用料金の一部を助成すると発表しました。

市の担当者は「サービスを活用してもらい、外出自粛につなげてもらえれば」と話しています。

他の市も追従する可能性が高いですから、配達パートナーとしての仕事の可能性が広がりますね!

産経WEST

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、外出自粛要請を行った神戸市は10日、経営に大きな打撃を受ける市内の飲食店を支援しようと、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」と連携協定を結び、利用料金の一部を助成すると発表した。市の担当者は「サービスを活用してもらい、外出自粛につなげてもらえれば」と話している。

大阪市が出前でポイント500円分還元へ、外出自粛支援

朝日新聞デジタルによると、大阪府も、大手の出前代行業者に依頼して出前を頼んだ府民に、ポイントを還元する仕組みを来週にも始める方針を明らかにしたとのことです。

朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス緊急事態宣言の対象となった大阪府の吉村洋文知事は9日、大手の出前代行業者に依頼して出前を頼んだ府民に、ポイントを還元する仕組みを来週にも始める方針を明らかにした。外出を控えてもらうとともに、外食産業の支援にもつなげるという。

吉村知事によると、対象の出前代行業者は飲食宅配代行サービスの「ウーバーイーツ(Uber Eats)」や飲食宅配サービスを展開する「出前館」などを想定。9日から13日まで公募し、府が選んだ業者を通じて出前を注文すると、ポイント還元の対象となる。

ウーバーイーツがコロナで激戦化。ベテラン配達員の月収50万円が15万に…

一方で、コロナに伴い大学生や飲食店のお仕事がお休みの方、スポーツインストラクターの方などが沢山配達員になった結果、時給が下がっているというニュースをヤフーが出しています。

「以前は配達の仕事は独占状態で、効率よく回れば一日3万円も稼げる日もありました。それがコロナの影響で、アルバイトのシフトがなくなった大学生やリモートワークで暇を持て余した社会人がこぞって配達員になり始めたんです。面接もなしで始められるUber Eatsは確かに参入しやすいのはわかりますが……。配達元が休まない限りは配達自体の需要は伸びると思いますが、ライバルがかなり増えたせいで、今は全盛期の半分以下しか稼げていません」

しかし、Twitterでの成果報告を見ていると稼げている人は稼げている様子。配達するエリアや時間帯には注意する必要がありそうですね。

なお、こちらの記事で具体的にどれくらい報酬が貰えているかをまとめていますので、興味がありましたら併せて読んでみてください。

関連:Uber Eatsの配達報酬はみんなどれくらい儲っているのかまとめてみた

まとめ

いかがでしたか?

怖い世の中になってきましたね。コロナウイルス自体も怖いですが、それによって物流が滞ってしまったりするという二次的な被害については我々一般人にも買いだめを控えたり、できることはたくさんあると思います。

ポジティブに考えますと、大学や会社がコロナウイルスの関係で休みになった人や、バイトが停止になり金欠な方は、今なら報酬が結果的にアップしていますし、なにより社会貢献になります。

また、大学生の方は就活の自己PRのネタにもできるかもしれません!

適切な予防策を講じた上で、Uber Eatsの配達パートナーでお金を稼ぎつつ世の中に貢献してみてはいかがでしょうか。

なお、初回にカバン台がかかりますが、あとから返却できますので配達パートナーになるのは実質無料ですから、少しでも興味が出たらぜひチャレンジしてみてください!

どうするかはこの記事をご覧のあなたの自由ですが、こんなパンデミック人生で2度と無いと思いますし(2度とごめんですし)多分一生忘れない、良い経験になります!

リンク:Uber Eats公式サイト

 

また最近出てきた新しいサービスで、UberUeatsの日本版のmenuというサービスがあります。

現在はエリアが東京23区中心になっていますが、UberEatsとmenuはスマホ1つで、同じ時間に、掛け持ちすることが出来ます。

ダブルで待ち受けすることで効率的に注文を受けることが出来ます。

menuですが、いまハピタスを経由してmenuに会員登録し、初回配達が完了すると6500円分のハピタスポイントが貯まり、このハピタスポイントはAmazonギフト券やGooglePlayギフトコードに交換できるキャンエーンをしています。

よって、もし配達員にチャレンジするのであれば、併せて登録してみるのがおすすめです。

リンク:ハピタス

※上記のリンク先で「menu」と検索すると該当のキャンペーンがヒットします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連:UberEats配達員になるための、具体的な登録手順を全解説

関連:【報告】外出自粛宣言から6日間、東京新宿でUberEats配達パートナーした結果をレビューする

関連:Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げる自転車ダイエットなのか!?|効果検証・実際のデータ等まとめ

関連:Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬はいくら?都内実績、報酬、インセンティブ、配送料まとめ

関連:【コロナ失業対策】コロナウイルスで仕事をリストラされた、派遣切りになった人が落ち着いて次にやるべき事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です