【決定版】インスタントコーヒーの裏技まとめ|美味しく飲む方法・裏技的活用法紹介

こんにちは!

今日はインスタントコーヒーについて紹介していきます。

インスタントコーヒーは手軽で、コーヒー好きな筆者としてもよく会社などで飲んでいるわけですが、やはりインスタントよりも普通のコーヒーのほうが美味しいですよね。。。

もっと美味しくインスタントコーヒーを飲む方法は無いんだろうか。

そんなあなたに向けて、今日はインスタントコーヒーを美味しく飲むための裏技と、インスタントコーヒーを使って他の食べ物を美味しくする裏技を紹介します!!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

インスタントコーヒーを美味しく飲むための裏技

さて、まずはインスタントコーヒーを如何に美味しく飲むかに関する裏技から紹介していきます!

粉を少量の水で練ってからお湯を入れる

このテクニックは、NHKのためしてガッテンで紹介されていました!

コーヒー特有の苦味が少しなめらかになって、引き立てのコーヒーのような味に変わる効果があります。

■やり方

①インスタントコーヒーの素を少量の水で溶かします。

②お湯を注ぎます。

以上。

ちなみに、コーヒーの味が若干マイルドになるため、コーヒーに苦味を求める深煎り派の人にはオススメできないかもしれません

麦茶を少量入れる

インスタントコーヒーに麦茶の香ばしい香りが良い感じに混じり、コーヒーの香りをぐっと引き立てることができます!

■やり方

①お湯で淹れたコーヒーに、コーヒーカップ1杯あたり、ティースプーン1杯の麦茶を加えます。

以上。

コーヒーに麦茶入れるって若干気持ち悪い気もしますが、騙されたと思って一度お試しあれ!

塩を入れる

コーヒーに塩を入れて飲むって聞いたことないかもしれませんが、エチオピアで伝統的に飲まれている「塩コーヒー」という飲み方のご紹介です。

塩を入れることで、コーヒーの酸味が緩和されてマイルドになるので飲みやすい珈琲になるという効果があります。

■やり方

①普通にインスタントコーヒーを入れる

②塩をひとつまみ入れる

以上。

レンジでチンする

個人的には、この裏技が一番好きです。なんとコーヒーをレンチンすることでめちゃくちゃ美味しくなるというものです。

若干コーヒーの色が変わって、濁った感じになるので大丈夫か!?と思いますがかなりコクがでて美味しくなります。

■やり方

①インスタントコーヒーを”水で”淹れる

②レンジでチンして80度ぐらいまで温める

以上。

不思議なもので、お湯にインスタントコーヒーを入れるよりも、水にインスタントコーヒーを淹れてレンチンしたほうが美味いという、、、一度お試しください!!

90度のお湯で淹れる

これはある意味王道!?

インスタントコーヒーは90度のお湯で淹れると一番美味しく出来るように多くのメーカーが作っています。なので、一番美味しくなる温度のお湯で普通にコーヒーを淹れるだけという裏技(?)です。

ケトルなどで沸騰したばかりのお湯って、90度よりも高い温度になるわけですが、そのような沸騰寸前のお湯でコーヒーを淹れてしまうと、渋みが強く出る傾向にあるようです。逆に、冷たいお湯で淹れてしまうと酸味が強くなるようです。最もいい感じにコーヒーを淹れることが出来るのが90度というわけです。

■やり方

①90度のお湯でコーヒを淹れる

以上。

鍋で3分煮込む

コーヒーと水を鍋に入れて煮込むことで普通に淹れるよりも香り立つコーヒーに進化します。

■やりかた

①鍋にインスタントコーヒの粉と水を入れる

②煮込む

③沸騰する前に火を止めてカップに注ぐ

以上。

コーヒーカップを温めておく

コーヒーカップが冷たい状態で、コーヒーを淹れてしまうと、カップの冷たさによって酸味が出てしまいます。

よって、コーヒを注ぐ前に、カップを温めておくことで美味しいコーヒーが作ることが出来るわけです。

お湯を複数回に分けて入れる

お湯を一気に注ぐと香りの成分が壊れてしまうため、お湯をいきなり注ぐのではなく、2,3回に分けて注ぐことで美味しくコーヒーを淹れることができます。

コーヒーの粉を1分30秒炒める

インスタントコーヒーの素をフライパンで炒めてからコーヒーを作ることで香ばしさが非常に増します。ちなみにやってみると、若干インスタントコーヒーの素の色が濃くなります。

■やり方

①インスタントコーヒーの素をを弱火~中火で1分30秒程度炒める

以上。

ハチミツを入れる

コーヒーに砂糖やシロップはよく分かるけどハチミツって!?って思われるかもしれませんが、スタバやタリーズのコーナーにも実はおいてあるんですよ、ハチミツ。

ちなみに、ハチミツであればどんなハチミツでも良いのですが、癖の少ないアカシアハチミツを選んでみることをおすすめします。

ちなみに、コーヒーが熱すぎるときにハチミツを入れるよりも、若干冷めてからのほうが美味しくなるようです。

■やり方

①普通にコーヒーを淹れる

②おおさじ1杯程度ハチミツを入れる

以上。

麦茶でコーヒーを淹れる

なんと、水ではなく麦茶でインスタントコーヒーを淹れると美味しくなるいう裏技です。麦茶自体がもともと香ばしい感じのお茶なわけですが、コーヒーと合わさることで香ばしさがダブルパンチ的になったコーヒが出来上がるというわけです。

■やり方

①インスタントコーヒーを麦茶で作る。

以上。



インスタントコーヒーを使った裏技

次に、インスタントコーヒーを使って他の料理を美味しくするなどの裏技を紹介していきます!

麦茶に入れる

先程麦茶でコーヒーを淹れる話をしたばかりなのですが、麦茶にインスタントコーヒーの素をひとつまみ入れることで、麦茶の香りがまして美味しくなるという裏技があります。麦茶とコーヒーは親和性がかなり高い飲み物ということですね!

■やり方

①麦茶を淹れる

②コーヒーの素をひとつまみ入れる

以上。

野菜炒めの隠し味にする

いつもの野菜炒めの隠し味になんとインスタントコーヒーの素を淹れるという裏技があります。野菜炒めの味としては、焼き肉のタレがおすすめ!インスタントコーヒーと焼肉のタレは相性が麦茶に次いで相性が良いのかもしれない・・・

逆に中華系の調味料とは相性があまり良くなかったので、焼肉のタレ系で野菜炒めを作るときには、隠し味としてインスタントコーヒーの素を淹れてみることをおすすめする!

■やり方

①野菜炒めを作る

②インスタントコーヒーの素を隠し味として入れる

以上。

日清カレーヌードルに入れる

カレーにインスタントコーヒーを隠し味として入れると美味しくなるというのは割と有名な話かもしれません。

同じ理論で、日清のカレーヌードルにインスタントコーヒーを入れると美味しくなります。

カレーの風味がましてコクがでる効果があります。もちろんコーヒーの味はしません。

■やり方

①カップヌードル(カレー味)に、大さじ1杯程度のインスタントコーヒーを入れる

以上。

まとめ

今回はインスタントコーヒーに関する裏技を紹介しました。いかがでしたか?

個人的には、水で練ってから作る裏技と、塩を入れる裏技と、レンジでチンする裏技がお気に入りです。

ぜひいろいろ試して、美味しいインスタントコーヒーを飲んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です