【決定版】出前館とバイトやUberEatsを同時に掛け持ちしてもよいか

こんにちは!

この記事では、以下のような悩みをお持ちの方の疑問を解消しています。

・今大学生だが、バイトと出前館を掛け持ちしてもよいか

103万の壁を超えて親の扶養から外れるのが心配

・社会人だが、出前館をやっているのが会社にバレるのが心配

・UberEatsやDiDi foodとのアプリの掛け持ちをしてもよいか

結論として、どれも心配ありません。

配達員の仕事はどんな方でもできますし、どんな人にもおすすめな良い仕事ですので、ぜひ参考にして頂き、疑問点が解消されましたら、ぜひチャレンジして頂ければと考えます。

大学生のバイトと出前館の掛け持ち

結論ですが、大学生の方は普通にアルバイトをするよりも

確実に高時給が叩き出せ

嫌な店長などとのコミュニケーションもなく

給料が月に2回支払われる(UberEatsやDiDi foodの場合は翌週払い)

を問題なく開始可能ですから、ぜひチャレンジするべきだと言えます。

しかし、大学生の場合多くの方は親の扶養に入っていると思います。

扶養から外れるのがまずい場合は以下のように注意して働きましょう。

バイト+配達員の場合

1.「年間バイト収入」ー「65万円」

2.「配達員の収入」ー「経費」

1+2が48万円を超えないこと、が扶養から外れない条件です。

令和2年から38万円→48万円に制度が変わりました。

他のネット記事に、38万円と書かれていますが情報が古いです。税務署に電話して確認しました。

配達員のみ

「配達員の収入」ー「経費」が48万円を超えないこと、が扶養から外れない条件です。

ポイントは、「配達員の収入」ー「経費」という点です。

配達員の仕事は制度上、個人事業主扱いになります。

よって、経費が使えますので、このメリットを最大限に生かして稼ぎまくるべきです。

例えば、配達用の自転車、バイク、ガソリン代、洋服代など、配達に必要となる備品を購入したら領収書を保管しておき、経費として申請をすることで収入が控除されます。

また、収入が控除されるということで確定申告などの面倒な手続きが必要になるのではと思いますが、税務署に確認をしたところ、確定申告は上記の収入を超えない場合は必須ではないようです。

税務署のスタンスとしては、上記を超えない場合は確定申告はMustではないが、確定申告をしておくことで後から、確認等が発生した場合に明確になっているので説明がしやすいというメリットが有るため、Willとしてやっておくのは良い。確定申告をしても税金などが取られることはない。

というスタンスでした。

MEMO

「確認等」とは、例えば出前館で100万円稼いでしまったなど、扶養から明らかに外れる可能性の高い額を稼いだ場合に税務署からピックアップを受け、確認が入るイメージです。この時に、経費として、例えば60万円分の記録をだせば、問題なく扶養から外れませんが、その時の証跡として個別の領収書を出すのではなく確定申告の結果を出すということです。

よって、きっちりしておきたい場合は確定申告をしておき、確定申告をがめんどくさい方はちゃんと領収書を保管しておきましょう。

また、ネットの記事の情報だけではなくちゃんと確認をしたいという場合は、最寄りの税務署に電話して質問して下さい。ちゃんと質問すれば丁寧に親切に教えてくれますので、安心できますよ。

学生のバイトと言えば、良くても時給1000円程度かと思いますし、シフトも不安定で希望通りにならないことも多いと思いますが、UberEatsや出前館などのアプリの場合、上手く立ち回れば時給2500円以上出ることもあり、普通にバイトするよりも圧倒的に高時給ですから、どんどんやるべきです!

なお、親の扶養から外れても良いという学生の方は、好きなだけ配達の仕事をしてもOKです。この場合はもれなく確定申告が必要な額を超えていくと思いますので、確定申告をしましょう。そのために領収書を保管しておきましょう。

↓例:時給換算3610円

関連:【収入実績まとめ】出前館の配達報酬はいくら?配達単価・時給・月収を解説

 

社会人の仕事と出前館の掛け持ち

社会人だが、出前館などのデリバリーアプリで働くのが会社にバレたくないというお悩みの方についてですが、結論としてこれも掛け持ち可能です。

また、会社にアプリで仕事をしていることは原則バレません。

20万円以上出前館で稼ぐ場合は確定申告が必要ですが、確定申告をすれば会社にはバレません。

もちろん、SNSや言動には注意が必要です。一番バレるケースはこれらです。

UberEatsやDiDi foodとの掛け持ちについて

結論として、各社の規約上複数のアプリで配達の仕事をするのは禁止されていません。

また、複数のアプリで配達員になったほうが稼げますので、複数のアプリで配達員になるべきです。

注意点としては、例えばDiDi foodには規約上以下の文言があり(UberEatsも同様)、配達用バックは無印のものを購入する必要があります。

DiDi 規約(抜粋)
2.本配達サービス
2.3配達を行う形態が不適切であったり、配達用バックの衛生対策が不十分であっために生じた本商品に関する全ての紛失、汚染などについて責任を負います。

4.誓約及び保証
4.1DiDiキットを他のブランドのものとともに使用しないこと

4.2
配達用バックを備えていること。配達用バックは、乾燥、清潔、表面がなめらか、耐食性、防水、非毒性かつ良好な状態であり、洗浄が容易であるものとします。

引用元:DiDi food規約

例えばこちらのように、Amazonでは無地のバックで防水性能なども本家のバックよりも品質の良いものが出ています。

 

なお掛け持ち先として、最も日本でメジャーなアプリはUberEatsなので、UberEatsで配達員になる方が多いと思いますが、UberEatsには以下のメリット、デメリットがあります。

UberEatsのメリデメ

【メリット】

・利用者が日本で最多のアプリ
→利用者が多く注文もよく入るため、多くの場合で配達を受けやすいです。

 

チェーン店の登録が多い

→他のアプリに比べてチェーン店の登録が多いため、イオンモールのマクドナルドや牛丼屋等で待機(地蔵)しやすいです。

 

誰でも登録でき、報酬が週払いである

→職歴などによらず、だれでも登録すればすぐに始めることができます。

出前館と違い、毎週給料が入るため、モチベーションが保ちやすいです。

 

配達員の数が多く情報収集が簡単

→わからないことや困ったことはTwitterなどで検索すれば大体解決できるので初心者におすすめです。

 

ゲーム感覚で楽しめる

→クエストというミッションをこなすことで追加報酬をゲットでき、ゲームのように楽しく仕事ができます。

 

【デメリット】

配達パートナーの競合が多い

→最もメジャーなアプリのため、配達員の数が多く注文の取り合いになっているエリアもあります。

 

他アプリの状況により、UberEatsが利用されず稼げない時がある

→DiDiFood等が利用者に対してお得なキャンペーンをしている場合、UberEatsは全く利用されないことがあります。

 

時給効率が他のアプリのほうが高い

特にDiDiFoodや出前館が、配達員獲得のため非常に好条件を現在提示しており、場合によりUberEatsよりも非常に高時給を叩き出しています。

整理すると、UberEatsは利用者が多く、チェーン店なども多いためフードの注文が入りやすく、初めての配達員デビューにはおすすめのアプリです。

しかし一方で、DiDiFoodや出前館が利用者に対してお得なキャンペーンをしている場合には、UberEatsが全くならない場合もあります。

また、DiDiFoodは配達員獲得をするために、配達員に向けて高単価な報酬を提供しています。

よって、出前館とUberEatsを掛け持ちするのももちろんありですが、時給効率だけを考える場合、配達可能エリアであればDiDi foodと出前館の掛け持ちのほうが稼げています。

DiDi foodのメリット

報酬がUberEatsよりも高額
→フードのピックアップ時にも報酬発生する
時給2900円超えている報告もある

 

クエストの報酬がUberEatsよりも高額
→UberEatsと違い、クエストの選択が不要で自動選択かつ高額

 

アプリがUberEatsよりも使いやすい
→事前にお店の場所と、配達先がわかる
→アプリの地図がGooglemapで見やすい

現在日本では、以下の3社がフードデリバリーアプリの大手であるため、掛け持ちをする場合はこの3社からご自身の配達エリア等に適した会社をまずは2社選択してみるのがおすすめです。

大手3社

UberEats日本で最も利用者が多いメジャーアプリ

※利用者が多いため、イオンモール等での地蔵によって効率的に稼げます。

 

DiDi foodUberEatsよりも高時給を叩き出せるアプリ

※クエスト報酬が高く、UberEatsよりも高時給が叩き出せます。

 

出前館DiDi food未対応エリアでおすすめ

※DiDi foodが対応していない場合にUberEatsとの併用でおすすめです。
※特に首都圏の単価が高く首都圏の方におすすめです。

関連:DiDi foodは時給換算どれくらい儲かるか

関連:【収入実績まとめ】出前館の配達報酬はいくら?配達単価・時給・月収を解説

 

最後に

コロナでバイト先が潰れてしまった方や、シフトがコロナの前と比べて減って稼げない中で、大変だと思いますが、出前館はフードデリバリーという新しい働き方として、大学生にとてもおすすめの仕事ですから、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です