【決定版】Uber Eatsの仕事は稼げてダイエットにも効果あり!|効果検証・実際のデータ等まとめ

こんにちは

この記事では、UberEatsの仕事をダイエット目的で検討されている方に向けて、ダイエット効果がどの程度期待できるのかについて解説をしています。

配達の仕事をすることで、稼ぎつつ痩せることが可能なのか。

今回は具体的なデータなども紹介しつつ、解説をしていますので是非参考にして頂き、配達の仕事に興味が出てきた場合は、ぜひUberEatsにチャレンジしていただければと思います!

【結論】Uber Eatsは痩せます

結論として、UberEatsで自転車を用いて配達をすると、かなりのダイエット効果があります。

どの程度の効果が期待できるのか、運動効果を科学的に数値化したもので「Mets」というものがあります。

Metsとはなにかについては、以下の通り厚生労働省のデータを引用します。

metsとは

身体活動の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位で、座って安静にしている状態が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当します。

引用元:厚生労働省HP

 

この、Metsの計算式によると

ウォーキング=3

自転車=6.8

ランニング=10

という数値となっており、この数値を以下の計算式に入れると消費カロリーが出ます。

「消費カロリー=時間×体重×運動強度(METS)×1.05」

 

例として、以下の通りとなります。

体重50kg女性の場合

-ウォーキング1時間157.5kcal

-ランニング1時間525kcal

-自転車1時間357kcal

 

体重65kg男性の場合

-ウォーキング1時間204kcal

-ランニング1時間682kcal

-自転車1時間464kcal

 

待機時間などもあり、常に自転車を運転しているわけではないですが、しかし終日仕事をしていれば軽く1000kcalは消費できそうです。

よって、UberEatsはダイエット効果があると言えます。

なお、実際の配達員の人が、どれくらい稼げていて、1時間に換算するとどれくらいの成果が出ているのかは、こちらのページにまとめましたので合わせてみてみてください!

【収入実績まとめ】Uber Eatsの配達報酬はいくら?配達単価・時給・月収を解説

痩せたUber Eats配達パートナーの方々

Uber Eats配達員をして痩せた先輩たちの声をお伝えします。

いかがでしょうか。

みなさん結構痩せてますね!素晴らしい!

Uber Eatsでダイエットをするときの注意点

Uber Eats配達員はダイエットにもなり稼ぐこともできるステキなバイトですが、注意しなければならないこともいくつかあります。

人や車にぶつからないように気をつける

昨今、自転車保険ができて加入が義務付けられたように、自転車での事故は増えてきています。仕事中にぶつかってケガをしたりさせたりしないように、周囲に気を配りましょう。

以下のNHKのサイトを引用しますと、2020年の1月から3月にかけて、全国で30件の事故があったようです。

NHK公式サイト

配達員で作る労働組合「ウーバーイーツユニオン」には配達員が事故に遭ったという報告が、1月から3月にかけて全国でおよそ30件、寄せられたということです。

引用元:NHK公式サイト

UberEats自体が事故に対する保証は用意していますが、例えば自転車で人身事故を起こしてしまうと賠償金が1億を超えてくる事例もあり、例えば出前館では任意保険への加入は必須になっています。

自転車保険の場合、こちらの商品のように月300円程度て加入することもできますので、ぜひ持ち物と併せて検討してみて下さい。

リンク:CycleCall自転車保険

ヒザや腰を痛めないように適宜休憩を挟む

長時間自転車を漕ぐと、ヒザや腰を痛める危険性もあります。1件配達したら少し休憩するなど、自分のルールを作って休む時間を取ることも大事です。

こちらのサポーターを巻いて自転車に乗ると負担が減っておすすめですよ。

まとめ

「痩せたい!モテたい!それにお金も稼ぎたい!」そんなあなたにUber Eats配達員はおすすめの方法です。

好きな時間に好きなだけ自転車を漕いで、好きなだけ痩せながらお金も稼げます。

UberEatsはダイエット目的だけでなく、もちろんお金稼ぎにもとても優秀です。

配達パートナートとしてのノウハウやテクニックは必要ですが、効率的な方は時給2500円を超えています。

あなたもUber Eats配達員で痩せると稼ぐを両立させてみませんか?

リンク:Uber Eats公式サイト

 

効率的に稼いでいく方法や、他の方がどれくらい稼いでいるのか等の情報については、下記にまとめていますので、もし興味がある場合は併せて読んでいただければと考えます。

関連:【実績まとめ】Uber Eatsで時給効率どれくらい稼げているか?

関連:冬のUberEatsは稼げる!|稼げる理由とおすすめな服装装備まとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です