【決定版】冬のUberEatsは稼げる!|稼げる理由とおすすめな服装装備まとめ

こんにちは!

この記事では、冬にUberEats配達パートナーとして仕事をすることについて解説をしています。

冬にUberEatsで配達をするのって儲かるの?

冬にUberEatsで配達をするのはしんどそう

このような方に向けて、記事を作成していますので、ぜひご参考にして頂きより良い配達員ライフをお過ごしいただければと考えます。

冬(特に12月~2月)は稼ぎ時

結論として、冬に配達をするととても効率よく稼げます。

理由は以下の2点です。

1.フード注文の母数が多い

2.他の配達員が少ない

春や秋などの気候が良い時期は、利用者も配達パートナーも、外に出るハードルが低いため、フードの注文自体の数も他の時期に比べて少ない傾向にありますし、配達員の数も多くなる傾向にあります。

逆に、真夏や真冬については、フード注文が増えかつ配達員の数も減るため、稼ぎ時であると言えます。

場所次第ではありますが、ご飯時であれば注文が常に入っている状態になりますし、それ以外の時間帯でもかなり多くの注文を受けることができて、とても効率的です。

例えば、こちらの方は時給2300円出ていたようです。とてもいいですね!

もちろん場所によりますが、1時間に3件以上配達するのも割と良く出来るようで、結果的に時給2000円を超えていくことが可能です。

時給2000円を超えると、150時間労働で月収30万円。200時間労働で月収40万が達成できます。

大手企業の正社員並みの月収で、夢がありますね。

・・なお、冬の雨の日は最高に稼げるようです。

自転車の場合はかなり気合がいりますが、車の方は積極的にチャレンジする価値はあるのではとおもいます。

冬の体感気温について

しかし、冬は普通に外にいるだけでも寒いです。

自転車やバイクに乗っている場合、体感気温は更に寒くなります。

どれくらい寒くなるのか、科学的な計算式は以下の通りとなっております。

【リンケの体感温度】
「気温」-「時速」÷「3.6」=体感温度

具体的には、以下の通り体感温度が下がります。
時速10km -6.68℃
時速20km -9.44℃

引用元:wikipedia

如何でしたか、例えば気温10℃の日に、時速10kmで走ると体感気温は3.32℃になります。

真冬の夜などはこれより冷えますので、これは寒いですね。

しかしだからこそ、活動する人が少ないチャンスであるとも言えます。

ライバルに差をつけて配達をしていくためには、ある程度の装備への投資は必要になってきますが、1シーズン活動することができれば十分にペイできますし、ずっと使えますのでぜひ装備品への投資をしましょう。

しかし、あまり高価なものを購入してしまうと、本末転倒になってしまいますので、本記事では割とリーズナブルに購入可能なものを紹介しています。

冬の配達を快適にするためのおすすめ装備

ここからは、冬の配達を快適にするためのおすすめ装備を解説しています。

また、自転車やバイクの方を想定しています。

ジャケット、アウター

まずは、ジャケット・アウター類です。

アウトドアでも利用可能なような、防寒性、撥水性、防風性を持った、高機能素材の商品を購入するのがおすすめです。

また、風を防ぐだけでなく、裏地が起毛素材になっているなど、熱を逃さない素材を用いているものが良いでしょう。

おすすめは、例えばこちらの商品のようなマウンテンパーカーです。

もう少しライトな商品が良い場合、ゴアテックスを購入するのがおすすめです。

ゴアテックスの場合、夏の雨の日の配達などにも利用可能です。

しかし、新品でゴアテックスを購入すると、3万円以上は概ねかかってきますので、おすすめは中古のゴアテックスを購入することです。

こちらのRAGTAGアプリで中古のノースフェイスのゴアテックスが1万円台で購入できます。

個人的には普段着でRAGTAGをよく利用していますが、古着屋大手で商品の状態表記がしっかりしていますので、記載内容よく確認して購入すればメルカリ等で購入するよりもむしろ安心です。

今なら500円クーポンが全員にプレゼントされるようですので、興味がある方は一度アプリをダウンロードしてチェックしてみて下さい。

RAGTAG/rt -ブランド古着の通販・買取&査定アプリ-

RAGTAG/rt -ブランド古着の通販・買取&査定アプリ-
開発元:TIN PAN ALLEY CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

 

インナー

インナーですが、まずは電熱ベストがおすすめです。

配達員の方であれば、モバイルバッテリーはお持ちだと思いますが、モバイルバッテリーを使って電熱線を稼働することができます。

ダウンベストよりも、こちらの商品のほうが暖かく、また自転車で体が温まってきたら電熱を切ることで温度調節も可能です。

洗濯機で洗濯できますし、12ヶ月の保証がついていますので、途中で電熱機能が壊れても交換できるもの良いポイントです。

この下に、ユニクロの超極暖をセットアップで着るのが良いでしょう。

手袋

特に、手足の防寒は一層しっかり行う必要があります。

これは、手足は心臓から遠いためよく冷えるのと、自転車などで運動すると体は温まりやすいですが、手足は冷えたままになることが多いためです。

スマホの操作が億劫になったりしますので、手袋は特に温かいものを選びましょう。

例えば、先程のインナー同様に、こちらのような電熱線が入っている手袋を購入すると、間違いなく温かいです。

しかし、こちらの手袋の場合、スマホの操作は手袋をしたままだとできませんので、それが嫌な方はスマホの操作が可能な下記のような手袋が良いです。

ただし暖かさは、電熱手袋よりは低めですので、冬が極寒になる地域の方には少し防寒機能が足りないかもしれません。

パンツ

パンツですが、ユニクロの超極暖タイツをまずは履きましょう。

その上で、こちらのヘインズの防寒パンツなどがおすすめです。普通に生活する分にはタイツ不要になるレベルで温かいですし、胴回りがゴムなので脱ぐのも楽です。

個人的にはカーゴパンツ系を履いたほうがポケットがでかくて多いため、小物などの収納が増えて機能性が高まると思っています。

またヘインズは老舗メーカーなので作りもしっかりしており、ユニクロよりも丈夫な作りをしている印象です。

靴・靴下

靴下ですが、普通の靴下よりも厚手のものを購入すると暖かさがかなり変わってきます。

例えばこちらの商品のような、分厚い物を用意しておきましょう。

また、靴ですが、スニーカー等の場合通気性が良く、指先が非常に冷えてきます。

しかし、ガチガチの防寒シューズの場合、クッション性などがあまり良いとは言えず、ちょうどよい製品を探していく必要があります。

おすすめはこちらのニューバランスのようなスニーカーメーカが出している冬用スニーカーです。

大手メーカーなので耐久性も高く、スニーカー機能も損なわず、かつ温かいので配達の仕事のような良く動くケースにもおすすめです。

帽子

帽子についても、ニット素材など温かい素材のものを選んだほうが良いです。

ユニクロのニットキャップなどでも十分暖かいですが、ネットで購入可能なものの場合ノースフェイスのニット帽が、比較的安価でブランド物なので所有欲も満たすことができ、普段着にも使えそうなので、良いのではないかと思います。

任意保険

持ち物ではありませんが、任意保険への加入は検討をおすすめします。

例えば出前館では、任意保険への加入が必須となっています。

冬の配達の場合、ゴアテックスのフードをかぶっていると視界が悪かったり、路面凍結で滑ってしまうなどのリスクも有り、事故で相手を負傷させてしまうと賠償金が1億を超えてくる事例もあります。

自転車保険の場合、こちらの商品のように月300円程度て加入することもできますので、ぜひ持ち物と併せて検討してみて下さい。

リンク:CycleCall自転車保険

最後に

いかがでしたか?

全て購入するのではなく、ご自身のスタイルに合った商品があれば取り入れていただくのが良いのではないかと思います。

最初にも記載したとおり、冬の配達は稼げますので、ぜひ頑張って活動していただければと考えます。

本サイトではその他にも、UberEatsやDiDi food等の配達アプリで賢く稼ぐためのノウハウを多くまとめていますので、ぜひ興味がある方は併せて読んでいただければと考えます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連:UberEatsで賢く稼ぐコツ・方法

関連:DiDiFoodで賢く稼ぐ方法・コツ

関連:【実績まとめ】Uber Eatsで時給効率どれくらい稼げているか?

関連:【実績まとめ】DiDi foodで時給効率どれくらい稼げてるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です