【決定版】YouTube,TikTok,SPOON撮影用おすすめマイクまとめ|ユーチューバー・実況動画【在宅勤務・テレワークにも使える】

こんにちは!

Youtube動画等で、動画内にノイズであったり、PCのファンの音であったりなど、いらない雑音音が入っていると離脱率が増えるというデータがあります。

よって、youtuberとして成功したい場合マイクにはこだわりを持つべきです。

この記事では、あなたがYoutuberなどの動画配信者として次のステップに進むために、おすすめのマイクについて紹介します!

kazna

画質だけでなく音質にもこだわって、見る人が快適に視聴できる映像を作れるようになりましょう!

【結論】あなたに一番適したマイクの考え方とは!?

いくつかケースを例示して、そのケースに該当する人はどんなマイクを購入すればよいのかをまずは掲載します!

細かく知りたい方は、こちらの記事を合わせて読んでみてくださいね!

関連:動画撮影用マイクの用途にあった選び方・カタログスペックの見方

マイクの型について

1.安価なマイクがほしい|ダイナミック型のマイクを購入

2.音楽収録等音質に拘る|コンデンサー型マイクを購入

3.機器のノイズを拾いたくない|ダイナミック型のマイクを購入

マイクのスペックについて

4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイクを購入

5.小さな音まで拾いたい|マイク感度/センシティビティーが高いマイクを購入

6.マイクに叫ぶなどを大きな音を収音する|最大音圧レベルが高いマイクを購入

7.高音~低音まで漏れなく収音したい|周波数特性が広いマイク、ダイナミックレンジが広いマイクを購入

kazna

例えば「俺はYoutuberでPCに向かって録音する、お金はかけたくない、大きなリアクションもとりたいから叫ぶこともある」という方には、「コンデンサーマイクで、単一指向性のもので、最大音圧レベルが高い」マイクがおすすめということになります!

特に、Youtuberの場合は「4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイクを購入に該当する人が多いはずです。

単一指向性マイクとしておすすめなのが、ショットガンマイクと呼ばれる形状のマイクです。

kazna

よってまずは、ショットガンマイクのおすすめベスト3を紹介します!

なお、ショットガンマイクは収録音がモノラル音声になります。

動画撮影のボイスの録音としてはモノラルはとても適していますが、例えば音楽の録音などには向きません。音楽の得音等にはコンデンサーマイクがおすすめです。こちらも後述します。

関連:YouTube動画撮影にオススメなライト・照明器具まとめ

関連:Youtube動画撮影にオススメなピンマイクまとめ

関連:Youtuberが絶対に行うべきセキュリティ対策まとめ

また、これから紹介するマイクについて、Amazonやヤフーショッピングなどのサイトリンクを紹介していますが、ハピタスというポイントサイトを経由して購入するのがおすすめです。

ヤフーショッピング等のポイントと同時に、購入金額の1%分のハピタスポイントが発生し、このハピタスポイントは現金やAmazonギフト券に交換可能なポイントですから、更にお得に購入することができます。

一石二鳥にそれぞれのポイントを貯められますし、今後Amazonやヤフーショッピング等で買い物をする際に毎回利用すると結構な還元額になってきますから、ぜひ合わせて登録してみてくださいね!!

kazna

ちなみに、在宅勤務でPCに繋ぐマイクが急遽必要になった、という方はこちらのピンマイクもおすすめです。音はイヤホンで聞けますからマイクだけ安価に購入すればとりあえずWEB会議はOKかも!併せて読んでみてくださいね!

関連:Youtube動画撮影にオススメなピンマイクまとめ

YouTube動画撮影にオススメなショットガンマイクベスト3

ベスト3として、こちらの3製品を紹介しています!

ショットガンマイクベスト3

1.【入門機】NEEWER NW-81

2.【おすすめ】RODE VideoMic Pro+

3.【ハイエンド】Sennheiser MKE-600

【1万円以下】NEEWER NW-81

まずは、コストパフォーマンス最強の、NEEWERのNW-81からご紹介です!

該当特徴

最初に紹介した、以下の特徴に該当するマイクです。

該当する特徴

2.音楽収録等音質に拘る|コンデンサー型マイク

4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイク

解説

少し長めのショットガンマイクで、超指向性モードがついているので集音性に優れています。

なんといっても値段が安いのが特徴で、入門機として動画撮影用のマイクを買ってみたい!という方におすすめです。

スペック的には、後述のその他マイクにはやはり劣ってしまいますが、スマホのカメラ等で今まで撮影していた方や、このような外付けのマイクを買ってこなかった方にとっては、布のフィルターを1枚外したようなきれいな音が収録できるようになります。

やや明るい声質で録れるのが特徴です。

マイクの入力モードに、「標準モード「と「TELEモード」という2つのモードが有り、マイクに付いている物理スイッチで切り替えができます。動画撮影時はTELEモードで使用すると、マイクの向いている方向の音を集中して拾ってくれるようになりますので、TELEでの仕様がおすすめです。

ちなみに、単三電池1本で動きます。

【3万円以下】RODE VideoMic Pro+

次に、本格的に動画撮影でお金を稼ぎたい方におすすめな、RODE VideoMic Pro+です。

該当特徴

最初に紹介した、以下の特徴に該当するマイクです。

該当する特徴

2.音楽収録等音質に拘る|コンデンサー型マイク

4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイク

・6.マイクに叫ぶなどを大きな音を収音する|最大音圧レベルが高いマイクを購入

・7.高音~低音まで漏れなく収音したい|周波数特性が広いマイク、ダイナミックレンジが広いマイクを購入

スペック抜粋

・指向パターン:スーパーカーディオイド

・周波数帯域 20Hz – 20kHz

・最大出力レベル 7.7dBu

・感度 -33.6dB(約13mV/Pa)

解説

単一指向性のマイクとしては、このクラスを購入すればほとんどの方には必要十分以上のスペックを満たすことができます。

音の指向パターンとしては、カメラ前側の音について広く拾ってくれる「スーパーカーディオイド」タイプです。以下のようなイメージで前方の音を広く拾ってくれます。

よって、一人でマイクに向かって収録する場合はもちろんですが、対談形式などの収録にもOKです。

 

周波数帯は、人間が聞くことができる周波数帯(20Hz – 20kHz )をすべて満たしておりますので、必要な音は全て拾ってくれます。

最大出力レベル が7.7dBu で感度 -33.6dBと、いずれもミドル~ハイエンドなスペックになりますので、例えば動画撮影中にテンションが上ってしまい、大きな声を出してしまったりしても、音割れする事はありません。 

kazna

その他、以下のような機能があります!

セーフティチャネル機能

突発的に大きな音が出たときにセーブしてくれる機能です。

ハイパスフィルター機能

エアコンの音だったり、PCの稼働音などの低周波の音を削減してくれる機能がついています。

ハイブースト機能

高音の音だけをピックアップしてクリアに録音してくれる機能があります。

ゲインの調整機能

-10~+20の範囲でゲインを調整できます。

なお、ゲインとは「入力した音を増幅させる機能」のことです。よくボリュームと勘違いされますが

ゲイン=入力時の音量を増幅させる機能

ボリューム=出力時の音量を増幅させる機能 です。

kazna

ショットガンマイクの中で一番おすすめな機種です!迷ったらこれ一択で良いでしょう!

【5万円以下】Sennheiser MKE-600

最後に、ハイエンド機種のSennheiser MKE-600です。

該当特徴

以下の特徴に該当するマイクです。

該当する特徴

2.音楽収録等音質に拘る|コンデンサー型マイク

4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイク

・5.小さな音まで拾いたい|マイク感度/センシティビティーが高いマイクを購入

・6.マイクに叫ぶなどを大きな音を収音する|最大音圧レベルが高いマイクを購入

・7.高音~低音まで漏れなく収音したい|周波数特性が広いマイク、ダイナミックレンジが広いマイクを購入

スペック抜粋

※赤字はRODE VideoMic Pro+よりも高スペック

・指向パターン:スーパーカーディオイド/ローバー

・周波数帯域:40 Hz ~ 20 kHz

・最大出力レベル: 132 dB SPL

・感度:21 mV/Pa 

解説

単一指向性のマイクとしてのハイエンド、このクラスは簡単なテレビ撮影の収録などにも使われるいわゆるプロ機です。

先ほどのRODE VideoMic Pro+同様に、必要十分以上のスペックを満たすことができます。

音の指向パターンとしても、RODE同様に、カメラ前側の音について広く拾ってくれる「スーパーカーディオイド」タイプです。

非常に指向性の高いサウンドクオリテイで、音質を損なうことなく、サイドやリア方向からの不要なサウンドが確実にカットされています。

kazna

RODEよりも高価で敷居が高いですけど、さらなるハイエンドを追求する人におすすめです!

 

 

なお、ケーブルが付属されていませんし、市販されている一般的なXLR-3.5mmステレオケーブルを使用しても、左右片側からしか出力されませんので、モノラル信号をカメラの音声LR両方に入力したいのであれば、Sennheiser純正のKA600を合わせて購入しましょう、

その他、ショットガンマイクについて知りたい方はこちらも参考にしてください!

関連:YouTube撮影用おすすめショットガンマイク・ベスト6

YouTube動画撮影にオススメなコンデンサーマイク

 

【2万円台】Blue Micro Yeti

 

1万円台にして、最高に高品質で使いやすいのがこちらのマイクです!

該当特徴

最初に紹介した、以下の特徴に該当するマイクです。

該当する特徴

2.音楽収録等音質に拘る|コンデンサー型マイク

4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイク

・6.マイクに叫ぶなどを大きな音を収音する|最大音圧レベルが高いマイクを購入

・7.高音~低音まで漏れなく収音したい|周波数特性が広いマイク、ダイナミックレンジが広いマイクを購入

スペック抜粋

・指向パターン:選択可能な4種類の指向特性−単一指向性、無指向性、双指向性、ステレオ

・周波数帯域 20Hz – 20kHz

・最大出力レベル 120dB

・感度 -31.6dB

解説

このマイクの最大のメリットは、以下の図に示すとおり、4つの志向パターンから好きなモードを選択して、録音ができることです。

これによって、Youtubeの動画撮影のどんなパターンにも対応することができる、まさに万能のマイクであると言えます!

もし、いまのところ2000円前後の程度のマイクしか使ったことが無い方がいましたら、アップデートとしてぜひこちらのマイクを購入してみることをおすすめします!

ノイズが少なく、クリアに音声を録音するとこができます。

また、マイクのインターフェイスとして、ボリュームの調整や指向性オプションの選択、USB接続口やマイクの音量調整、すべてマイクの下にまとまってついているのもポイントですね。非常にすっきりしていて、操作性も高いです。

間違いなく、今一番お勧めできるマイクの一つだと言えますね。

なお、オススメの使い方としては、このようにアームで顔の前に固定する使い方がおすすめです。

アームとセットのモデルも出品されていますので、セットで購入したい場合はこちらから購入することをおすすめします。

なお、音質が良いため、収録するとポップ音(口の中の音等)が入ってしまうことがありますので、そのような場合は、あわせてこちらも購入することをおすすめします。

【3万円台】audio-technica AT4040

次に紹介するのは、audio-technica AT4040というコストパフォーマンスの高い、中堅機種です。

該当特徴

最初に紹介した、以下の特徴に該当するマイクです。

該当する特徴

2.音楽収録等音質に拘る|コンデンサー型マイク

4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイク

・6.マイクに叫ぶなどを大きな音を収音する|最大音圧レベルが高いマイクを購入

・7.高音~低音まで漏れなく収音したい|周波数特性が広いマイク、ダイナミックレンジが広いマイクを購入

スペック抜粋

・指向パターン:単一指向性

・周波数帯域 20Hz – 20kHz

・最大出力レベル 145dB

・感度 -32dB

解説

フラットでクセのないサウンドが特徴です。有名なアーティストも、ボーカル音声やアコースティックギターの収録などに利用していますが、クセがないため用途も様々です。どちらも味付けのない音が取れますので、後から加工したりすることもやりやすいです。

指向特性は単一指向性で、周波数の特性としては、高音域がやや抜けた感じの音が出るようですが、全体的にフラットです。

先程紹介した、Buleとの違いは、Blueのほうがより色付された音が収録されますので、そのような音が好きな場合はBlueを購入したほうが良いでしょう。

 

【3万円台】AKG C214

該当特徴

最初に紹介した、以下の特徴に該当するマイクです。

該当する特徴

2.音楽収録等音質に拘る|コンデンサー型マイク

4.Youtuber 等一人で画面に向かい収音する|単一指向性マイク

・6.マイクに叫ぶなどを大きな音を収音する|最大音圧レベルが高いマイクを購入

・7.高音~低音まで漏れなく収音したい|周波数特性が広いマイク、ダイナミックレンジが広いマイクを購入

スペック抜粋

・指向パターン:選択可能な4種類の指向特性−単一指向性、無指向性、双指向性、ステレオ

・周波数帯域 20Hz – 20kHz

・最大出力レベル 136/156 dB

・感度 20 mV/Pa

解説

上位機種のC414 XLIIと同じダイアフラムが使われており、先程紹介しましたオーディオテクニカのマイクよりも派手な音が撮れます。

AKGの音を聞いていただいた方はよく分かると思いますが、高音に特徴があります。

AKG特有のシャリシャリ系の音が気に入っている方にはこのマイクもおすすめです。

マイクの左右に6db~160hrz以下をカットしてくれるローカットフィルタースイッチと、-20dbにしてくれるスイッチが付いていますので、必要に応じでカットすることが可能です。

audio-technica AT9934USB

パソコンでの動画投稿時の収音や音楽収音に最適。 小型&高性能サイドアドレスUSBマイクロホン。動画制作の際に、歌や楽器演奏を高音質収音したい。PCにUSB接続するだけでキレイに録れるのがおすすめです。

価格も安く入門機として最適でしょう。

 

Apogee MIC96K-LO USBマイクロフォン

ゲーム実況や、PCに向き合って録音するような場合が多いなら、こちらのマイクはベストな選択肢かもしれません。

まるでスタジオで録音したような超高音質を提供してくれるマイクだと言えます。

音質は最大24bit/96kHzで、実際にミュージシャンがこちらのマイクを使用して録音をしているぐらいレベルの高いマイクになります。

マイク、マイク・プリアンプ、A/Dコンバーターすべて、このマイクに内蔵されています。

値段が2万円以上してしまうので、ちょっと購入に気合がいりますが、買って後悔しないマイクだと言えます。

ちなみに、WindowsとMac、どちらにも対応しております。

 

Focusrite フォーカスライト オーディオインターフェイス

このマイクは音質が優れているだけでなく、ヘッドフォンやオーディオインターフェイスがセットで付いてきます。

よって、これらの機材を持っていない人にとっては、お金の節約になるかもしれませんね。

Scarlett 2i2オーディオインターフェイスという有名なインターフェイスを搭載しています

これはマイク用のプリアンプや電源としてだけでなく、多数のイン・アウトを便利に保つためのユニットとしても機能します(ゲイン調整も可能です)。

マイクに関しては、スタジオ級の高級品ではありませんが、セミプロレベルの高品質な録音に必要なすべてのものが付属していると思ってください。

 

Rode NT1A Anniversary Vocal Condenser Microphone Package

スタジオレコーディングレベルのマイクです。

手軽に、最高の音質を実現することが最優先であるという方は、このマイクを購入することをお勧めします。

マイク自体のノイズが安いマイクだとあるのですが、このマイクは超低ノイズで、わずか5dB (A)しか自己ノイズがありません。これは世界で最も静かなノイズのレベルです。

クリアで抜けの良いバランスのとれた音響特性を持ち、EQでの補正なくそのままで使えるサウンドクオリティを誇ります。

高度な機能と安定したビルドにより優れたボーカル録音と再生機能を提供する高品質のYouTubeマイクです。

1インチのカプセルが装備されており、ボーカル用途に最適です。

マイクスタンド以外は、必要なものがすべてそろっているので、まとめて機材をそろえたいという方にもおすすめですね。

 

RODE ロード NT-USB USB接続型スタジオマイクロフォンNTUSB

NT-USBは、ポッドキャスティングやボイスオーバーなどの音声に加えて、歌や音楽の演奏を録音するのに理想的な、多目的なサイドアドレス型マイクです。

これは、WindowsとMac OSベースのコンピュータ、RØDERec、GarageBand、または外部マイクを使用するその他の録音アプリを使用しているApple iPadのすべての主流の録音アプリケーションと完全に互換性があります。

Apple iPadでの使用には、Apple Camera Connection Kitなどの適切なUSB接続アダプタが必要です。

ちなみに、性能が良いため環境音をとても拾ってしまうマイクなのが注意点です。

なので、録音するときは非常に静かな場所にいる必要がありますね。

ただし、録音されたボーカルの音質は最高です。非常にはっきりしており、エフェクトなどでの調整はあまり必要にならないでしょう。

 

Blue Microphones Snowball

Blue Snowballは、Blue Microphonesブランドのなかでは最も人気のあるマイクです。

このマイクは今回ご紹介したマイクの中では小さいので、例えばあなたの机の上でYouTubeのビデオを撮っていて、他にもノートPCを置きたいであったり、ゲーム機を置きたいなどスペースを有効活用したい場合には強くお勧めできます。

デュアルモード録音オプションと便利なUSB接続により、WindowsまたはMacでの録画コンテンツの簡単なアクセスと転送が可能です。

-10dBパッドを備えたスイッチは、サウンドがハイレベルのときに確実に歪みを最小限に抑えることができます。

スタンドとUSBケーブルが付属しています。

1万円という安価で購入できるのもポイントになります。

人気記事

【決定版】YouTube,TikTok,SPOON撮影用おすすめマイクまとめ|ユーチューバー・実況動画【在宅勤務・テレワークにも使える】 【決定版】Youtube撮影におすすめなマイクの選び方・用途にあった選び方・カタログスペックの見方について|Youtuber,TikTok,SPOON 【決定版】YouTube,TikTok,SPOON撮影用ショットガンマイクまとめ|ユーチューバー・実況動画 【決定版】収益化に成功したYoutuberが絶対に行うべきセキュリティ対策まとめ|乗っ取り・フィッシング攻撃・アカウントハック対策 【決定版】YouTube,TikTok,SPOON撮影用コンデンサーマイクまとめ|ユーチューバー・実況動画 【決定版】YouTube,TikTok,SPOON撮影用ピンマイクまとめ|ユーチューバー・実況動画 【決定版】YouTuberにおすすめな動画撮影用の照明器具・ライトまとめ|TikTok・ユーチューバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です